禿頭を黒帽子で隠すハイエナ爺にご用心

国産の動画共有サイトのニコニコ動画に、大阪市立大学で名誉教授をされている人が登場して、自説を語っている内容であろう「製薬企業が国と国民を支配している 井上正康」という動画が上がっていることに気がつきました。

ニコニコ動画「製薬企業が国と国民を支配している。 井上正康」
の紹介とサムネール

誠に申し訳ないですが、私は、あの、曰く満載の参政党のアドバイザーをされている井上正康氏(1945~)をまったく信用していません。ですので、本動画に限らず、井上氏の動画は見ません。見る価値がないと判断するからです。

参政党について書いておけば、マスメディアが参政党を盛んに持ち上げています。このことだけからも、参政党の怪しさを感じ取れるぐらいの、感度の高さを持って欲しいです。

これは個人的な見解で、あるいは間違っているかもしれませんが、井上氏が新コロ騒動を疑い、それに対する危機感を訴えているからといって、私は信じる気になりません。

人類においては病原体の伝播は確認のしようがない

もう、溜息しか出てきません。新コロウイルスに振り回されている日本の対応に対してです。

本ページでは飽きるほど繰り返していますが、問題とされている病原体は未だに世界中の誰も確認した人はひとりもいません。これほど大騒ぎになったウイルスがまだ判明していないということです。

それであるのに、それに対応すると謳われた(あとで否定されましたが)ワクチン(似非ワクチン)はたちどころに登場し、治験が必要ない法律を作り、すぐに人類に打ち始めました。

私は、新コロウイルスの存在を信じていないため、そのためとされた似非ワクチンなどはじめから眼中になく、無視しています。

似非ワクチンを律儀に接種した人が大変なことになっています。最近は、世界中で著名人が急死したり、体調不良で活動を見合わせるケースがあとを断ちません。

似非ワクチンでスパイクタンパク質は作れない説

今朝、国産の動画共有サイトであるニコニコ動画で興味深い動画に出会い、早速、本サイトで紹介しました。未だに日本では騒動が収まらずにいる新コロ茶番騒動に関する動画です。

その動画を下に埋め込みますので、ご覧ください。

新コロウイルスのために作られたことにされているワクチン(似非ワクチン)は、mRNAという、これまでのワクチンとは根本的に異なる技術によって作られたことにされています。

その接種を勧める側の説明では、似非ワクチンの溶液には、脂質ナノ粒子という合成脂質で包んだmRNAがあり、それが細胞内に侵入し、「スパイクタンパク質」を生成することで、それに対抗する中和抗体ができ、問題のウイルスへの免疫を獲得できる、ということになっています。

似非騒動の馬鹿々々しいいい逃れが始まった

もう隠せなくなっているのではありませんか? 新コロウイルスのために作られたことにされているワクチン(似非ワクチン)を接種したことで死ぬ人が増えていることをです。

本コーナーでもこの問題は何度か取り上げています。最近では、渡辺徹19612022)と志垣太郎1951~2022)が急死されました。

どんな病気であっても、医療制度が整っている今は、急に亡くなることは少ないのではなかろうか、と医学に素人の私はぼんやり考えてみたりします。

世界的に見ても、著名人が急に亡くなることが起きています。まだ終わらないサッカーのワールドカップを取材していたジャーナリストが突然亡くなっています。

有名人に起きた異変から真相を見る

有名人の訃報が続けてふたつありました。

ひとりは、敗血症で11月28日に亡くなったことにされている俳優でタレントの渡辺徹19612022)です。もうひとりは、昨日(だったかな?)になって、今年の3月5日に亡くなっていていたことがわかった俳優の志垣太郎1951~2022)です。

これらの報道を見て私が気がついたのは、おふたりとも、元気に過ごしていたのに、突然のように亡くなっていることです。

渡辺さんの場合は、11月20日に体調が悪くなり、そのあと病院へ入院し、同月の28日に亡くなっています。

渡辺さんはSNSの発信をよくされていたようで、体調が急変する前日は秋田へ行き、いつものように、美食を堪能されたようです。

それが、翌日には入院が必要になるほどの急変が起き、10日足らずで帰らぬ人となりました。

悪事は必ず暴かれる

悪事は必ず暴かれ、罰せられる。と信じたいです。

本日、ネットの動画共有サイトのニコニコ動画である動画を見て、その希望を見た思いがしました。

その動画に登場するのは、おそらくは米国人の女性で、動画の説明には「ベッツィ・イーズ博士」とあります。動画は2倍速ぐらいのスピードでされます。

私はそれを見ながら、イーズ博士が話されることをすべて文字にしました。話されていることを記録するためです。

彼女が冒頭に話されたことに衝撃を受けました。次のように述べているからです。

マレーシアでは、ニュルンベルク綱領に基づき、生物兵器であるコロナワクチンを投与し、患者を殺した医師が、初めて死刑に処された。

ハンコを押すだけなら猿にでもやらせておけ

マスメディアで働く人間は、取材して得られたことに、疑いを持つことが必須です。取材に応じた人が、真実だけを述べる保証がないからです。

たとえば、人を殺した人間に、その人間がまだ警察に捕まっていないとき、記者が接触てきたとしましょう。

その人間は、警察に捕まりたくないでしょうから、記者が当然投げかけるであろう質問に、「いや、自分はそんなことはしていない」というに決まっています。

そのいい分を信じて記者が記事を書いたら、真実を伝えない記事になります。

昨日の朝日新聞に「BA.5ワクチン モデルナ製承認へ」と見出しがついた記事が載っています。

今や日本の定位置は最後尾

世界のトップランナーだったこともあった日本が、今、新コロ茶番騒動では最後尾を走っています。

世界中を見渡して、日本ほど意味のないマスクで国民が顔を隠して生きている国は他にありません。

マスクで何から自分を守ろうとしているのですか? 百歩譲って新コロウイルスが本当に存在するとしても、マスクでそれの侵入を防げると本気で考えているのですか?

極めて大きな網目の蚊帳(かや)を吊り、蚊の侵入を期待するような滑稽さです。蚊は、自分の体の数十倍、数百倍の網目をスイスイと自由に通り抜け、蚊帳の中にいる間抜けな人間の肌を刺し、血を吸い放題です。

伝播防止効果のテストもせずに使い始めた?!

先週はじめから、あることがネットのSNS上などで大騒ぎになっていますが、それをあなたは知っていますか?

日本のテレビ、新聞、ネットメディアは取り上げていないと思いますので、その情報にアクセスしていない人は、未だに知らないでしょう。

その一方で、本日の朝日新聞も3面で伝えていることがあります。それは、新コロウイルスのために作られたことにされているワクチン(以下「似非ワクチン」)の接種期間を、厚生労働省が昨日(19日)、現在の最短5カ月から3カ月に短縮したことを報じています。

政府や(御用)専門家、マスメディアのいい分を信じて似非ワクチン接種を希望する人は、それに何を求めているのでしょうか。

本日の朝日の記事中に、次のような記述がありますので引用させてもらいます。

政府は、感染したときに重症化するリスクがある高齢者らを対象とした4回目の接種を5月に開始した。

スパイクタンパク質を巡る素人一個人の疑問

本日二度目の更新です。

本日一度目の更新では、少しの間に、音声入力の技術が進歩しているのに気づいたことを取り上げています。

二度目の今回は、そもそも取り上げる予定だったニコニコ動画について、素人の私が抱いた疑問について書きます。取り上げさせてもらう動画は下に埋め込んだものです。

本動画で解説をするのは、リチャード・フレミング博士です。博士の経歴は知りませんが、これまでに何度かお姿を拝見しています。ですので、この方面で、それなりに権威を持つ方であるのでしょう。