ジャーナリストを名乗るなら覚悟を示せ

ジャーナリストといってもピンからキリまであります。日本に限っていえば、サラリーマン記者は、記事も書く会社員でしかないでしょう。何の覚悟も感じられません。

夏の高校野球が行われていますので、それを伝える記事に接すれば、私がいおうとすることはわかってもらえるだろうと思います。

たとえば、この記事に目を通してみてください。

これは、夏の高校野球の主催新聞、朝日新聞に勤めるサラリーマン記者が書いた記事です。これを書いた記者は、自分が書いた記事に己惚れているのかもしれません。

また、これを読んだ人が、「いい話だ」と“感動の押し売り”を、それと知らずに受け取ってしまったりするのかもしれません。

私は記事の見出しを見ただけで、嫌な気分になりました。

“ジャーナリストを名乗るなら覚悟を示せ” の続きを読む

2004/03/28 Qちゃんの真実?

本日は、産経新聞一面コラム「産経抄」(朝日の「天声人語」に相当)で取り上げられている話題について書いてみようと思います。ということで、まずは本日分のコラムを以下に転載させてもらいます。

マラソンの高橋尚子選手(31)がアテネ五輪の代表選考で落ちた“Qちゃんショック”で、一番のナゾは最後の選考舞台の名古屋国際をなぜ走らなかったかにあった。その真相の一端がQちゃんの本音ともども、小出義雄監督の本紙インタビューでやっと知れた。

▼「もう走らなくていいよ。アテネの準備をしておくように」。Qちゃんは終盤で失速した東京国際の後、陸連関係者からこう「いわれたようだ」という。「だから本人は名古屋に出ず…走らないで落ちたので、あきらめきれません、と言っていた」。

▼東京国際は日本人1位ながら、まさかの2時間27分台。沈んだ心に陸連関係者の言葉は「天の声」とも染み込み、「実績でアテネ」を確信させたに違いない。しかし現実の選考は「記録重視」で、結果的にその言葉は「悪魔のささやき」に一変した。

昭和23年、戦後初のロンドン五輪に敵国だった日本は参加を拒否された。当時、水泳で「フジヤマのトビウオ」と世界に恐れられた古橋広之進さんは、無念さを五輪日程に合わせた日本選手権で爆発させ、世界新記録を連発して五輪の顔色を失わしめた。

▼Qちゃんの無念さの質は古橋さんとは異なろうが、「私、走ります。アテネが最後どころじゃないです」と健気な決意も語ったという。ならば今一度、無念さを極限の闘争心に高めた「古橋さん精神」で「北京五輪出場」でも「世界新記録」でも狙ってほしい。

▼小出監督はかわいさ余ってまな弟子の真情を代弁したが、Qちゃん自身、泣き言は一切外部に語ってはいない。陸連の一部の声にすがって自らの判断を誤ったとの内省もあろう。アテネ争いには敗れても、「人生の五輪」の階段は一つ、一つと上っている。

“2004/03/28 Qちゃんの真実?” の続きを読む

都会っ子らしい応援テーマ

夏の高校野球が行われています。一番暑い時期の大会で、選手への負担が大きいです。

私が子供の頃は、今ほど暑くなかったように思います。それは私が子供だったために認識が甘かったのか、それとも本当に今より気温が低かったかのどちらかでしょう。

今の夏は、東日本と西日本で日中に30℃を下回ることがほぼなくなり、35℃超えの猛暑日になることも珍しくはありません。そんな猛暑の中での大会になり、大会の是非さえ問われ始めています。

“都会っ子らしい応援テーマ” の続きを読む

習志野高校を千葉県高野連が依怙贔屓

各地で、「第101回 全国高校野球選手権大会」の予選が行われています。今日までに北北海道と南北海道、青森、秋田、長野、沖縄で代表校が決まりました。

高校野球に関心がある人は、ネットで情報を共有しています。そんな中、ネットの巨大掲示板「5ちゃんねる」(2ちゃんねる)の「球技>高校野球」で気になる書き込みを見つけましたので、これを書いた人の了解は得ていませんが、紹介しておきます。

“習志野高校を千葉県高野連が依怙贔屓” の続きを読む