PCR検査は新コロとインフルエンザの見わけもつかない?!

いよいよです。新コロが茶番であることが多くの人に知れ渡ってきました。

日本人は世界的に見ると従順な民族なのか、未だに、外を出歩く人のほとんどすべてがマスクで顔を覆っていますが、ネットの動画共有サイトのYouTubeに上がっている動画を見る限り、欧米では、マスクを捨て、新コロの茶番に抗議する人が増えてきています。

これらの動画の多くは、騒動に抗議する人たちのデモの模様を伝えるものですから、デモに参加しない人々は、日本と同じように、マスクをつけ、為政者のいいなりになっている人が大多数なのかもしれませんが。

朝日新聞は騒動が始まってから一日も休まず、日本国内のポリメラーゼ連鎖反応(PCR)陽性者を「感染者」と偽り、都道府県ごとの数字を報じています。

何度も書きますが、PCR陽性者と感染者はイコールではありません。

白血球数が上昇しない謎が解けた

新コロ騒動は謎が多すぎます。

新コロとされたウイルスに関しても、未だにそれが単離されておらず、これだけの大騒動になっているにも拘らず、今もって、問題のウイルスを確認した人が世界中にひとりもいません。

この問題を早くから取り上げ、YouTubeで動画を配信されているのが徳島大学名誉教授の大橋眞氏です。

大橋氏は、そのウイルスの存在が証明されない以上、それが存在するとはいえない、の立場を一貫して鮮明にされています。

私は昨春に大橋氏の存在を知り、大橋氏のお考えに共鳴し、素人ながら、私もそのウイルスの存在は信じていません。

このように、問題のウイルスが未だに明らかになっていないにも拘わらず、そのためのワクチンが1年足らずのうちに作られ、今、世界中の人々の体内に注入されることが続いています。

新コロ騒動立案者にこそ新コロ毒ワクチンを

新聞やテレビなどのマスメディアは、ネット上の情報をエビデンスに基づかないことを理由に馬鹿にします。確かに、私などもそうですが、個人が考えたり感じたことを文章にするだけですから、マスメディアが伝えることに比べれば、信頼度は低いでしょう

しかし、こと、新コロのマスメディア報道は、個人のネット発信と五十歩百歩といったところではありませんか?

本日の朝日新聞には、「デルタ株拡大 世界で感染増」の見出しの下、もっともらしい記事を書いています。しかし、本記事の基となる新コロの「デルタ株」とやらを、本記事を書いた記者は確認して記事にしているのでしょうか。

そんなわけはありません。いわゆる”専門家”やらが、そのように定義するものを信じ、文章に起こしているに過ぎません。

実行再生産数がどうのといっている場合か?!

いつまでデタラメを続けるのですか。デタラメなのは、新コロ騒動であり、そのためとされる対策です。

今日の朝日新聞は、騒動が始まってからずっと「営業妨害」を受け続ける飲食店店主の嘆きを伝えています。中でも、東京都内で酒類を提供する店は、主要商品である酒を出すことが再び禁止とされました。

都の要請を聞かない店を狙い撃ちするような発言を、西村康稔経済再生相(1962~)がしました。いうことを聞かない飲食店と取引がある金融機関に、今後は融資をしないように受け取れる内容の発言です。

「問題発言が多い西村大臣と取引のある金融機関は今後、西村氏から融資をしてくれるよういわれても一切相手にするな」と誰かがいったことがわかったなら、西村氏は頭から湯気を出すほど怒るでしょう。

新コロ検査に有効期限はないのか?

新コロ騒動では、謎でしかないことが、謎とは考えられずに無視され、騒動の当初から、その病に対する恐怖だけが煽られています。

朝日新聞は毎日の紙面で、新コロのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)陽性者でしかない人を感染者と悪意を持っていい換え、伝えることをしています。

昨日の紙面では、「東京822人感染 デルタ株最多」の見出しで、全国の都道府県ごとの数字を表にして伝えています。これを伝える朝日新聞としても、疑問に感じることは何もないのでしょうか。

これを記事にまとめる時点で、東京都の新規PCR陽性者数は【822人】で、このうち、デルタ株とかいう変異株としてPCR陽性者数は【167人】しか該当しないわけですよね。ということは、残りの【655人】は未だに、この検査が始まった頃と同じ変異以前のウイルスに感染していると解釈してよろしいでしょうか。

人工ウイルス流出説にも証拠がない

まだこんな記事の書き方をしているのか、と唖然とします。今日の朝日新聞に載っていた「コロナ流出説 米で再燃」と見出しがついた記事を読んだ感想です。

この記事を書いたのは、同社のワシントン支局の合田禄という記者です。

新コロとされたウイルスが本当に存在するのかどうかにつきましては、意見の分かれるところです。

常識的な考えに支配される人が世の大半(?)かもしれませんが、それに含まれる人は、騒動が始まった頃から、世界のマスメディアが伝える自然発生説を信じて疑わないでしょう。

献血で集めた血液の行方

ある意味ではタイミングよく、ある番組が放送されました。その放送を知った時、これは録画して置こうと考え、録画して残しました。

それは、NHK総合で毎週金曜日の夜遅い時間に放送される「ドキュメント72時間」枠で放送されました。

この番組では、毎回、ある撮影対象を3日間撮影し、そこに集まる人々を通し、私たちの社会を見直すきっかけのようなコンセプトのもと作られている印象です。

私も、気になった回があれば、録画して残すようにしています。

その番組枠で今月18日に放送された回に今回は注目します。

その日の番組タイトルは「私が献血ルームに来た理由」です。このタイトルを知っただけで、注目した理由をわかってもらえる人もいると思います。

ありもしない原因の患者や死者の数を報じるのは無意味

新コロ茶番を報じるマスメディアは、真相を知っていて報じているなら、いわずもがなの大悪党です。が、もしも、何も知らずに純粋な気持ちで記事を書く記者がいるとしたら、真相を知らずにいることになり、ジャーナリスト失格です。

真相を伝えるのがマスメディアの使命です。それとは逆の誤報を連発しているのですから、深く反省し、職種替えすることをお勧めします。

今日の朝日新聞の3面は、東京などに出されている新コロ茶番の緊急事態宣言が20日にも解除される見込みを伝え、解除されたあとの懸念を記事で伝えています。

大見出しは「解除後の『第5波』警戒 下がりきらぬ感染者数・変異株」です。

Ct値で数字を自在にコントロール

新コロ茶番が今なお続いています。嘆かわしい限りです。

この茶番を続けるのに使われているのが、世間ではポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査といわれている「PCRおみくじ」です。

本茶番が始まった当初から、専門家の眼で見た疑問を、ネットの動画共有サイトのYouTubeで動画を精力的に上げて下さっているのが徳島大学名誉教授の大橋眞氏です。

大橋氏は科学者のお立場から、論文を重視されています。茶番劇の当初から、新コロとされたウイルスの存在を実証する論文の確認をされたそうですが、未だに、それを単離して論文にまとめた例が世界中にひとつも確認できないそうです。

それだから大橋氏は一貫して、存在が確認できない以上、それが存在するとはいえない、のお立場を採られています。

日常を取り戻したテキサスに続こう

ネットの動画共有サイトYouTubeで、及川幸久氏が連日、新コロ騒動の裏の話を動画にしてあげてくれています。

本日も次の動画が配信されました。

動画につけられたタイトルは「2021.6.5 衝撃‼︎マスク解除!ロックダウン解除!感染減少‼︎テキサス」です。

動画は見出しにある通りの内容で、それをなぜ実現できたかを話されています。