有名人に起きた異変から真相を見る

有名人の訃報が続けてふたつありました。

ひとりは、敗血症で11月28日に亡くなったことにされている俳優でタレントの渡辺徹19612022)です。もうひとりは、昨日(だったかな?)になって、今年の3月5日に亡くなっていていたことがわかった俳優の志垣太郎1951~2022)です。

これらの報道を見て私が気がついたのは、おふたりとも、元気に過ごしていたのに、突然のように亡くなっていることです。

渡辺さんの場合は、11月20日に体調が悪くなり、そのあと病院へ入院し、同月の28日に亡くなっています。

渡辺さんはSNSの発信をよくされていたようで、体調が急変する前日は秋田へ行き、いつものように、美食を堪能されたようです。

それが、翌日には入院が必要になるほどの急変が起き、10日足らずで帰らぬ人となりました。

【ノーカット】榊原郁恵さんが会見 亡き夫・渡辺徹さんへの思いは 長男で俳優の渡辺裕太さんも同席【2022/12/5】ANN/テレ朝

志垣さんは、佐賀県へ行かれていたそうです。地方へ行くぐらいですから、倒れる直前まで、体調には問題がなかったのでしょう。ところが、その滞在先で急逝されました。

報道では心不全としていますが、これは病態で、死因とは関係ありません。結局のところ、何かで急に命を奪われた状態です。

【速報】俳優の志垣太郎さんが3月に70歳で死去 長男が報告(2022年12月7日)

実は、渡辺さんや志垣さんのように、突然命を絶たれる人が世界中で確認されています。英語ではそれがsudden deathです。同名のドキュメンタリー作品が今ネットで公開され、すでに1,000万人が視聴したと聞きます。

それまでは取りざたされなかったような急死が、今、なぜ起きているのでしょうか。

ヒントは、新コロウイルスのために作られたことにされているワクチン(似非ワクチン)の接種です。これが、日本を含む欧米の主要国を中心に行われ、行われているところでこの「異変」が起きています。

聞くところによれば、渡辺さんは医療には関心をお持ちだったようで、似非ワクチンも積極的に接種されていたようです。志垣さんがどうだったかは知りません。

国民に接種を呼び掛けている厚生労働省のキャリア官僚は、似非ワクチンの接種率が10%程度にとどまっているという話があります。それが本当であれば、接種をしない90%程度の職員に、その理由を詰問したいところです。

国会議員の接種率も同程度であるという話です。

人間として生れてきた以上、いつかは必ず死が訪れます。

私は2004年の8月末、死の淵をさまよった経験を持ちます。私の場合は、自転車で急坂を走行中、転倒して頭部を強打したのであろうことが原因し、急性硬膜下血腫を起こしたことが要因です。

10日間程度は意識をなくして過ごしました。その日のうちに頭部の緊急手術が施され、命を取り留めました。あのまま亡くなっていれば、亡くなって18年になるところでした。

このように、誰もが死とは隣り合わせに生きています。しかし、その原因が、国会議員や厚労省の職員が10%程度しか接種していない似非ワクチンが引き起こすことであるとすれば、これほど理不尽な話はありません。

様々なことを調査し、それを報じることが好きなマスメディアで働く人々が、どの程度似非ワクチンを接種しているか、外部の機関が徹底的に調査してみるといいでしょう。

それによって明らかになった数字が、国会議員や厚労省の職員と大差なかった場合、どのような想像が思い浮かぶでしょう。

その考えに多くの国民が向かわないよう、マスメディアは真実を国民に知らせない報道を今も続けています。

国民がテレビや新聞を捨てるときが、目前に近づいているように感じるのは私だけではないはずです。

そうなったら、今の国会議員は全員首にして、志を持つものがそれに代わるしかありません。

今後は、同じような訃報を見る機会が増えるでしょう。誰もが、いつ自分が死ぬのかはわかりません。

その中で、似非ワクチンを接種した人で、その回数が多い人は、今回紹介した有名人ふたりと同じことが、いつ自分の身に起きても不思議ではない、ぐらいに考えておかれたほうがいいでしょう。それぐらい、死が身近に迫っている状態です。

似非ワクチンを律儀に接種した人の体内で、どんなことが起こっているのか。本騒動の推進者側は、明らかにすることを許しません。何もわかないまま、命を絶たれているのです。

似非ワクチンの接種を停止しない限り、この「異変」は続きます。

悪事は必ず暴かれる

悪事は必ず暴かれ、罰せられる。と信じたいです。

本日、ネットの動画共有サイトのニコニコ動画である動画を見て、その希望を見た思いがしました。

その動画に登場するのは、おそらくは米国人の女性で、動画の説明には「ベッツィ・イーズ博士」とあります。動画は2倍速ぐらいのスピードでされます。

私はそれを見ながら、イーズ博士が話されることをすべて文字にしました。話されていることを記録するためです。

彼女が冒頭に話されたことに衝撃を受けました。次のように述べているからです。

マレーシアでは、ニュルンベルク綱領に基づき、生物兵器であるコロナワクチンを投与し、患者を殺した医師が、初めて死刑に処された。

ハンコを押すだけなら猿にでもやらせておけ

マスメディアで働く人間は、取材して得られたことに、疑いを持つことが必須です。取材に応じた人が、真実だけを述べる保証がないからです。

たとえば、人を殺した人間に、その人間がまだ警察に捕まっていないとき、記者が接触てきたとしましょう。

その人間は、警察に捕まりたくないでしょうから、記者が当然投げかけるであろう質問に、「いや、自分はそんなことはしていない」というに決まっています。

そのいい分を信じて記者が記事を書いたら、真実を伝えない記事になります。

昨日の朝日新聞に「BA.5ワクチン モデルナ製承認へ」と見出しがついた記事が載っています。

新型コロナウイルスに対応するとされているワクチン(以下「似非ワクチン」)を製造する米国の製薬会社モデルナ社が開発した新コロウイルスの変異体オミクロンのBA.5に対応できるとされている似非ワクチンを、この10月31日、厚生労働省の専門家部会が、使用の特例承認を了承したことを伝える記事です。

記事を書いた朝日新聞のI野記者は、専門家部会のいい分を疑わず、いわれたままを記事にしています。

記事に目を通すと、つっこみどころ満載です。

今回承認された似非ワクチンについて、記事は次のように書いています。

承認されたワクチンは、従来のワクチンと同じ武漢株のmRNAと、オミクロン株のBA.4とBA.5の両方に共通するmRNAを含む「2価ワクチン」。

そもそも論で恐縮ですが、似非ワクチンは何のために必要とされているのですか。記者はそのことにまず疑問を持たなければなりません。

恐ろしい感染症が蔓延り、日本中が、世界中が大変なことになっているのであれば、それが特殊認証であっても、了承を急ぐ必要もあるでしょう。

本記事の記者を含め、マスメディアは未だに認めない重大なことがあります。それは、問題とされた新コロウイルスそのものが、未だに、誰によっても単離されていないことです。

先の引用で、「武漢株」と書いています。中国の武漢で今回の茶番騒動が始まったことで、あたかも、武漢にはそのウイルスがあったようにされていますが、武漢でも、そのウイルスは未だに見つかっていません。

問題のウイルスの存在が確認されていなければ、そのウイルスに接することもできず、そのウイルスの遺伝子配列を手に入れることはできません。

この大前提を本記事の記者はきちんと理解できていますか。マスメディアで働く以上、根本的なことを知ろうとする記者魂のようなものが欠かせません。

はじめにたとえたように、自分が取材した人間が殺人事件を起こした人間であるとわかれば、なぜその人間がその事件を起こしたのか、あるいは、問われているのが事実でなく、もしかしたら、冤罪かもしれない、とさまざまなことを考え、取材を進めるでしょう。

今回の茶番騒動で実に不思議なのは、日本に限らず、世界中のほとんどのマスメディアの人間が、問題のウイルスの存在を信じて疑おうとしないことです。

問題のウイルスが確認されていないのであれば、その遺伝子配列はわかりようもなく、PCR検査も似非ワクチンも作りようがありません。

ところが不思議なことに、騒動が始まるとすぐに、あらかじめ用意されていたとしか思えないほど素早く、両方が提供され、使われ始めました。

本コーナーですでに書きましたが、米国の製薬会社ファイザー社とモデルナは、中国で問題のウイルスの遺伝子配列が発表された3日後には、ワクチンの臨床実験を始めたそうです。

こんな話を聞かされたら、誰でも「そんな馬鹿な」と反応します。ところが、マスメディアの人間はその話に耳を貸そうともしません。これは、マスメディアが勝手に決めつける陰謀論ではなく、現実の話です。

現実の話としてさらに信じられない話があります。

今回特例承認された似非ワクチンを製造するモデルナは、今回の茶番騒動が始まるより3年前の2017年に、今使われている似非ワクチンの実験を始めています。これも陰謀論ではなく、現実の話です。

誰に聞いてもらっても、こんな「馬鹿な話」はありません。

いいですか? 今回の似非ワクチンにしても、問題のウイルスが見つかったことにされたからこそ、急いで作ったことにされているわけですよね?

それなのに、モデルナは、騒動が始まる3年も前に似非ワクチンのテストをしています。ということは、それより数年前、あるいはもっと前からその研究をしていなければならないことになります。

この現実を、今回の記事を書いたI記者はどのように理解しますか?

今回の記事に戻れば、承認した専門家部会は、すでに承認されているモデルナ製BA.1対応ワクチンのデータや、マウスに試したBA.5対応ワクチンのデータをもとに議論したそうです。

専門家部会が議論に使った「データ」ですが、これはモデルナから提供されたものでしょう。専門家部会自身が「データ」を作ったわけではありません。

専門家部会も、本会の記事の記者と同じで、相手から提供されたものをまったく疑わず、それをたたき台にして議論のようなことをした振りをして、お茶を濁しているだけです。

専門家の集団を名乗るのであれば、人体に直接入れるものなのですから、「データ」の証拠を相手に強く要求すべきです。専門家の先生も、内容物がわからない液体を注射されるとしたら、恐ろしくなるでしょう。文字や数字で書かれた「データ」だけは、何の保証にもなりません。

次に引用する部分も、つっこみどころ満載ですね。

感染を防ぐ中和抗体の量が増えることから、有効性を確認。

「感染」と書かれていますが、専門家部会が考える「感染」は何によって起こるのですか? 本コーナーで何度も書いているように、問題のウイルスの存在が未だに誰ひとり確認していません。

存在しないウイルスであれば、「感染」のしようがないではないですか。どうしてこんなこともわからないのですか。

恐ろしい病原体が「感染」を起こしているというのであれば、その病原体を突き止め、人々に示さなければなりません。それを世界の誰もせず、恐ろしい病原体があることにされて、「感染」することをでっちあげ、それを防ぐためとされる似非ワクチンが作られたことにされ、人々にそれが実際に使われているのが今の騒動の恐ろしいところです。

中和抗体の量が増えるとされていますが、それは誰が確認したのですか? モデルナの研究員ですか? そのモデルナ研究員は、新コロウイルスを使って実験をしているのですか?

問題のウイルスを誰も突き止めていないのですから、製薬会社の研究員であっても、実験をすることなどできません。

もしも実験したというのなら、何を使って実験し、中和抗体の量が増えたことがわかったのですか。

もう、いい加減にしましょう。全部デタラメです。問題のウイルスは存在しません。ですから、存在しないウイルスに「感染」することは起こりようもなく、そのための似非ワクチンを特例承認することなど馬鹿げています。

小学生でもわかりそうなことを、今回の記事を書いたI記者は気がつかずに記事を書いたか、書くようにいわれているから書いただけのどちらかでしょう。

あなたには別の仕事をすることをお勧めします。あなたが記事を書くことで、あなた以外の人が大迷惑を受け、記事を信じた人が恐ろしい似非ワクチンを接種することで、最悪の場合は命を落とします。

その責任をあなたが採るというのであれば、その覚悟で記事を書いてください。

武装解除 NHK阿部アナの場合

私生活というのは、文字が表すように「私の生活」ですから、「私」以外の他者が口出しできることではありません。

しかし、その「私」がある程度知られた人である場合、他者が、他者の私生活と知りつつ、興味を惹かれることがあります。

最近のことでいえば、NHKの看板アナウンサーのひとりと目されていた阿部渉アナウンサー(1967~)の不倫報道は、多くの他者の耳目を集めたでしょう。私はYahoo!ニュースでそれを知り、いろいろなことを考えさせられました。

今や日本の定位置は最後尾

世界のトップランナーだったこともあった日本が、今、新コロ茶番騒動では最後尾を走っています。

世界中を見渡して、日本ほど意味のないマスクで国民が顔を隠して生きている国は他にありません。

マスクで何から自分を守ろうとしているのですか? 百歩譲って新コロウイルスが本当に存在するとしても、マスクでそれの侵入を防げると本気で考えているのですか?

極めて大きな網目の蚊帳(かや)を吊り、蚊の侵入を期待するような滑稽さです。蚊は、自分の体の数十倍、数百倍の網目をスイスイと自由に通り抜け、蚊帳の中にいる間抜けな人間の肌を刺し、血を吸い放題です。

伝播防止効果のテストもせずに使い始めた?!

先週はじめから、あることがネットのSNS上などで大騒ぎになっていますが、それをあなたは知っていますか?

日本のテレビ、新聞、ネットメディアは取り上げていないと思いますので、その情報にアクセスしていない人は、未だに知らないでしょう。

その一方で、本日の朝日新聞も3面で伝えていることがあります。それは、新コロウイルスのために作られたことにされているワクチン(以下「似非ワクチン」)の接種期間を、厚生労働省が昨日(19日)、現在の最短5カ月から3カ月に短縮したことを報じています。

政府や(御用)専門家、マスメディアのいい分を信じて似非ワクチン接種を希望する人は、それに何を求めているのでしょうか。

本日の朝日の記事中に、次のような記述がありますので引用させてもらいます。

政府は、感染したときに重症化するリスクがある高齢者らを対象とした4回目の接種を5月に開始した。

北朝鮮ミサイル騒動を疑う

僭越ながら、不肖わたくしではありますが、「日本の国民よ、いい加減、賢くなろう」といいたいです。

いつの頃からかわかりませんが、日本の国民は権力者の思惑通りの考え方と行動をさせられています。

思えば、先の大戦のときは、「鬼畜英米」と教え込まれ、それを疑いもせず、米国の戦闘機目がけて、地面にへばりつくようなところから、空へ向けて、竹で作った槍で対抗することも厭(いと)いませんでした。

新コロ茶番騒動が続く今は、ありもしない新コロウイルスに怯え、効果がまったくないマスクをほぼ全員がつけ、化学兵器でしかない新コロウイルスのために作られたことにされているワクチン(以下「似非ワクチン」)を進んで接種しています。

成分がわからないものを飲みますか? 飲ませますか?

本日の朝日新聞に「基礎疾患ない子も重症化」と題された記事が載っています。朝からそれが目に入り、私は深い溜息をつきました。いつになったら新コロ騒動が茶番であることに気がつくのか、と。

本コーナーで繰り返し書いていることを今回もはじめに書いておきます。

日本で本騒動が始まって2年10カ月ほどですが、未だに、世界中のどの専門機関も、これが騒動の基になっているウイルスです、とウイルスの存在の証明ができていません。

これが、本騒動を考える基本となります。問題のウイルスの存在が証明されていないのであれば、それに感染したかどうかは確かめようがありません。

医療神話が消えた時代

体の具合が悪いと感じたとき、人は医療機関を訪問します。医療機関は患者の健康を考え、適切な処置をしてくれると信頼されているからです。

しかし今は、「信頼されていた」と過去形で語らなければならない状況になったといえましょう。

こんなことを書きますと、またすぐに、陰謀論者扱いを受けてしまうかもしれません。しかし、それを危惧するような状況が現実にあることを感じる以上、どのように思われても、口に出さずにはいられません。

この状況は、新コロ茶番騒動が始まったことで、明らかになりました。

新コロ騒動の私の考え方は本コーナーで繰り返し述べています。

問題とされている新コロウイルスは未だに存在が証明されていません。ウイルスがないのに、感染者や患者が世界中で多く発生したことになっていますが、基のウイルスがないのであれば、そのウイルスに感染することはなく、感染者や患者が発生することは起こりません。

であるのに、発生したことにされています。そのために利用されているのがPCR検査です。

新コロウイルスには感染したくても感染できない

日本で新コロ茶番騒動が始まって2年と9カ月ぐらいが経ちました。

騒動の実態はともかく、本騒動が始まったことで、人々は自分の免疫システムに関心を向けるようになりました。

人は、生まれてから死ぬまで、自分の中で免疫システムが休むことなく働いてくれていることで、健康を保っていられるようにできています。

それは子供の頃から働き続けるシステムですが、日常の忙しさの中で生活する私たちは、生命を維持してくれるシステムが日夜動き続けていることを忘れがちです。

私も忘れて生きていました。

否応なく意識させられたのは、今月に入り、体調が思わしくなくなったことによってです。それについては、前回の本コーナーで書きました。