2000/07/11 アラーキーチックな写真

今日は写真の話題でも。

私は下手の横好きで自分で撮るのも好きですが、写真集を観るのも好きです。中でも、一時期ちょっとしたブームになったときの“アラーキー”こと荒木経惟の作品集は見まくりましたね。

よくアラーキーというと、「あ、あのエロ写真家」といった誤解をされている向きがありますが、実は、誤解が“正解”のエロ写真家です、、、(^.^;

ただ、写真というメディアに対する考え方は、群を抜いていると思います。

彼の作品集を何冊かご覧になればわかっていただけると思いますが、彼は、それまでのように、写真を一枚の完成作品としては扱っていないのが最大の特徴だと思います。彼は一冊の作品集の中に膨大な数の写真をこれでもかというほど詰め込み、なおかつ、それらすべてを故意にグチャグチャに混じり合わせています。彼にとっては、一冊の作品集が丸ごと“一枚の作品”でもある、かのようです。

私が勝手に考えるに、一番のポイントは、未完成である点だと思います。いつでも造りかけ。いつでも制作途中。とりあえず、です。

ごく普通の写真家であれば、膨大なフィルムの中から使えるカットだけを選びます。しかし、彼のある作品集では、撮ったまんまのフィルムをそのままの形で載せているものがありました。これまでだったら成立しなかった方法です。それもアラーキーにいわせれば、

「だって、アタシゃ天才だからさ。撮ったものがみんな傑作になっちゃうわけよ」となりそうですが。

確か、彼は学生の頃16ミリ映画も撮っていたそうですから、そういった影響もあるのかもしれません。でも、天才かぁ? そうですね、ある意味、間違いなく。

ところでアラーキーの話が出たついでに、もう一冊の写真集についても書いてみたいと思います。

作品集のタイトルは『部屋と下着』(小学館)。下着とついているからといって、アラーキー作ではありませんよ。アラーキーの場合は下着がない?(^.^; 宮下マキという女性写真家の作品集です。

私はまだそれを見ていないわけですが、書評によると、タイトルに下着とついている以上、やっぱり、下着姿の女性が出てくる写真集であることには変わりないようです。ただし、日常生活の中での下着姿。

その写真家の彼女は、「新幹線の窓から眺めた夜の東京の灯りからこの写真集の着想を得た」とのことです。それぞれの灯りの下には、それぞれの生活があり、そのことにある種の感慨を抱く、という人類共通の想いですね。

彼女は70人の女性の日常をファインダー越しに覗くことで、“そこにある日常”への共感を表現したかったのかもしれません。

それにしても、そこに載っている一枚の写真。なんと、日常感覚に溢れていることか(^.^;

若い女性の部屋は、ファンシーで二十四色のクレヨンがないと描けないような華やかさがある、といった類の甘~い幻想を木っ端みじんにしてくれるほどのインパクトを持っています。

女の子といえども、男と一緒。他人から見たらガラクタのような生活必需品の中で暮らしいるんだな、、、といった当たり前のことに改めて気づかせてくれます。

で、彼女の作品集のことをあれこれと考えていたら、やっぱりアラーキーの影響を色濃く反映していることに気づいてしまいました。

【荒木経惟作品展情報】東京・大塚のTaka Ishii Galleryで『写真私情主義』と題する作品展(7月15日まで)が開催中です。日頃「え? アラーキー? ちょっと、どぎついところがねぇ、、、」と二の足を踏み気味の方も、お暇でしたら覗いてみてはいかがでしょうか? もしかしたら、新しい発見があるかも、、、です。

気になる投稿はありますか?

  • 2006/10/30 『エルミタージュの幻想』本篇2006/10/30 『エルミタージュの幻想』本篇 本日は、前回の続きで、この土曜日に東京都美術館で見てきました映画『エルミタージュ幻想』について書いておきます。 この作品についての予備知識は、舞台がエルミタージュ美術館であること。もうひとつは、映画史上初の全編1カット撮影であることぐらいしかありません。 実をいって、私は見終えるまで、90分間が1カット撮影であるという謳い文句には半信半疑でした。 映像作品 […]
  • 2011/08/04 35ミリと85ミリのレンズの面白さ2011/08/04 35ミリと85ミリのレンズの面白さ 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新しています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはMP3方式にて紹介しています。再生箇 […]
  • 2009/05/30 スナップ術を木村伊兵衛に学ぶ?2009/05/30 スナップ術を木村伊兵衛に学ぶ? こんなことは今さら書くまでもないことですが、デジタル一眼レフカメラ(デジ一)の醍醐味は、レンズが交換できることです。ということは、交換できるレンズを数多く所有するほど醍醐味が拡がることになりましょうか(´・ω・`) 私が今現在所有するレンズは、デジ一のために揃えたレンズが単焦点の【50ミリ】、ズームレンズの【24~85ミリ】と【80~200ミリ】の3本です。これに加え […]
  • 安く本と戯れる師走安く本と戯れる師走 12月も中旬となり、今年も残すところ3週間です。仕事をしている人は、年末に向けて仕事が忙しくなったりするかもしれません。私はといえば、これといって、師走という感じがしません。 世の中には「年末商戦」というものがあります。Amazonの電子書籍、といいますか、その部門に書籍を提供する出版社の商戦なのかどうか、今月16日までの期間、該当する電子書籍に50%のポイント(1ポ […]
  • 油彩模写の加筆話油彩模写の加筆話 人間は生ある限り休む暇がありません。中には、「自分は何もしていない。暇で暇で死にそうだ」という人もいるかもしれません。私もそれに近い生き方をこれまでしてきましたが、そんな私でも一日たりとも、一時間たりとも、一分たりとも、一秒たりとも休むことなく生きています。 私を休ませないのは、私の頭部にあり、死ぬまで活動を止めない脳です。この脳というものは、常に活動をし、眠っている […]