2000/10/30 桶川ストーカー殺人事件

マスメディアは、組織や個人の責任を追及しますが、マスメディア自身が犯した問題の追及は誰がするのでしょうか?

昨日、ある“報道系”番組を見ました。『スクープ21』(テレビ朝日/日曜18:56~19:54)という番組です。

昨日の放送でメインに取り上げられたのは、昨年の10月に埼玉県桶川市で起こった「桶川ストーカー殺人事件」です。

私はこの事件にことさら関心はなかったため、事件のあらましやその後の報道についての知識はありません。しかし、断片的ではありますが、テレビのワイドショーをはじめ、一部の雑誌、新聞などで、被害者の女性に対しての名誉毀損的な報道がされていたことは記憶しています。

そのことにより、両親をはじめとする関係者は深く傷つき、外部との接触を断つような生活を強いられることとなったようです。そうした状況を打破するため、『スクープ21』(以前は『ザ・スクープ』という番組名でした)のキャスターを務める鳥越俊太郎氏は、家族との接触を試み始めたようです。以来1年あまり、両親はテレビカメラの前に素顔をさらし、思いの丈を述べるまでになりました。今回の番組の副題には「事件から1年・私たちは立ち上がる猪野詩織さんの両親の姿を見つめてきました」とあるほどです。

それはそれで良かった、とは私も思います。しかし、番組を見ながら、何とも釈然としない思いも一方にありました。

番組では、盛んに当時の警察の捜査のあり方を批判していました。もちろん、批判されるべき点は多々あったのも事実であろうと思います。しかし、どうしても私には、マスメディア自身の責任転嫁、論点のすり替えのように思えてならないのです。警察が犯した罪同様、マスメディア自身も責任を取るべき罪を犯していると思うからです。

先にも書きましたが、全てのマスメディアとはいいません。一部の心ないメディアが興味本位に彼女の私生活を暴き、肉親を傷つけているのです。だとするなら、警察を批判する一方、自身の報道のあり方をも強く批判すべきなのです。それをなかったことにして、批判の対象を警察にだけ向けさせているとしたら、視聴者をミスリードしていることになるでしょう。

同じようなことは、1997年に起こった神戸の小学生殺害事件(「神戸連続児童殺傷事件」)のあとにも感じました。あのときも、テレビのワイドショーをはじめとする一部マスメディアは、連日、「犯人の推理合戦」に終始していました。ところがいざ真犯人が逮捕されてみると、それまで“推理”されていた犯人像からはほど遠い犯人に、一般国民は唖然とさせられました。

結果、それらのマスメディアは総懺悔するのかと思いきや、呆れるくらいの論点すり替え作戦に出ました。「少年がなぜそのような残虐な犯罪を起こしてしまったのか?」という点に論点を移し、少年法や教育の問題へと国民の目を向けさせました。結局、マスメディアのいい加減さは最後の最後まで追及されることなく時は流れていったのです。

今後はネットの普及が急速に進むものと思います。それにつれ、それまでは受け手の側にいた一般国民自身が発信する側にも回れるようになります。そのとき、発信者である各人は、誰に惑わされることなく、自分の考え方を素直に発信すべきです。その結果、物事には多様な見方があるのだということに、気づいていくことでしょう。また、そうあって欲しいものです。

気になる投稿はありますか?

  • 栃木の少女監禁事件の報道が急に消滅栃木の少女監禁事件の報道が急に消滅 私はテレビのニュースはほとんど見ません。例外的に、本サイトの“天気コーナー”的「天気の話」を毎日更新するため、午後6時台の関東ローカルニュース「首都圏ネットワーク」を見るだけです。 民放のニュースやワイドショーの類いは、頼まれても見る気にはまったくなりません。 ですので、民放の主に夕方のニュースやワイドショーでどんな話題を取り上げているのかは、新聞のテレビ欄で確 […]
  • 2012/08/02 日本選手団の故意かもしれない退場誘導問題( ・`ω・´)2012/08/02 日本選手団の故意かもしれない退場誘導問題( ・`ω・´) ロンドン・オリンピックが始まってからというもの、国内の新聞、テレビはオリンピック一色に染まっています。 私はといいますと、本コーナーでも何度か書いていますように、この手の“バカ騒ぎ”には関心がありません。が、本コーナーの“天気コーナー”の更新の参考にするため、午後7時前に気象情報が放送されるNHK総合にチャンネルを合わせる習慣があります。 “みなさまのNHK”は […]
  • 濃淡のある虐待報道濃淡のある虐待報道 昨年、東京・目黒で起きた女児虐待事件(目黒女児虐待事件)について、15日、東京地裁で開かれた裁判員裁判で、父親である被告に懲役13年の判決が下されました。この事件については、検察の求刑があったあとに本サイトで取り上げていますが、求刑はこの種の事件では最も重い懲役18年でした。 https://indy-muti.com/5380/ 私は事件そのものよりも、こ […]
  • 2013/06/18 真相を覆い隠した「NHKスペシャル・尼崎事件」2013/06/18 真相を覆い隠した「NHKスペシャル・尼崎事件」 ネットが普及したことを一番苦々しく思っているのは誰でしょう? おそらくは、今まで情報発信を独占することができたマスメディアではなかろうかと私は考えます。ネットがない時代であれば、テレビや新聞が報じることを大方の人が信じ、それを疑ってかかる人は、「あんたはホントに疑い深い人だねぇ。アナウンサーがああいっているんだから、そうなんだろうよ。そんなに何から何まで疑っていたら、一緒に […]
  • 朝日新聞における男女不平等実例朝日新聞における男女不平等実例 人は、自分を棚に上げて偉そうなことをいいたがりがちです。もちろん、私にもそうした面が多分にあることは重々承知しています。 そんな私が、自分のことを棚に上げ、今月1日の朝日新聞で見つけた記事に批判を加えてみることにします。 その日の「耕論」というコーナーでは、「ビジネス英語の極意」と題し、三人の識者にこの事に関する持論を述べてもらっています。 朝日新聞:( […]