PENTAX Qで得られる描写が好み

私は昔から写真撮影を趣味としています。

これを趣味とする人の中には、機材に凝る人がいます。そういう人は、カメラのボディやレンズを数多く所有したりします。

私はその点は意外とあっさりしています。これを趣味として始めた頃は、フィルムの一眼レフの時代でした。

私はヤシカ・コンタックス(ヤシコン)のカール・ツァイスのレンズに魅力を感じ、そのレンズを使うためのコンタックス RTSという一眼レフカメラを使い始めました。

ボディは、RTSの後継機であるRTS IIを追加した程度で、それ以外のボディや、他メーカーのカメラは使いませんでした。

ヤシカ・コンタックスRTSⅡボディ

また、カール・ツァイスのレンズは、いずれも単焦点レンズで、プラナーの50ミリ F1.4と85ミリ F1.4、ディスタゴンの38ミリ F2.8、テレテッサーの200ミリ F2.5の4本を所有しただけで、ほかのレンズは使っていません。

このシステムで、デジタル一眼レフカメラに移行するまで、撮影を愉しみました。

その一方、デジタルカメラを使い出したあとは、中古品が比較的簡単に手に入ることもあって、いくつかのメーカーの、マウントの異なるカメラをしばらく使っては、下取りに出し、別のカメラを使うようなことをしました。

今は、ソニーのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)のα7 IIに一年半ぶりぐらいに戻り、使っています。このα7 IIの専用レンズは、24-240ミリの10倍ズームレンズが1本のみです。

このα7 IIと並行する形で使っているカメラに、ペンタックス「リコーイメージング株式会社」)の”PENTAX Q”があります。

PENTAX Q 紹介ムービー

PENTAX Qは、レンズ交換式カメラではありますが、特別の存在とえいます。というのも、撮像素子のサイズが、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)並みの【1/2.3型】だからです。

Qを私が手に入れたのは、7年半前の2016年1月です。

使おうと思った動機は、Qの撮像素子サイズである【1/2.3型】が、8ミリ映画のフィルム1コマのサイズに近いことを知ったからです。

私は写真よりも前に、映像に興味を持ちました。今であれば、スマートフォンでも動画が撮影できますが、昔は、普通の個人が扱えるシネマカメラは8ミリ映画しかありませんでした。

私は安価な富士フイルムのフジカ Z450というカメラで、身の周りのものを撮影し、現像から上がってきたフィルムを映写機にかけて愉しんでいました。

その後、本格的なZC-1000という8ミリカメラを手に入れましたが、私にとってはZ450の方が、身近だった分、思い入れのあるカメラでした。

ZC-1000は、8ミリカメラとしては珍しいレンズ交換式でした。メーカーが用意したのは、10倍ズームレンズと広角の単焦点レンズの2本で、その2本は今も手元にあります。

その2本のレンズをデジタルカメラで使ってみたいと考え、PENTAX Qを手に入れたのです。

ZC-1000用のレンズがQでうまく使えないこともあって、熱が冷めたように、使わない時期がありました。そのQを、最近はよく使っています。

Qにつけているのは”PENTAX-01 STANDARD PRIME”という単焦点レンズで、35ミリフルサイズ換算で、私が最も好きな50ミリに近い焦点距離になります。

カメラもレンズも非常に小さいため、気軽に持ち出して使うことができます。ファインダーがないため、背面の液晶モニタが頼りですが、割り切って使っています。

PENTAX Qに単焦点レンズの01 STANDARD PREIME

撮像素子がコンデジ並みですから、撮れる写真もそれと同程度になります。しかし、RAW画像で記録でき、撮影したあとに、明度色相彩度などの調整ができます。

このPENTAX Qを使っていて感心するのは、露出がわりと正確であることです。私はプログラムモード(Pモード)で撮っていますが、たとえば、Pモードで空に向けて撮影してみても、ほぼ正確な露出で撮影できます。

発色も良いように感じます。

PENTAX QとPENTAX-01 STANDARD PRIMEで撮った空(2023.8.7)

それはまるで、マニュアル露出の「感度分の〇〇」で撮影したかのような画像です。

そんなこともあって、ペンタックスの一眼レフカメラに興味を持っています。

他のメーカーはミラーレスへ移行していますが、ペンタックスは独自の考えを持つようで、レンズ交換式カメラは一眼レフカメラのみで、ミラーレスのカメラはありません。

唯一の例外が、私が愛用しているPENTAX Qになります。

余裕ができたら、ペンタックスのデジタル一眼レフカメラを使ってみたいです。

気になる投稿はありますか?

  • ステレオグラムの効果ステレオグラムの効果 どんなものでも酷使すると、何らかの障害を引き起こします。私は最近それを経験しました。 私の「障害」が起きた部位は眼です。 私の母は私が幼い頃から眼病を患い、私が小学生のとき、片方の眼球を摘出し、義眼を入れる手術を受けました。その後、残ったほうの眼も光が失われ、私が中学生のときに全盲になりました。 私の家族は両親と姉の四人でした。今は私以外の家族は亡くなりま […]
  • 〇が落ちてきた夢〇が落ちてきた夢 夢は、よく見る人とまったく見ない人に分かれるのでしょうか。 小説家の村上春樹(1949~)は、エッセイで自分について、夢をほとんど見ないと書きます。また、彼が一人称で書く作品の主人公も夢を見ない場合が多いです。 私はよく夢を見るたちにできているようです。 昨日の朝に目覚めたときにも直前まで夢を見ていました。朝といっても、私の場合は、普通の人と時間が3時間ほ […]
  • 井上ひさしの講演をオーディオブックで堪能井上ひさしの講演をオーディオブックで堪能 5月に替わるタイミングで、AmazonのサービスであるAudible(オーディブル)を使い始めたことは本コーナーで書いたばかりです。 https://indy-muti.com/51575 その投稿で、村上春樹(1949~)のオーディオブックを最初に利用したように書きましたが、実はその前に、松本清張(1909~1992)の作品を耳で楽しみました。 私が […]
  • NDフィルターの効果実感NDフィルターの効果実感 思いつきでやったことが、ある気づきを得るきっかけになったりすることがあります。 昨日の関東南部の当地は、ハッキリとした曇りのち晴れの天気となりました。晴れてきたのは昼を過ぎた頃からです。夕方には気持ちよく晴れ、強い陽射しが照り付けました。 その夕方の時間、愛猫が庭にいたこともあり、カメラを持って外へ出て、猫や周りの木々や草花などを写真に収めることをしました。 […]
  • ADコンバータ―の違いADコンバータ―の違い 私は映像と共に録音機器にも昔から強い関心を持っています。 そのため昔から、必要もないのに、4トラックで録音できるオープンリールのオーディオレコーダーを購入したりしました。 オーディオ機器もデジタル機器が主流となった今は、ZOOMの機器で、32bit floatで録音できるフィールドレコーダーのF2と、マイクトラックレコーダーのM3 […]