似非ワクチンの解析を

新コロウイルスのために作られたことにされているワクチン(似非ワクチン)を接種した直後に女性が亡くなることが、昨年11月5日、愛知県愛西市で起きています。

それを伝えるニュースの動画は、以前、本サイトで複数紹介しているはずです。

ということで、そのようなことが発生していたことは私も承知しています。

亡くなったのは同市内在住の42歳の女性です。報道によりますと、女性には基礎疾患があったということです。

それでも、似非ワクチンを接種するまでは健康に過ごしており、女性の夫が、妻の急死に強い疑問を持ちました。夫は妻の死亡原因を調べるよう市に要請し、市が設置した医療事故調査委員会が、調査の結果を昨日(26日)、記者会見を開いて明らかにしています。

この「医療事故」に対する調査委員会の見解について、朝日新聞が報じています。記事はYahoo!ニュースにも載りました。

愛西市の医療事故調査委員会は、似非ワクチンを接すしたことで、当該女性にアナフィラキシーショックを誘発した可能性が高いとする最終報告書をまとめたそうです。

また、同市が設置し、死亡した女性が接種した接種会場には、接種者がアナフィラキシーショックを起こしたときに対応する体制が採られていなかったことがわかり、助かったかもしれない命を助けられなかった可能性を指摘しています。

報じられていることはわからなくもありません。しかし、ド素人の単なる勘でしかありませんが、本当にアナフィラキシーショックによって肺水腫を起こしたのが真の死亡原因としてしまっていいのか、という漠然とした疑問を持たないでもありません。

似非ワクチンは、新コロウイルスに何らかの効果があることが証明されていません。

そもそもの話として、本問題について書くときはいつも書いているように、新コロウイルスの存在を証明した人は世界中にひとりもいません。

存在しないかもしれないウイルスのために短期間で似非ワクチンが作られたことにされ、効果を確認せず、全世界で始まった接種に使われているのが似非ワクチンです。

存在が証明されていないウイルスのために、効果が明らかでない似非ワクチンを接種するのはなぜなのでしょうか?

それまで明らかでなかったことが、時間の経過とともに、明らかになっています。

新しいところでは、似非ワクチンを開発したのが、ビッグファーマのファイザーモデルナなどでないであろうことがわかりました。

開発したのは、あのアンソニー・ファウチ氏(1940~)が長年にわたってトップに君臨したアメリカ国立衛生研究所(NIH)と米国防総省の情報機関であるアメリカ国家安全保障局(NSA)が中心となっていたのではなかったか、と理解しています。

これらの組織が作る溶剤は、未知のウイルスのために事前に研究されたものではありません。そのように指摘する人が現れてきているように、「生物兵器」として研究しているのです。

この動きは今に始まったことではありません。私の勝手な想像ですが、米ソ冷戦時代には始まっていたのでは、と想像しないでもありません。

数十年単位で続けられている「研究」であるということです。

新コロ騒動を疑う専門家が世界にはいます。日本でも同様の専門家がいますが、彼らの多くは、それが従来型ワクチンの延長線上で疑うことしかできない人が多くいる印象です。

たとえば、北海道で医師をされ、彼を慕う人からは「鹿先生」と呼ばれる男性医師が、ネットの動画共有サイトを利用して、動画による配信を盛んにされています。

私には彼の動画投稿が、小遣い稼ぎのためのように思えてなりません。問題を指摘する動画を作るにしても、彼の場合は異常な頻度だからです。

その頻度ほど、彼が始終新たな事実を掴んでいるとは思えません。

このいわゆる鹿先生にしても、従来からあるワクチンの延長線上で長いこと発言されています。それだから、昨年9月の時点でも、似非ワクチンに何らかの効果を期待し、高齢者の接種は容認する態度でした。

私は彼の動画は見ません。ですので、動画のタイトルやサムネールから内容を想像するだけです。その彼も、ここへ来て、似非ワクチンの危険性にやっと気がついたのか、接種を勧めない態度に変わってきたようです。

いいですか? 似非ワクチンは数十年前から、「生物兵器」として研究・開発されたものです。溶剤の中身は昔から一貫して、人体には害を与えるものでしかありません。

昨年と今年で、内容物が大きく変わったわけではありません。昔から、接種などとても勧められたものではないのです。

それを、一年前の今頃、鹿先生は高齢者への接種を容認していたのです。

何らかの効果を期待し、前回の接種から間隔が開いた高齢者は、再度効果を高めるため、次の接種をするように、と。

似非ワクチンが「生物兵器」であることを理解していたら、はじめの接種から、力の限り反対すべきでした。それが毒と知っている人が、それを自分の口に入れる人はいません。自分の愛する子供に毒を飲ませる人もいません。

当たり前のことです。

彼のほかの動画に、「打った方がコロナ後遺症になるという論文」とタイトルがついた動画があります。

どこの誰が書いた論文かわかりませんが、ウイルスが存在しないのなら、「感染」することがありません。「感染」しなければ、「後遺症」など起きようもないではありませんか?

似非ワクチンを接種しようがしまいが、起こるはずのない「後遺症」の心配はいりません。

このくらいのことは、他人が書いた論文で左右されず、ご自分の頭で考えられたらいかがですか?

朝日新聞も報じた愛知県愛西市で被害に遭った女性ですが、死因が肺水腫だとしても、それを起こした原因がアナフィラキシーショックだけであったかは、ド素人の私には多いに疑問に感じます。

人体に有害なものを似非ワクチンは多量に含んでいるでしょう。

今月11日、「ニコニコ動画」に上がっていた動画を紹介しました。似非ワクチンを解析したクリスティアン・ノースラップ博士が、動画で、解析した結果を述べています。

彼女は似非ワクチンを「生物兵器」と断言し、似非ワクチンに含まれているものを明確にしています。その動画から、公表された内容物を以下に列記しておきます。

  • ワクチンに含まれるルシフェラーゼ(ENCE SM102があなたの居場所を突き止め、追跡することを可能にする)
  • ヌクレオチドを変化させ、身体の免疫システムを停止させる
  • 胎児腎臓DNA、中絶された胎児の目や肺の一部となる細胞
  • ポリエチレングリコール(70%の人がこれへのアレルギーがあり、アナフィラキシーショックを起こすことさえある。接種後にアレルギーやアナフィラキシー反応で死亡することもある)
  • ポリソルベート80(ENCE乳化剤であり、ワクチン成分が血管脳関門を通過し、脳神経にダメージを与えることを可能にする)
  • 磁化酸化鉄
  • 酸化グラフェン(非常に毒性の高い導電性物質)
  • 水銀チメロサール
  • 猿のDNA
  • HIVまたはHIVの遺伝子断片
  • 遺伝子組み換えヒドラ

一年前になりますが、こんなものが入った溶剤を、高齢者に勧めた鹿先生の意図を窺いたいと思います。

愛西市で接種後に死亡した女性の場合は、「ポリエチレングリコール」によってアナフィラキシーショックを起こした可能性があることになりましょうか。

ともあれ、人体に進んで入れて良い溶剤にはとても思えません。

いろいろなことがわかってきた以上、今実施されている接種は即座に停止し、国の責任において、似非ワクチンの分析を早急に実施すべきです。

似非ワクチンを使用するにあたっては、内容物を分析することが厳に戒められ、もしもそれに少しでも違反した場合は、国に莫大な賠償金を要求されるといった話も聞きます。

そうであっても、強硬に契約を解除し、国が専門家に似非ワクチンを解析させなければなりません。国民が「生物兵器」の犠牲字なっている事実があるからです。

解析の結果、それが「生物兵器」以外の何物でないことが判明すれば、日本は逆に、米国やそれに連なる勢力にすべての責任を負わせることができます。

それを実施する時期が迫っているのではありませんか?

気になる投稿はありますか?

  • 往生際の悪い「コロナ後遺症」推し往生際の悪い「コロナ後遺症」推し もういい加減にやめて欲しいです。 本日の日経新聞に、「コロナ後遺症 […]
  • ハンセン病と虹波ハンセン病と虹波 本日の朝日新聞は、1面の一部と2面のすべてを使い、ある感染症のためとされた薬剤の被害について取りあげています。 こんな風に書くと、新コロ騒動のために作られたことにされているワクチン(似非ワクチン)の被害をマスメディアがやっと取りあげたのかと早とちりする人が出てしまうかもしれません。 残念ながら、別の薬剤についてです。しかも、今から80年以上も前の話です。 […]
  • 欧州の「極右台頭」大歓迎欧州の「極右台頭」大歓迎 本日の日経新聞に、同社コメンテーターの秋田浩之氏(1965~)が書かれた「欧州右旋回、アジアに冷風」と題する頓珍漢な「意見コラム」(?)が載っています。 マスメディアで仕事をする人は、本当のことがわかっていても、それをそのまま書くことが出来ないのでしょう。あるいは、これを書いた秋田氏は、本当のことを本当にわからずに書いたのでしょう。 今月6日から9日にあった欧州 […]
  • 突然死を疑え突然死を疑え Yahoo!ニュースで立て続けにふたつ、個人的に気になる記事がありました。 ひとつは、人気の振付師という真島茂樹氏(1947~2024)が、今週水曜日(22日)、虚血性心不全(虚血性心疾患)で急逝されたという記事です。 振付師、真島茂樹さん急死 マツケンサンバⅡ生みの親 オネエキヤラでも人気 前日まで講演も… そしてもうひとつは、米国で1990年代に人 […]
  • 人を毒害に導く報道人を毒害に導く報道 年度末の3月いっぱいで、新型コロナウイルスのために作られたことにされているワクチン(似非ワクチン)の接種、および、新型コロナウイルスの有無を検査するためだとされているPCR検査は、希望者が有料で受けるように変更されます。 高齢者や基礎疾患がある人の扱いがどうなっているか、私は詳しく確認していません。 コロナ定期接種、7000円に 24年度、65歳以上高 […]