動画編集の今昔話

本サイト内で私の YouTube 動画を紹介する「私の YouTube」コーナーの更新をしました。今回加えた動画では、動画編集ソフトを使った特殊効果を設定する様子を紹介しています。

YouTube動画用サムネール

テレビの表現手段を大きく変えたのはビデオの登場です。それ以前の放送では、フィルムで撮影された映像が主に使われました。

スタジを使った番組は、ビデオで録画できないため、原則的に生放送でした。テレビ放送の草創期、ドラマが生放送された例もあると聞きます。

ニュースの取材には16ミリカメラ(16ミリフィルム)が使われました。

その頃、私は個人として動く映像に興味を持ちました。個人が唯一扱えた動画の表現手段は8ミリ映画でした。カメラと映写機を使い、動く絵を楽しみました。

8ミリでも編集作業をしました。今思い返すと、随分と原始的な編集です。撮影済みの8ミリフィルムを編集機にかけ、フィルムが巻かれたリールのハンドルを手で回し、薄ぼんやりした映像で確認しながら、フィルムをカットする箇所を見つけてはそこでフィルムを止めてカットし、テープでつなぐことなどをしただけです。

8ミリには、米国のコダックが作った方式の「スーパー8」と、日本の富士フィルム1社だけの「シングル8」の2方式がありました。私は凝った撮影ができそうに感じたシングル8を選びました。

それぞれでフィルムの材質が違い、スーパー8のフィルムは指でちぎることができます。また、薬品で溶けるそうで、編集では、「セメント方式」(← といったかな?)とかいうもので、一度溶かして張り合わせるというような話でした。私はスーパー8で編集したことがないので、実際のところはわかりません。

一方のシングル8は、カットしたフィルム同士を編集専用のセロハンテープのようなものでつなぎます。当時使った編集機は今も残してあります。

こんな編集環境ですから、凝った編集など望むべくもありません。

PCを使った動画編集では、フェードやオーバーラップがいとも簡単に実現できます。フェードというのは、映像が次第に明るくなったり暗くなったりする基本的な効果のことです。

また、オーバーラップは、前後の映像を徐々に重なり合うようにして、次のカットに映像を切り替える効果です。今はディゾルブといういい方がよく使われるでしょうか。

こんな簡単なことも8ミリでは編集段階で実現することができませんでした。それらの表現を狙う場合は、撮影するときにしておくしかありません。

昔の8ミリ映画を思い出すと、デジタルを使った今の動画編集はまるで夢のようです。私がPCを使い始めたのは1999年の5月ですが、早い段階で動画編集ソフトを使い始めた記憶があります。

はじめに使ったのはEDIUSという編集ソフトでした。

その後、今も使うVegasシリーズに乗り換え、昨年末にVegas Proの最新バージョンである18を購入し、今回の動画編集でもその編集ソフトを使っています。

ここまで書いたように、昔から映像には人一倍の興味を持ち、デジタルでの編集もしていますが、デジタルの時代になっても、私の編集は初心者のままでした。カットをつないだり、フェードやオーバーラップを使う程度で、デジタルならではという編集はしたことがありませんでした。

それが、昨年末にVegas Proの最新バージョンを手に入れたこともあって、特殊効果のやり方を少しは自分でも使えるようになりたいと考え、手始めにやってみたのが、今回動画にした「モーショントラッキング」というものです。

「モーショントラッキング」についての私個人の理解は、動画のある部分の動きを「追跡」する機能です。動画編集をしたことがない人は、こんな風に書いても、具体的にイメージするのが難しいでしょうか。

我が子の運動会を撮ったビデオがあれば、我が子が走るシーンにモーショントラッキングをかけることができます。走る我が子の姿を「追跡」させるイメージです。

このエフェクトは、トラッキングするマスクに別のエフェクトを適用して初めて効果をあげます。

私は、モーショントラッキングに「ピクチャ・イン・ピクチャ」を適用しました。具体的には、トラッキングする部分に、別の画像を張り合わせています。

私は、モーショントラッキングのやり方を自分で会得するためにしており、使用した素材は、たまたま手元にあったものです。ピクチャ・イン・ピクチャには、本コーナーでタイムラプス(低速度撮影)について書いたときに撮った静止画を使っています。

モーショントラッキングとピクチャ・イン・ピクチャのやり方は、ネットで調べ、自分でやってみることで覚えました。一度覚えてしまえば、次からは、自分が扱えるエフェクトのひとつになります。

どんなエフェクトであっても、これ見よがしに使うのではなく、必要なときにさり気なく使ってこそです。今後、それが使えそうな条件があれば、使っているのを気付かれないように採用することにしましょう。

時間があれば動画編集ソフトに接し、少しずつ”技”を増やしていこうと考えています。

また、使えるようになった”技”を身につけられたら、動画にして紹介することになるでしょう。

気になる投稿はありますか?

  • 気がかりがひとつ解消気がかりがひとつ解消 どんな人にも気がかりが事があり、それが解消されないあいだは、気持ちが落ち着かなかったりするでしょう。私にもそんな気がかりがありましたが、今日の午前、解消できました。今はスッキリした気分です。 私が今日の午前に解消できた気がかりは電話です。 それがいつから始まったかは確かな記憶がありません。大ざっぱにいえば、ここ数カ月、より細かくいえば、3カ月前後になるかもしれま […]
  • 50ミリのレンズが好き50ミリのレンズが好き カメラのレンズを購入しました。 新たに手に入れたのは、キヤノンのミラーレス一眼カメラ EOS RFマウント用レンズとして、おそらく最も安価な50ミリの単焦点レンズ"RF50mm F1.8 STM"です。 キヤノン : RF50mm F1.8 […]
  • 廉価版ズームレンズに良さ発見廉価版ズームレンズに良さ発見 キヤノンのミラーレス一眼カメラの廉価機、EOS RPを使い始めたのは今年の4月13日ですから、はや、4カ月が過ぎました。 キヤノン:EOS […]
  • 写真表現における撮影機材写真表現における撮影機材 ネットの「価格.com」を訪問することが増えています。 日常的に、何か欲しいものができると、価格を確認するため、同サイトを訪れます。以前から同サイトはよく利用しており、その中のカメラコーナーのクチコミ掲示板掲示板を毎日のようにチェックし、その中で見つけた面白いスレッドを紹介するコーナーを数年の間続けました。 私が向かう関心はそのときどきで変わり、昨年末は音楽配信 […]
  • キヤノンEOSカメラに戻るキヤノンEOSカメラに戻る 自分でも思いがけず、カメラを取り替えました。本更新をする私の膝の上には、今週の火曜日(13日)から使い始めたばかりのカメラが載っています。 そのカメラは、キヤノンのEOS RPです。 キヤノン:EOS […]