2000/10/30 桶川ストーカー殺人事件

マスメディアは、組織や個人の責任を追及しますが、マスメディア自身が犯した問題の追及は誰がするのでしょうか?

昨日、ある“報道系”番組を見ました。『スクープ21』(テレビ朝日/日曜18:56~19:54)という番組です。

昨日の放送でメインに取り上げられたのは、昨年の10月に埼玉県桶川市で起こった「桶川ストーカー殺人事件」です。

私はこの事件にことさら関心はなかったため、事件のあらましやその後の報道についての知識はありません。しかし、断片的ではありますが、テレビのワイドショーをはじめ、一部の雑誌、新聞などで、被害者の女性に対しての名誉毀損的な報道がされていたことは記憶しています。

そのことにより、両親をはじめとする関係者は深く傷つき、外部との接触を断つような生活を強いられることとなったようです。そうした状況を打破するため、『スクープ21』(以前は『ザ・スクープ』という番組名でした)のキャスターを務める鳥越俊太郎氏は、家族との接触を試み始めたようです。以来1年あまり、両親はテレビカメラの前に素顔をさらし、思いの丈を述べるまでになりました。今回の番組の副題には「事件から1年・私たちは立ち上がる猪野詩織さんの両親の姿を見つめてきました」とあるほどです。

それはそれで良かった、とは私も思います。しかし、番組を見ながら、何とも釈然としない思いも一方にありました。

番組では、盛んに当時の警察の捜査のあり方を批判していました。もちろん、批判されるべき点は多々あったのも事実であろうと思います。しかし、どうしても私には、マスメディア自身の責任転嫁、論点のすり替えのように思えてならないのです。警察が犯した罪同様、マスメディア自身も責任を取るべき罪を犯していると思うからです。

先にも書きましたが、全てのマスメディアとはいいません。一部の心ないメディアが興味本位に彼女の私生活を暴き、肉親を傷つけているのです。だとするなら、警察を批判する一方、自身の報道のあり方をも強く批判すべきなのです。それをなかったことにして、批判の対象を警察にだけ向けさせているとしたら、視聴者をミスリードしていることになるでしょう。

同じようなことは、1997年に起こった神戸の小学生殺害事件(「神戸連続児童殺傷事件」)のあとにも感じました。あのときも、テレビのワイドショーをはじめとする一部マスメディアは、連日、「犯人の推理合戦」に終始していました。ところがいざ真犯人が逮捕されてみると、それまで“推理”されていた犯人像からはほど遠い犯人に、一般国民は唖然とさせられました。

結果、それらのマスメディアは総懺悔するのかと思いきや、呆れるくらいの論点すり替え作戦に出ました。「少年がなぜそのような残虐な犯罪を起こしてしまったのか?」という点に論点を移し、少年法や教育の問題へと国民の目を向けさせました。結局、マスメディアのいい加減さは最後の最後まで追及されることなく時は流れていったのです。

今後はネットの普及が急速に進むものと思います。それにつれ、それまでは受け手の側にいた一般国民自身が発信する側にも回れるようになります。そのとき、発信者である各人は、誰に惑わされることなく、自分の考え方を素直に発信すべきです。その結果、物事には多様な見方があるのだということに、気づいていくことでしょう。また、そうあって欲しいものです。

気になる投稿はありますか?

  • 馬鹿なことは馬鹿なことだと指摘しよう馬鹿なことは馬鹿なことだと指摘しよう 出版大手のKADOKAWAが被害を被っている同社のサーバを攻撃し、身代金を要求する犯罪と、小林製薬が開発して販売する「紅麹」を使ったサプリメントで「健康被害」が出ているとされている問題は、まったく関連性のない犯罪であり問題です。 しかし、このふたつの事案には、共通する点があるように個人的には感じます。 本日の朝日新聞は、1面と2面を使い、サイバー攻撃を受けている […]
  • 紅麹つついて出るのは似非ワクチンの悪事紅麹つついて出るのは似非ワクチンの悪事 小林製薬が開発し販売する「紅麹サプリメント」を巡る騒動は謎めいています。 本日の新聞各紙はどれも同じように、同社の「紅麹サプリメント」に関連した死亡者数が76人の疑いがあることを報じています。 新聞の見出しや、私はテレビニュースはまったく見ませんが、テレビニュースでさわりだけ見た人は、同社のサプリメントを摂取した人が76人死亡したと勘違いしかねません。 朝 […]
  • 一方的に疑われ罰せられそうな紅麹サプリメント問題一方的に疑われ罰せられそうな紅麹サプリメント問題 小林製薬が製造・販売するサプリメント「紅麹コレステヘルプ」を服用して健康被害が出たとされている問題は、それが報道されて昨日で2週間となります。 本報道が始まった当初、私はその報道を見ても、そういうことが起こったんだといった程度の認識しか持ちませんでした。 その後、厚生労働省の職員らが同社の工場を立ち入り検査するなどの動きがあり、次第に注意深く報道を見るようになり […]
  • 争点ずらし者のお成りぃ~争点ずらし者のお成りぃ~ 世間を賑わす事件や事故が起こると、必ずといっていいほど、争点をぼやかす方向へマスメディアが誘導します。 私が思い出すのは、2005年4月25日に起きたJR福知山線脱線事故です。本事故の原因を、今では多くの人が、JR西日本の悪しき体質が引き起こしたと考えてはいませんか? 私は当初から、マスメディアによる誘導に不満を持っていました。 どの会社でもそれなりに問題 […]
  • 今のテレビ界を象徴する漫画家の死今のテレビ界を象徴する漫画家の死 漫画の神様といわれた手塚治虫(1928~1989)が、テレビアニメを嫌っていたことはご存知でしょうか? たしか、そういう態度であったと記憶しています。 日本のテレビアニメが手塚の「鉄腕アトム」で始まったことを思うと、逆のような気もするかもしれません。しかし、手塚はテレビアニメを嫌っていたのです。 理由は何となく理解できます。 日本のアニメの長寿番組に「サザ […]