高校野球に見られる不思議現象

高校野球のセンバツ大会(選抜高等学校野球大会)が今月18日に始まり、昨日(28日)で、ベスト4が決まりました。今大会は天候に恵まれず、雨天のため、14年ぶりとなる2日連続の順延もありました。

ということで残り3試合です。32チームが出場した大会で、昨日まで何試合行われたかわかりますか? 確認しなくても、28試合とわかります。31から、まだ行われていない3試合の3を引くだけだからです。

たとえば、186チームが出場するトーナメントで催される試合数はいくつでしょう? これも簡単にわかります。トーナメントで最後まで負けないチームは1チームあるだけです。

186から1を引いた185試合が行われます。

今年に限りませんが、高校野球の大会を見ていて気がつくことがあります。これは全国大会も地方大会にもいえることです。

今大会でもその不思議な「現象」が確認できました。

大会期間中、一日に3試合か4試合行われます。同じ日に行われた試合結果を見て、まったく異なるチーム同士が争いながら、どの試合のスコアも似通うことです。

それが最もよく表れたのが大会3日目(20日)です。この日は3試合が行われ、スコアは次のとおりです。

  • 第1試合:創志学園 - 別海 7 - 0
  • 第2試合:山梨学院 -京都外大西 7 - 1
  • 第3試合:中央学院 - 耐久 7 - 1 

試合展開はもちろん違います。しかし、結果がここまで似通うのが私には不思議でなりません。戦っている選手は、前の試合結果を意識していることはないと思うのですけれど。

準決勝進出チームを決める昨日(28日)の準々決勝4試合にもその傾向が表れました。結果は次のとおりです。

  • 第1試合:星稜 -阿南光 5 - 0
  • 第2試合:健大高崎 - 山梨学院 6 - 1
  • 第3試合:中央学院 - 青森山田 5 - 2
  • 第4試合:報徳学園 - 大阪桐蔭 4 - 1

このような傾向があることは以前から知っていました。理由はわかりません。

昨日の1試合目が5 - 0となったことで、もしかしたら、2試合目以降も同じようなスコアになるのかもしれないと感じました。その予感があたり、3試合目までその傾向が見られました。

4試合目は、昨年のセンバツ大会で準優勝した報徳学園と、今、高校野球で最も力を持つと見られている大阪桐蔭です。前3試合に見られた傾向が4試合目もあるとすれば、大阪桐蔭が勝つのかと思って見ていました。

すると、後攻めの報徳学園が、1回裏に2点を挙げました。その後も、大阪桐蔭の打者が報徳学園の投手を攻めあぐね、報徳学園が4 - 1で勝つ結果となりました。

ともあれ、準々決勝の4試合は、スコアを見る限り、似通った結果となり、私は、なぜだろうと首を傾げるしかありませんでした。

野球で不思議なことといえば、途中で交代した選手のところへ打球の飛ぶことが多いこともあります。これは、たまたまなのか何なのか、わかりません。

選抜大会は、残り3試合で、最後まで負けない1チームが紫紺の優勝旗を手にします。

気になる投稿はありますか?

  • 大会前の予想から振り返るセンバツ大会前の予想から振り返るセンバツ 昨日(3月31日)閉幕したセンバツ大会(選抜高等学校野球大会)の出場校は、昨夏の大会が終了後、3年生が抜けた新チームによって争われる秋の大会の結果から選抜されます。 関東・東京ブロックには出場枠が6校当てられていますが、毎回、6校目にどこが選抜されるか注目されます。 関東・東京ブロック秋の大会は、春の大会と違い、東京は東京だけで争い、関東大会には出場しません。東 […]
  • 2024センバツはジンクスどおりの結末2024センバツはジンクスどおりの結末 昨日、センバツ大会(選抜高等学校野球大会)の決勝戦があり、群馬の健大高崎が初優勝しています。試合前、「ジンクス」のとおりであれば、健大高崎が優勝するのだろうと私は考えていました。 そのジンクスによれば、西暦の最後の数字が4の年の大会は初優勝が多いということです。以下に、該当する開催年の結果を1950年代から順に並べます。 開催年優勝校準優勝校備考1954 […]
  • センバツ大会はスタンドに空席が目立つ 原因は?センバツ大会はスタンドに空席が目立つ 原因は? 高校野球のセンバツ大会(選抜高等学校野球大会)は本日(3月31日)決勝が行われます。 勝敗の行方が気になりますが、それとは別に、今大会の模様をテレビ放送で観戦していて気になったことがあります。それは、観客席に空席が目立ったことです。 それを取り上げた記事がYahoo!ニュースにもあります。 センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット […]
  • 2024センバツの1シーンに胸熱く2024センバツの1シーンに胸熱く 高校野球は地方大会も全国大会も、一発勝負です。どんなに競った試合をしても、負けたら次の試合はありません。それもあって、戦っている選手の必死さがテレビ受像機の画面から伝わってきます。 今年のセンバツ大会(選抜高等学校野球大会)も、あとは準決勝と決勝の3試合を残すのみとなりました。 昨日(28日)行われた準々決勝第3試合の最終盤、選手の必死さが伝わる場面がありました […]
  • 大谷選手を巡る問題を時系列で見ると大谷選手を巡る問題を時系列で見ると ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手(1994~)を巡る問題は収まる気配がありません。 https://indy-muti.com/50714/ 本件を解く鍵が大谷選手の通訳を長年に渡って務め、公私とものサポートをした水原一平氏(1984~)にあると考える人が多くいるでしょう。 本件を早くから取材している米国のスポーツ専門局ESPNが、水原氏に電話取 […]