ワクチン接種で感染しやすくなるは本当か?

本コーナーで繰り返し書いているように、私は新コロ騒動を疑う側の人間です。

新コロウイルスと呼ばれるウイルスですが、世界中の誰も存在の証明ができていないことを、徳島大学名誉教授の大橋眞氏のYouTube動画で知り、以来、大橋氏を信頼し、新コロウイルスの存在を信じないようになりました。

その後、新コロウイルスに限らず、今までウイルスとされたものが存在しない考え方があるのを知りました。

新コロ騒動を疑う専門家は、ネットを使ってご自分の考えを動画などにして発信されています。そんな専門家の中には、新コロウイルスのために作られたことにされているワクチン(似非ワクチン)を接種することで、より、新コロウイルスに感染しやすくなる、といった考えを述べられる人がいます。

近いところでは、北海道で医師をされて、彼に従う人には「鹿先生」と呼ばれる人が、ネットの動画共有サイトの「ニコニコ動画」に上げられた動画でも、そのことについて書かれた論文を例に語っています。

私は彼の動画を見ませんので、動画のタイトルとサムネールでその動画があるのに気がついただけです。動画の内容がタイトルに沿うものであるかはわかりません。

彼に限らず、同じような考えを持つ人がいます。

私も少し前までは、そのように考えられるのであれば、そういうこともあるのか、と考えなくもありませんでした。しかし今は、それは本当なのだろうか、と考え方が変わりつつあります。

「感染」することを前提に考えるということは、ウイルスの存在を信じるのとイコールです。ウイルスがあるからそれに「感染」することを想定するのでしょうから。

しかし、ウイルスが存在しないことを想定すれば、「感染」という概念が生まれません。

御用専門家やマスメディアが「感染」としているのは、インチキPCR検査で陽性になった人のことです。

このインチキ検査が、確か来年は有料になるということですので、金を出してまで検査する人が減れば、インチキ「感染」者数も増えようがないです。

何より、インチキPCR検査では何を診ているのかまったく不明です。基になる遺伝子配列自体が何の遺伝子配列であるかも不明です。こんな検査で陽性になったからといって、何の証明になるのでしょうか。

それはともかく、似非ワクチンを接種することで「感染」する人が増えると考える専門家のうち、似非ワクチンの内容物を自分で分析した人がどれほどいるでしょうか。

今回の似非ワクチンを製造し、流通させる製薬会社は、それによって何らかの悪影響が出ても自分たちに責任が及ばないようにしたうえで、似非ワクチンを分析することをしないことを条件に、その使用を認めています。

本騒動に疑いの目を持ちつつ、従順な専門家は、それがこれこれ、このように製造されたという説明文があれば、それを信じるのでしょう。

それが正しい説明であればいいですが、今回の似非ワクチンは、正しくないことが次々に明らかになっています。使われ始める頃は、95%だか96%だかの感染防止効果があるとされました。

ところが、のちにその効果がいわれなくなり、似非ワクチンの効果は、重症化予防に変更されました。

そんないい加減な話がありますか。

本騒動を疑う専門家であっても、メーカー側のいい分や、それに沿った論文を基に、物事の判断をしています。

似非ワクチンの仕組みにしても、メーカー側やそれを基にした論文を読み込み、ウイルスにどのように対応したものか、それぞれの専門分野から想定することをします。

しかし、一部でそれを指摘する専門家がいるように、ウイルスそのものが存在しないのであれば、それらはすべて意味をなくすのではありませんか?

ウイルスが存在しなければ、「感染」の概念がなくなることはすでに書きました。そうであれば、はじめから、似非ワクチンの存在理由がないことになります。

そして、また、似非ワクチンを接種するから「感染」しやすくなる、という思考自体が矛盾していることになります。

「感染」するウイルスが存在しないのに、似非ワクチンを接種することで「感染」しやすくなるというのは、何に「感染」することを想定しているのでしょうか。

他人が書いた文章や論文はひとまず脇へ置き、自分の眼で似非ワクチンの内容物を分析することをされたらどうでしょう。

24日の更新でも書いたように、スペインのリカルド・デルガド博士は、mRNAというワクチンの幻影に一年ほど遠回りさせられたあと、ご自分で似非ワクチンを分析され、mRNAが含まれていないことに気がつき、それを動画にして世界に配信されています。

謳われた成分がない代わりに、問題の内容物は、Bluetoothを介して、似非ワクチン接種者から何らかの信号をやり取りするためのナノルーターやナノアンテナが、酸化グラフェンによって作られるように設計されたものであることを暴露しています。

このような発見をし、暴露する専門家こそが、真の騒動追究者なのではありませんか?

自分では何もせず、ありそうなことが書かれた他人の論文を材料にして何かを語り、それを動画にするだけでは、ただの小遣い稼ぎをするだけと見られても仕方がありません。

それどころか、その裏に、真相を覆い隠す狙いがあるとすれば、新コロ騒動を疑う人の眼を真相から隠すことになり、騒動の悪玉に協力していることになります。

それでも、似非ワクチンの接種が「感染」拡大につながっていると考えるのであれば、その証拠を見せる必要があります。

この場合の「感染」が、何に感染するのかが重要です。ウイルスが存在しないのであれば、新コロウイルスというものはもちろん存在しません。

存在しないウイルスに「感染」することはなく、「感染」が拡大することも起こりようがありません。

似非ワクチンの接種によって何に「感染」し、それが拡大するのか、納得できる説明が必要です。

気になる投稿はありますか?

  • 50年間で最悪の超過死亡50年間で最悪の超過死亡 人は、おそらくは本能的に、自分を不安にするようなことからは眼をそむけたがる傾向を持ちます。 今、直視しなければならないことが世界中で進行中です。そのことや、それに関係することを、本コーナーで何度も取り上げています。 それは、世界的に超過死亡率が上昇していることです。しかも、少しの上昇ではなく、過去50年間で最悪のレベルです。 日本では元日に能登半島地震が発 […]
  • レプリコン何とかは、より深刻な真相を覆い隠す煙幕かもレプリコン何とかは、より深刻な真相を覆い隠す煙幕かも 本日は一月三日。まだ正月の三が日で、世の中は正月モードでしょう。 私は元々、正月だからといって特別なことはしません。他の日と変わらず、淡々と過ごしています。しかし、新コロ騒動が始まった2020年以降は、淡々とした気分にはなれません。 元日の午後に大地震に見舞われた北陸地方の方々は、正月気分どころではないでしょう。その北陸の方々も含め、今、世界の人々は大変 […]
  • mRNAの代わりに危険な重金属が入っているmRNAワクチンmRNAの代わりに危険な重金属が入っているmRNAワクチン 新コロ騒動が始まって丸四年が過ぎようとしています。 私は騒動が始まった2020年の三月中には騒動の怪しさに気がつき、本コーナーでそれについて取り上げることを始めました。 https://indy-muti.com/9880/ その頃のことを思い出すと、その怪しさに気がついて、ネットで声を挙げている人はごくごく少数であったと思います。 今、その怪し […]
  • 1.5倍の死亡増は高齢化だけが原因か?1.5倍の死亡増は高齢化だけが原因か? 今月十日の本コーナーで、今、都市部を中心に火葬場が、これまでなかったほどの大渋滞という異常事態について書きました。 https://indy-muti.com/48281/ 今回はその続編になります。 本日の地方紙一面に、「千葉市 火葬待ち』深刻」と見出しがついた記事が掲載されています。この見出しだけで説明がほとんど必要ないでしょう。 それでも、 […]
  • 偶発的とすれば確率は1000億分の1偶発的とすれば確率は1000億分の1 本日、ネットの動画共有サイト「ニコニコ動画」に上がっていた次の動画を本サイトで紹介しました。 Covid-19ワクチンが殺人兵器でないのは統計的にあり得ない 本動画に出演されているおふたりは、本コーナーで二度取り上げたときと同じ人です。女性は、ニュージーランドでジャーナリストをされているリズ・ガン氏です。 https://indy-muti.co […]