高齢者なら化学兵器の犠牲になっても仕方ないのか?

新コロ茶番騒動について、当初の頃から強い疑念を持つ専門家がいます。それらの人は、ネットの動画共有サイトやSNSを使い、ネットに接することが出来る人に、真実を伝えることをしてくれています。

そんなひとりに、北海道で医師をされている男性医師がいます。多くの人に彼は「鹿先生」といわれ、信頼されています。

鹿先生はYouTubeで動画を配信されていましたが、YouTubeの検閲が厳しくなったことで、今はニコニコ動画で動画を配信されています。

その鹿先生が9月15日、ニコニコ動画で配信されたのが下に埋め込んだ動画です。

彼の真意を正確に伝えているかは不明ですが、動画につけたタイトルは、それを見る人に良い印象を与えません。

だましは高齢者だけにしろ厚労省

タイトルをそのまま受け取ると、「高齢者であれば騙されても仕方がない」になってしまいます。

ニコニコ動画は、それを見た人がコメントを書き込め、それが動画上に表示される仕組みになっています。コメントを消して動画を再生させることもできますが。

鹿先生の動画は、私は昨年までは時々見ていました。しかし、今年に入ってからは見ることが格段に減り、最近まではまったく見ていませんでした。

彼の動画スタイルは当初から定まっており、自分の顔は画面に登場させません。カメラは手元だけを写すように固定し、彼が手にしたグラフや数字の資料を指し示しながら、声だけで解説をします。

専門家であるため、専門用語が多用され、一度聴いただけでは理解できないことも多いです。

私が彼の動画を見ることから遠ざかったのは、昨年まで彼のいっていたことと、現実の現象に差が出たことがひとつあります。

昨年時点で、日本より新コロウイルスワクチン(以下「似非ワクチン」)の接種が進んでいたイスラエルなどと日本の感染者(実際のところは、意味不明なPCR検査で陽性になっただけの人)数をグラフで示し、日本がイスラエルなどに比べて少ないことを話していました。

昨年末にかけ、日本のPCR新規陽性者数は少なくなり、その状態が続けば、日本の新コロ騒動もようやく下火になるのでは、と期待が持たれていました。

鹿先生は日本の状況について話し、日本では昨年できた新規陽性者の波を超えるような陽性者の波はもうできないだろう、と断定的に話しました。

そう考える理由として、日本人は過去にBCGを接種した世代がおり、そのことによって守られているから、というような話でした。

その日本が、今年に入ってまた新規陽性者の数が急激に増え、今に至っています。陽性者の波は6波だ、7波だといわれ、5波の高さより数倍高くなりました。

私自身は、本コーナーで何度も書いているように、新コロウイルスというものの存在は信じていません。どれだけ待っていても、問題のウイルスを単離した例が一例もないからです。

その、ありもしないウイルスをあることに欺くのに使われているのがPCR検査です。この検査がいい加減な設定で使われています。

問題のウイルスを単離できないのであれば、ウイルスから全体の三百分の一であれ、遺伝子の配列を導き出すことはできません。それなのに、導き出したとされる遺伝子配列を検査に組み入れ、それに近い何かが検査で見つかれば、ありもしないウイルスに感染したことにされているのが今のPCR検査です。

このごく基本的な考え方を鹿先生はお持ちでないように考えます。この基本的なこともわからず似非ワクチンについて語れば、根本から間違った見解になってしまいます。

彼の話をすべて注意深く聴いているわけではありませんが、彼は似非ワクチンの有効性をまったく批判しているわけではありません。

それだからこそ、高齢者の接種は止めないのでしょう。

本コーナーに埋め込んだ9月15日に配信された動画でも、似非ワクチンの効果が切れる前に次の似非ワクチンを接種することを勧める始末です。

彼に限らず、専門的な知識を身につけた人ほど、新コロウイルスの存在を疑わず、その対策として、現実にワクチンが作られ、接種していると考えがちです。

彼ではありませんが、似非ワクチンがスパイクタンパクを体内で増産し続け、それが身体に悪影響を及ぼしている、と話す専門家がいます。

日本でいえば、大阪市立大学で名誉教授をされている井上正康氏(1945~)がそうです。

私は素人ですが、正真正銘のワクチンであったとしても、それがスパイクタンパクを作るための遺伝情報をmRNAで体内に送り込んでいるという説は信じがたいです。

私の拙い理解では、スパイクタンパクというのは、実際には存在しないであろう新コロウイルスの表面についている突起のことだと考えます。

このスパイクタンパクが、細胞の受容体にくっつくことで細胞内に入り込み、細胞の中でウイルスを増産する、というように理解しています。

正真正銘のワクチンであっても、それによって、スパイクタンパクを量産したのでは、それが新コロウイルスがあるとして、それにくっついて、より、細胞に取りつきやすくなってしまうのでは、と考えてみたりします。

どちらにしろ、ワクチンによってスパイクタンパクを作る理由がよくわかりません。

井上氏の動画を数多く見れば、スパイクタンパクが作られる理由について詳しく話している(?)のかもしれません。私はスパイクタンパクの話が出たところで疑問を持ってしまい、以後の話を聴く気がなくなります。

本来のワクチンがあるとしたら、ウイルスが細胞にくっつかないよう、mRNA技術によって中和抗体が作られ、それがウイルスの表面の突起であるスパイクタンパクにくっつくことで、細胞の受容体にくっつくことを防ぐ役目を果たすように作られるはずです。

そのための中和抗体が大量に作られすぎ、スパイクタンパクにつかずに、体内に抗体が溢れ、それが人体に悪影響を与えるというのなら、理解できないこともないです。

それにしても、たとえばスパイクタンパクが大量に作られたとして、それが、接種した人に急激な悪影響を与え、速い人であれば接種した当日や、翌日、翌々日に死に至らしめるほどの影響があるとは考えにくいです。

また、mRNAによって遺伝子の断片が体内に送られることで、DNAに転写し、人間の遺伝子を恒久的に組み換えてしまうのでは、との仮説もありましたが、これもどこまで信じていいかわからないです。

本コーナーで何度か書いていますが、インド系米国人の専門家、プールニマ・ワグ氏は、18人でチームを組み、世の中に出回っているおそらくすべてのメーカーの似非ワクチンを手に入れ、2305本の成分を分析し、その結果を動画などで発表しています。

私は要点だけを述べたごく短い動画を見ただけですが、ワグ氏によれば、mRNAであることを謳いながら、分析したワクチンのバイアルからは、mRNAは見つからなかったことを述べています。

これは実に衝撃的な話です。

これが事実であれば、それまでに懐疑的な考えから似非ワクチンを疑っていた世界的に有名な専門家がいっていたような警告が、根本から覆ってしまう可能性があるからです。

似非ワクチンを疑う専門家であっても、そのほとんどは、それが何らかのワクチンであることを前提にしています。

鹿先生にしても、専門用語を多用して話す内容は、それが何らかのワクチンであることを前提にしています。それだから、接種後一定期間は何らかの効果があり、それが切れる前に次の接種を、と15日の動画でも訴えています。

mRNAが含まれていないことを、自分たちの目で確認したワグ氏は、酸化グラフェンやジャンクのような重金属が似非ワクチンの主成分だと述べています。

彼女の短い動画でわかることはその程度です。もっと長く話す動画があるのであれば、それを見て、彼女の成分の話を詳しく窺ってみたいです。

今年に入って日本でPCR新規陽性者数が増大した理由は、ただ単に、無意味な検査数を増やしたからだ、と私は単純に考えています。

意味がないばかりか、危険でしかない似非ワクチンの在庫を抱えた日本政府は、その処理に困り、国民の生命を危険に晒すのもお構いなしに、接種を急がせるため、無意味なPCR検査数を増大させました。

そのために、国民の血税を対策費に振り向け、検査を行う民間などの検査所に補助費用を投入し、国民には無料で検査を受けられる態勢を作りました。

国民の中にも、それを悪用する者が現れました。保険会社が新コロ保険を作り、もしも感染(=単なる新規陽性者)すれば、保険金を支払うサービスを始めると、保険金目当てで検査を受ける人が現れました。

どちらもあさましい話で、軽蔑します。

検査所によっては、無料の検査を受けた人に数百円のポイントを出すところまで現れ、数百円に引かれて検査をする者もいたでしょう。

これでは一体、何のための対策かわかったものではありません。

それやこれやで、意味のない数字が積み重なり、日本で感染者(~単なるPCR新規陽性者)がこれまでにないほど増え、世界一感染者の多い国になってしまいました。

こうなりますと、馬鹿々々しすぎて、笑う気にもなりません。

危険な似非ワクチンの在庫を始末するため、税金を使ってPCR検査を勧めている一方で、後期高齢者の医療費の負担増がこの10月から始まります。

本日の日経新聞に出ていましたが、医療機関の窓口で今は原則1割の負担となっていますが、この10月以降は、一定の所得がある人は2割負担になります。

今の政府は、国民を苦しめるためにはほぼ無尽蔵に税金を投入する一方で、国民にはかかる負担を増大させることをしています。こんな今の政治体制をいつまで信じているのですか。

鹿先生の話に戻します。

今年に入って日本での新規陽性者が増えた原因について、彼は動画で話していないでしょう。PCR検査の数が増えただけの理由だ、とは。

こんな風に彼の頭の中を見ていきますと、根本的なところから間違っているというよりほかないです。

新コロウイルスの存在を信じ、そのためのワクチンであることを信じ、高齢者は間隔を開けずに接種しなければならないことを信じ、動画の中で専門家として話しています。

未だに彼のいうことを疑えない人は、有り難がって動画を見ています。それでは、危険な似非ワクチンの有効性を信じている人と変わりないです。

鹿先生は毎日のように動画を配信していますが、彼の動画に新しい情報は含まれません。毎回、何らかのグラフを手に持ち、専門用語で見ている人を煙(けむ)に巻き、自分の承認欲求を満たしているだけです。

本当に似非ワクチンを疑うのであれば、ワグ氏らのように、似非ワクチンのバイアルを手に入れて成分を分析してみたらどうですか。

それとは別に、患者が彼の医院を訪問するのでしょうから、その人の了解を得て、接種した人の血液を採取させてもらい、彼自身の目で、どのような状態であるか確認することもできるはずです。

それを動画にして話してくれたら、私も喜んで見させてもらいます。

今のように、新しい情報は皆無で、何らかのグラフを示しながら、彼が思いこんでいる話を聴かされるのは御免です。

それにしても、高齢者に化学兵器を定期的に接種しろというのは、似非ワクチン推進派と一緒ではありませんか。

そんな彼を、鹿先生と慕う人の気が知れません。

気になる投稿はありますか?

  • パンデミック条約反対は隠れ蓑パンデミック条約反対は隠れ蓑 昨日、ネットの動画共有サイト「ニコニコ動画」で次の動画に気がつき、面白いと思って本サイトで紹介しました。 コロナワクチンを否定する参政党の本当の目的と支持する有名人3人の謎について。 これは、動く映像はなく、実質的には配信者の語りを収録した音声ファイルです。語られていることの多くに私は頷くことができました。 今月13日、東京・池袋で1万9千人規模の […]
  • レプリコン何とかは、より深刻な真相を覆い隠す煙幕かもレプリコン何とかは、より深刻な真相を覆い隠す煙幕かも 本日は一月三日。まだ正月の三が日で、世の中は正月モードでしょう。 私は元々、正月だからといって特別なことはしません。他の日と変わらず、淡々と過ごしています。しかし、新コロ騒動が始まった2020年以降は、淡々とした気分にはなれません。 元日の午後に大地震に見舞われた北陸地方の方々は、正月気分どころではないでしょう。その北陸の方々も含め、今、世界の人々は大変な状況に […]
  • mRNAの代わりに危険な重金属が入っているmRNAワクチンmRNAの代わりに危険な重金属が入っているmRNAワクチン 新コロ騒動が始まって丸四年が過ぎようとしています。 私は騒動が始まった2020年の三月中には騒動の怪しさに気がつき、本コーナーでそれについて取り上げることを始めました。 https://indy-muti.com/9880 その頃のことを思い出すと、その怪しさに気がついて、ネットで声を挙げている人はごくごく少数であったと思います。 今、その怪しさ […]
  • 偶発的とすれば確率は1000億分の1偶発的とすれば確率は1000億分の1 本日、ネットの動画共有サイト「ニコニコ動画」に上がっていた次の動画を本サイトで紹介しました。 Covid-19ワクチンが殺人兵器でないのは統計的にあり得ない 本動画に出演されているおふたりは、本コーナーで二度取り上げたときと同じ人です。女性は、ニュージーランドでジャーナリストをされているリズ・ガン氏です。 https://indy-muti.co […]
  • S党の内紛騒ぎで私が考えたことS党の内紛騒ぎで私が考えたこと 昨日、ネットの動画共有サイトに上がっていた次の動画を見ました。 本動画で話をしているのは及川幸久氏です。私は及川氏の動画はよく見ており、本コーナーを含めた本サイトでは数多く紹介しています。 https://indy-muti.com/39113 本動画を見ることで知ることがありました。及川氏は幸福実現党の党員というばかりでなく、同党で何か役職に […]