Cine1ガンマと60iでお手軽動画撮影

昨年10月末、それ以前1年半使っていたキヤノンのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)のEOS RPから、その前に使っていたソニーのミラーレス、α7 IIに戻りました。

ソニーのα7 IIにFE 24-240mm F3.5-6.3

戻った理由は、一度は諦めたLog動画をまた撮ってみたくなったことです。

それから5カ月ほど経ち、ようやく落ち着きました。ただ、私の場合はすぐに考えが変わるところがあるため、すぐまた変わり、頭を悩まし始めるかもしれません。

それでも、とりあえず今は、ミラーレスで動画を撮るのであればこのモードで行こう、と考えが固まりました。

それは、α7 IIに戻る理由となったソニーのLogモード、S-Log2(α7 IIではS-Log3は使えません)ガンマではありません。私が落ち着いたのは、ソニーのピクチャープロファイルにあるPP5のCine1ガンマです。

決め手となったのは、S-Log2で苦労させられる最低ISO感度が、S-Log2のISO1600より3段低感度のISO200から使えることです。

3段低感度ということは、レンズから入る光量を1/8にできることになり、S-Log2で苦労させられるISO感度の問題が1/8になる(?)ような感覚です。

また、少し前からCine1ガンマを使い、そのあとに、また、S-Log2に戻ったりしました。このガンマを使い始めた頃は、Logほどではないものの、撮ったままでは使えず、動画編集ソフトで色編集が必須だと思っていました。

しかし、昨日の夕方近い時間にこのガンマで撮影した動画を確認すると、色編集をしなくても、そのまま使えることがわかりました。であれば、撮った動画を編集するだけで済み、作業が楽になります。

もっとも、私は動画を編集して作品にすることは稀ですので、作業自体がもともとそれほどないわけですが。

昨日からは、撮影時の設定も大幅にオートマチック化しました。

撮影フレームレートは、これまでこだわって使っていた、フィルムのシネマカメラに準じた24fpsを止め、60iに換えました。

数字のあとについている”i”は「インターレース」のことです。動画の記録方法には、ほかに”p”があり、これは「プログレッシブ」のことで、1フレームを一度に撮影します。

それに対するインターレースは、走査線を一列置きに撮影し、それを交互に繰り返すようなイメージです。それが60iの場合は、1秒間に60回繰り返す仕組みです。

それが60pの場合は、1秒間に60fps撮影します。それに比べれば、60iは情報量が半分になるものの、動きの激しい被写体の撮影には、60pの半分程度の能力を持つ(?)ことになりましょうか。

ただ、私がまだ完全に理解できていないことがあります。

動画の撮影においては、シャッターアングル(シャッター開角度)が重要になります。そのことについては本コーナーで何度か取り上げています。民生用のミラーレスには、シャッター開角度を調節する機能は基本的についていません。

その代用として、写真を撮影するときに使うシャッターの速度を使います。基本的には、フレームレートの2倍程度が最適な速度となります。

私がわからないのは、60iで撮影するときの適切なシャッター速度です。60pであれば、2倍した1/125秒で良いことがわかります。60iは2回の撮影で60pの1回分になります。

ということは、結果的に得られるの撮影枚数は、30pで撮影した動画と同じことになるのでしょうか。そうであれば、30fpsを2倍した1/60秒が最適なシャッター速度になります。

その一方で、半分の情報量であっても、1秒間に60fps撮影しているのだから、シャッター速度を1/125秒が適性のように考えなくもありません。

そんなこともあり、露出モードはマニュアルにせず、すべてオートにして撮影してみました。ISO感度をオートにし、シャッター速度とF値もオートにしています。

測光モードは、マルチパターン測光や評価測光と呼ばれるモードを使っています。

昨日の午後5時前頃、庭に出て撮影しましたが、撮影しながら気になっていたシャッター速度を確認すると、そのときは1/60秒でした。

今日・昨日より1時間ほど早く同じ被写体にカメラを向けると、シャッター速度は1/125秒に自動で設定されました。

これがもしも、S-Log2で、24fpsの撮影であれば、1/50秒が基本ですので、それより2倍以上速いシャッター速度になり、シャッター開角度にたとえれば、通常は180度の開角度のところ、45度の狭い角度で撮影するのに相当することになってしまいます。

それとは別に、今日、我が家の愛猫・にゃんこおチビちゃんファミリーの”お母ちゃん”こと元祖おチビちゃん(=^ω^=)が毛づくろいする様子を上に書いた設定で撮影してみました。

Cine1ガンマと60iで撮影した愛猫の毛づくろい

露出モードはオートで、シャッター速度は1/60秒、F値はf/5.6に設定されていることが確認できました。

いわゆる撮って出しで、色編集は一切していません。また、ホワイトバランス(WB)もオートホワイトバランス(AWB)です。私は、ソニーの色味(私が使うα7 II以外の色味はわかりませんが)が好きです。

撮影した動画を動画編集ソフトで確認してみましたが、私が見る限り、滑らかな動きに見えます。厳密に確認したわけではないので、問題があってもそれに気がついていないだけ(?)かもしれません。

S-Log2を晴れた日の日中に使う場合は、レンズから入る光量を下げるため、レンズにNDフィルターをつけなければなりません。私が持っているNDフィルターは、それを使うことで、どうしても色味の影響が出てしまいます。

そういうこともあって、NDフィルターなしで動画を撮れるCine1ガンマを使おうと考えたのです。これであれば、すでに書いたように、最低ISO感度がISO200と低いため、NDフィルターなしで撮影できます。

撮影と編集が楽になるCine1ガンマに、今のところ、私は満足しています。今度、いろいろな被写体を撮ってみて、今の設定で何か問題が見つかれば、そのときは変更し、本コーナーで取り上げることにします。

気になる投稿はありますか?

  • ステレオグラムの効果ステレオグラムの効果 どんなものでも酷使すると、何らかの障害を引き起こします。私は最近それを経験しました。 私の「障害」が起きた部位は眼です。 私の母は私が幼い頃から眼病を患い、私が小学生のとき、片方の眼球を摘出し、義眼を入れる手術を受けました。その後、残ったほうの眼も光が失われ、私が中学生のときに全盲になりました。 私の家族は両親と姉の四人でした。今は私以外の家族は亡くなりま […]
  • 〇が落ちてきた夢〇が落ちてきた夢 夢は、よく見る人とまったく見ない人に分かれるのでしょうか。 小説家の村上春樹(1949~)は、エッセイで自分について、夢をほとんど見ないと書きます。また、彼が一人称で書く作品の主人公も夢を見ない場合が多いです。 私はよく夢を見るたちにできているようです。 昨日の朝に目覚めたときにも直前まで夢を見ていました。朝といっても、私の場合は、普通の人と時間が3時間ほ […]
  • 井上ひさしの講演をオーディオブックで堪能井上ひさしの講演をオーディオブックで堪能 5月に替わるタイミングで、AmazonのサービスであるAudible(オーディブル)を使い始めたことは本コーナーで書いたばかりです。 https://indy-muti.com/51575 その投稿で、村上春樹(1949~)のオーディオブックを最初に利用したように書きましたが、実はその前に、松本清張(1909~1992)の作品を耳で楽しみました。 私が […]
  • NDフィルターの効果実感NDフィルターの効果実感 思いつきでやったことが、ある気づきを得るきっかけになったりすることがあります。 昨日の関東南部の当地は、ハッキリとした曇りのち晴れの天気となりました。晴れてきたのは昼を過ぎた頃からです。夕方には気持ちよく晴れ、強い陽射しが照り付けました。 その夕方の時間、愛猫が庭にいたこともあり、カメラを持って外へ出て、猫や周りの木々や草花などを写真に収めることをしました。 […]
  • ADコンバータ―の違いADコンバータ―の違い 私は映像と共に録音機器にも昔から強い関心を持っています。 そのため昔から、必要もないのに、4トラックで録音できるオープンリールのオーディオレコーダーを購入したりしました。 オーディオ機器もデジタル機器が主流となった今は、ZOOMの機器で、32bit floatで録音できるフィールドレコーダーのF2と、マイクトラックレコーダーのM3 […]