「感染」しないものを恐れてマスクで熱中症

いつまで馬鹿げたことをやっているのですか?

また、新コロウイルスの「流行」の波が来ているとマスメディアが騒ぎ始めました。本日の朝日新聞も「コロナ流行の波 夏こそ注意」の見出しで煽り記事を紙面に載せています。

報道する側も、取材を受けた医療専門家も、内心は何もわからなくなっているように感じます。

通常、何らかの感染症があると、それに「感染」すると、どのような症状が現れるので、それが確認されたら、医療機関で検査や治療を受けるように指示するのが普通のことのように素人の私は考えます。

朝日の記事を読んでも、新コロウイルスに「感染」すると、まずはじめに、どんな症状が現れるのか書いていません。

未だに新コロウイルスの存在を信じる人は、このウイルスに「感染」した場合、主な症状はどのようなものと考えているのでしょう。

朝日の記事によると、今回の「感染」の波は11波になるそうです。「感染」のピークの予想は8月で、熱中症患者の増加と重なることを懸念しているとしています。

ウイルスを撮影した動画はありませんか?

昨日(12日)の朝日新聞に「『下水疫学』コロナ流行で注目」という記事がありました。

見出しから真実と異なっているといわざるを得ません。「コロナ流行」は新コロウイルスの「感染」が流行の意味だと推察します。

あいにくですが、新コロウイルスは存在していません。ですので、「感染」することは起きず、ですから、「感染」が流行というのは何をいっているのか意味不明です。

本記事には、本騒動が始まると、それを伝える記事に添えられる画像として散々見せられたような次の画像が添えられています。

2024年7月12日の朝日新聞の記事に載っていた新コロウイルスと称する画像

羽生善治氏が体調不良

Yahoo!に上がっていた次の記事を見て、一芸に秀でる人であっても、常に自分で物事を考え、その考えに沿って生きていくのは難しいものなのだろうと想像しました。

羽生善治氏(1970~)のことは、将棋を知らない人でもおそらく全員知っているでしょう。将棋の世界では一時代を築きました。

羽生氏が全盛時にあった将棋タイトルすべてで永世称号を持たれおり、将棋における実力については、云々する必要はまったくありません。

現在は、日本将棋連盟の会長をされながら、現役棋士として頑張っておられます。

本ページで紹介した記事によれば、羽生氏は、体調不良を訴え、医院で診てもらった結果、新コロウイルスに「感染」していることがわかったと昨日(9日)、公表されています。

紅麹菌はブベルル酸を作らない

本日、Yahoo!のトップページに次の記事が上がっていました。本記事を配信したのは共同通信社で、配信された時刻は前日の午後6時38分です。

今年の1月、突如のようにして、小林製薬が開発し、販売する紅麹を使ったサプリメントを摂取した人に「健康被害」が出ているとの報道が始まりました。

その報道をマスメディアが一斉に始めたこともあり、私ははじめから疑いを持ち、本コーナーで取り上げています。

騒動が始まってからは、厚生労働省の研究班とやらが「被害」の状況を調べ、これまでは、製造過程で「ブベルル酸」ができ、それが「被害」を起こした基とされていました。

小林製薬としては、そのように推測されたものの、これまで、「紅麹菌事態が健康被害の原因ではない」と厚労省にも説明してきたようです。

本騒動を巡っては、先月28日、同社は、「健康被害」が出ているとされている腎疾患以外にも広げ、その調査結果を厚労省に報告しています。

往生際の悪い「コロナ後遺症」推し

もういい加減にやめて欲しいです。

本日の日経新聞に、「コロナ後遺症 8.5%『半年後も』 日常生活、深刻な影響」と見出しのついた記事があります。

大前提の新コロウイルスですが、存在していません。存在していると主張するのであれば、どうぞ、その証拠を画像付きで示してください。

こんなことを頼んでもそれに応えることは世界中にひとりもいません。そんなものはないからです。

本騒動が始まると、何も知らない人々を怖がらせるため、本騒動の記事には必ず、毒々しく着色したウイルスらしき画像を添えました。

それらに使われたウイルスもどき画像の出展を示してもらえませんか?

新コロウイルスに限らず、これまでほぼ全世界の人に信じ込ませていたウイルスも存在していません。それらは、分解した細胞の死骸を電子顕微鏡で撮影した画像が基となっています。

感染しないものには感染しない

マスメディアは依然として、新コロウイルスが怖いものとする方針のようです。一度は新コロウイルスに感染した人が減少に転じ、その後、増加傾向に変わったと伝えることに熱心です。

本日の朝日新聞にも、「コロナ感染者 7週連続増加」の見出しのもと、小さな記事を載せています。なるほどマスメディアは、「医療マフィア」の一味です。

マスメディアは人々を怖がらせる役目を担っています。マスメディアの報道を疑わない人は、朝日の小さな記事を見て、やっぱりは新コロウイルスは怖いと感じるでしょう。

今年の秋には、新コロウイルスのために作られたことにされているワクチン(似非ワクチン)の定期接種が始まります。

新コロを未だに恐れる人は、その似非ワクチンも接種してしまうでしょう。

本コーナーで何度も書くように、新コロウイルスは存在しません。存在しないウイルスに「感染」することは起きません。

解熱剤で脳症に

先日の本コーナーで、母里啓子(もり・ひろこ)氏(19342021)の『改訂版 もうワクチンはやめなさい 予防接種を打つ前に知っておきたい33の真実』について書きました。

改訂版が出る前の本は2014年に発刊されています。今から10年前です。母里氏は国の公衆衛生に関わる仕事をされ、国の対応には長く疑問を持たれていたようです。

本書の巻末では、母里氏と同じように、医師の立場でありながら日本の医療現場に懸念を持たれ、多くの著書を著された、近藤誠氏(19482022)との対談が収録されています。

その対談中で、母里氏が次のように発言しています。

ライ症候群はアスピリンによる薬害ですね。

母里啓子. 改訂版 もうワクチンはやめなさい 予防接種を打つ前に知っておきたい33の真実 (p.157). 株式会社双葉社. Kindle 版.

ハンセン病と虹波

本日の朝日新聞は、1面の一部と2面のすべてを使い、ある感染症のためとされた薬剤の被害について取りあげています。

こんな風に書くと、新コロ騒動のために作られたことにされているワクチン(似非ワクチン)の被害をマスメディアがやっと取りあげたのかと早とちりする人が出てしまうかもしれません。

残念ながら、別の薬剤についてです。しかも、今から80年以上も前の話です。

その薬剤が用いられたのは、かつては「らい病」と呼ばれた「ハンセン病」です。

この病名を聞いたことはありますが、具体的なことは知りません。そこで、ネットの事典ウィキペディアでこの病について書かれた記述にざっと目を通しました。

岩崎宏美が新コロ?

いい加減、賢くなりませんか?

昨日、Yahoo!ニュースに次のニュースが上がっているのを見て、それを訴えたい気分になりました。

歌手の岩崎宏美1958~)が、新コロに「感染」したことを伝える記事です。

それにしても不思議です。新コロウイルスというウイルスは存在しません。存在しないウイルスにどうしたら「感染」することができるのでしょう。

病院へいって「検査」し、存在しない新コロウイルスに「感染」したと勘違いされたのでしょう。おそらくその「検査」とやらに使われたのは、まったく意味のないPCR検査でしょう。

こんなものを「検査」に使っても、何もわかりません。陽性になっても、何もわかりません。

母里啓子さんを知っていますか?

新コロ騒動によって国の対応のデタラメさに気づいた人が多いでしょう。しかし、国のデタラメさは今に始まったことではありません。

それを教えてくれる本を読みました。

医学博士で、国の公衆衛生にも関わられた母里啓子(もり・ひろこ)氏(19342021)が書かれた『改訂版 もうワクチンはやめなさい 予防接種を打つ前に知っておきたい33の真実』です。

同名の本は2014年に発刊され、それから3年間に起きたことなどを書き添えた改訂版が2017年に発刊されています。私は改訂版をAmazonの電子書籍版で読みました。

母里氏のことは、この本より前に、ネットの動画共有サイトの「ニコニコ動画」に出演されている動画で知りました。