Qを今また使い始める

少し前、長いこと使わずにあったカメラを、ひとつのきっかけで使い始めたことを本コーナーで書きました。

そのカメラは、キヤノンのデジタル一眼レフカメラのEOS 30Dです。

このEOS 30Dに続くように、もう一台、カメラの保管庫に長いこと「眠った」状態になっていたカメラを、今、再び使い始めました。

今回のカメラはミレーレス一眼カメラです。といいましても変わり種です。というのも、搭載されている撮像素子のサイズが、35ミリフルサイズでも、APS-Cサイズでも、マイクロフォーサーズでもない、【1/2.3】という、コンパクト・デジタルカメラ(コンデジ)の一部と同サイズだからです。

このように書くと、その方面を知り人は、私が使い出したミラーレスが、ペンタックス”PENTAX Q”であることに気がつかれるでしょう。

PENTAX Q 紹介ムービー

このPENTAX Qは、ちょうど7年前の2016年1月半ばに、中古で手に入れています。手に入れた一週間後に本コーナーで取り上げましたので、それを読んでいただくことで、なぜ私がQを使い始めたかわかってもらえると思います。

事あるごとに書いているように、私は昔から映像というものが好きです。ですから、ビデオカメラが登場する以前は、普通の個人が映像記録用として唯一扱えた8ミリ映画を趣味としていました。

8ミリフィルムはフィルムの幅が8ミリメートルで、その1コマのサイズが、Qの撮像素子サイズである【1/2.3】に近いことがQに私が関心を持つきっかけとなりました。

ブルース・リー主演『ドラゴンへの道』ハイライトの8ミリ映画版冒頭のフィルム画像

しかも、Qはレンズが交換できるため、8ミリ映画を趣味にした頃に使った富士フイルムのフジカZC-1000用のレンズがQで使えるのでは、と考えました。

ZC-1000という8ミリカメラは、ほぼ唯一といっていいほど、レンズが交換できる仕組みになっており、このカメラのレンズを2本持っているのです。

強い憧れからPENTAX Qを手に入れ、マウントアダプタを介して、ZC-1000用のレンズをQにつけてみることは実際にしました。しかし、結局思うようには撮影できず、その後、Q専用の単焦点レンズを手に入れ、しばらく使いました。

その後、その単焦点レンズを手放すなどし、Qを使うことから遠ざかりました。

そのQを、今再び使いたい気が急に起こり、そのために、Q用の単焦点レンズである“01 STANDARD PREIME”(シルバー)を手に入れました。

このレンズはもう製造されておらず、新品の在庫も確認できません。そこで、みつけた中古を購入しました。中古が入荷することも稀のようで、今は中古でも手に入れるのが難しくなっているレンズです。

このレンズは、焦点距離が8.5ミリで、Qに装着すると、35ミリフルサイズカメラで47ミリのレンズのように使えます。私は50ミリのレンズが好きで、それにほぼ近い焦点距離は、私の大きな喜びです。

今再びQを使い始めましたが、単焦点レンズをつけたボディが、掌に載る大きさです。おもちゃのカメラのように見えますが、金属できちんと作られたボディは、安っぽくありません。

PENTAX Qに単焦点レンズの01 STANDARD PREIME

写真撮影のほかに、私はQを動画撮影にも使おうと考えています。

今朝、庭で撮影した動画を下に埋め込んでおきます。撮ったままで、カラーコレクションなどは一切していません。

水の動き(2023.1.29)

この動画は、フルハイビジョンで、フレームレートは29.97fpsです。

久しぶりに使ったので、動画撮影のときのシャッター速度をどのような撮影モードで設定したのか忘れましたが、たしか、フレームレートの2倍の1/60秒で撮影したと思います。


確認すると、次の設定で撮影していました。

  • ISO感度:オート
  • シャッター速度:1/60秒固定
  • レンズF値:f/2.8固定

ちなみに、レンズの開放F値はf/1.9です。使っている単焦点れずにはNDフィルターが内蔵されていますので、光が強い時はそれを使うことで、おそらく、同じような設定で撮影できるのではないか、と考えています。それであれば、動画撮影でも、なかなか使えるカメラではないか、と考えています。


手振れ補正も効き、見苦しくない映像になっていると思います。

この程度の映像が撮れるのであれば、使い道は案外あるかもしれません。

ということで、久しぶりに使い出したPENTAX Qについて書きました。

気になる投稿はありますか?

  • ウグイスと+αの音ウグイスと+αの音 今年は春の訪れが遅くなりました。 甲子園球場でセンバツ大会(選抜高等学校野球大会)が行われた3月末は、季節外れの冷え込みとなり、甲子園で雪の舞う日までありました。暖冬の予報で、桜の開花も早まるかと思っていましたが、春を前に季節が足踏みし、開花時期も遅れました。 4月になると、季節の歩みの遅さを取り戻すように、気温が上がってきました。季節の移り変わりは平坦ではなく […]
  • 規則正しい鳥の鳴き声規則正しい鳥の鳴き声 今日は「春分の日」。まもなく東京で桜が開花し、春本番を感じるようになります。庭から鳥たちの鳴き声が聴こえる季節となりました。 私が撮る写真は身の周りの何でもないものがほとんどです。これは、音の収録対象にも通じます。 私は映像と共に音にも興味を持ちます。持っているといっても、どこか遠くへ出かけて音を収音することはありません。庭から鳥の鳴き声が聴こえてきたりすると、 […]
  • 消したいものはありますか?消したいものはありますか? 本日の早朝、ネットの動画共有サイトYouTubeの自分のチャンネルに動画を一本投稿しました。 今回の動画は、ショート動画です。 私はどんなことでもそうですが、思いつきで何かをしてしまいます。今回のショート動画も、昨日午後、それを作ってみようと思いつき、作りました。 きっかけは、過去の動画を確認したことです。私は昔から映像好きということもあり、本来はスチルを […]
  • 強い粘性の触感を味わう愉しみ強い粘性の触感を味わう愉しみ 昨日は、油絵具と接する時間を持ちました。どんなことでも、それに接する機会を多くするほど、得られることが多くなります。 直近まで描いた『自画像』が出来上がってしまい、今のところは、新しい絵を描いていない状態です。それでも、絵具に接する時間を持つため、年単位で手を入れている、レンブラント(1606~1669)作品の模写もどきをしています。 レンブラントは63歳まで生 […]
  • 簡単にLog撮影する方法簡単にLog撮影する方法 私は映像に興味を持つため、一度はそれから離れても、再び戻ることを繰り返します。 ミラーレス一眼カメラを使い、Logで動画を撮ることの「研究」を今またしています。 私が使うカメラは、ソニーのα7 IIです。レンズは純正の24~240ミリの10倍ズームレンズです。 ソニーのα7 IIにFE 24-240mm F3.5-6.3 α7 […]