新コロ対応でも日本は世界のガラパゴス

朝日新聞で「社説」を書く人は、社の中で経験豊富な人だと思います。そんな人が今日の「社説」で、問題の基本も理解せずに書いています。見出しは「保健所の苦境 目詰まり見つけ支援を」です。

新コロ騒動により、「最前線に立つ保健所は多忙を極めている」と書いています。「社説」に添えられた写真を見ますと、医療には詳しくない人達が電話対応に当たっているように見えますね。実際のところはわかりませんが。

本騒動が起きる前、風邪気味の人で保健所に相談する人はいませんでした。相談したところで、専門的なアドバイスが得られないであろうことを知っているからです。専門の治療を受けたい人は、直接、かかりつけの医院や病院へ行きました。

私自身の考えは、毎度書いています。新コロとされたウイルスの存在は信じていません。未だにそのウイルスの存在を証明した例はひとつもありません。基のウイルスが存在しないのですから、マスメディアが、人々に恐怖心を植え付けるためか、次々繰り出すアルファだのデルタだのミューだのの変異株は生じようがないことになります。

ないものをあるように人々に錯覚させるのがポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査です。この検査がいい加減なものであることは、本コーナーで飽きるほど書きました。

本騒動が始まった頃からおかしさを指摘されている徳島大学名誉教授の大橋眞氏は、「検査」などというからもっともらしく思われる。出た結果に意味はないのだから、「PCRおみくじ」といえばいい、とおっしゃっています。

大橋氏は、ご自身のYouTubeのチャンネルで問題を指摘する動画を配信されていますが、騒動を操る側のGoogleが大橋氏の動画配信を邪悪な手段で妨害しています。このところ、大橋氏の動画配信が少なく感じていますが、今はチャンネルの存続そのものが脅かされたため、近々、セカンドチャンネルからの配信に移行されるお考えのようです。


その後、大橋氏は「ニコニコ動画」版の「学びラウンジ」を始められました。


ともあれ、私は新コロウイルスの存在も、それを証明するかのように信じ込ませるのに悪用されているPCR検査も信じません。ですので、たとえば発熱するようなことになっても、新コロウイルスに感染したかもしれない、と疑うことはないでしょう。

幸いなことに、騒動が始まって1年半以上、発熱することは一度もありません。

何回か前の更新で、沖縄で歯科医をされている「まーてる先生」こと宮城氏が動画で話されていることを紹介しました。人間の体は、異物が体内に入ったとき、それを体外へ排除するために発熱すると話されています。

そんな話をYouTube動画で話されていたまーてる先生ですが、ここ1週間ほど、新しい動画の配信が止まっています。まーてる先生は動画配信に積極的で、日に何度も配信されたりしていたのにです。

配信を待つ人の不安を解くように、ご自身の文字による報告がありました。今は、微熱が続き、咳が止まらない状態にあるとのことです。

配信中断の前の動画で発熱について話されたわけですが、それよると、まーてる先生の医院で働く女性スタッフ2人が発熱を繰り返していると話されています。もしかしたらですが、そのスタッフか、あるいは別のルートで、なんらかの症状を起こすものがまーてる先生に伝染した(?)のかもしれません。

まーてる先生は、体内に入った異物が発熱の素といっていました。ということは、身の周りの人からの何らかの異物が、まーてる先生の体内に入り、それを体外へ排出するため、発熱や咳の症状が続いているといえましょうか。正確なところはまったくわかりませんけれど。

私は、朝日新聞に毎日載る新コロウイルスの感染者(※本当のところは、「感染者」ではなく、「PCR陽性者」)数と重症者数、死者数、ワクチン接種者数などをチェックしています。

本日の紙面にあるデータを見ますと、入院・治療中の人は全国で20万129人で、新規の退院者数は4333人です。現時点の重症者数は2223人で、前回より2人増となっています。全国で前回より2人増えただけですから、激増というわけではありません。

それにしても、一時期に比べ、重症者の数が増えたように感じます。数カ月前は、全国で500人足らずだったと記憶しています。それに比べれば4倍強の数です。

重症者の定義が、人工呼吸器を必要とするような人であれば、息苦しさを訴える症状にあるということでしょう。

理由もわからずに、息苦しくなれば、「もしかしたら新コロウイルスに感染したのでは?」と不安になる人もいるでしょう。

新コロ騒動がなかった頃に同じような症状が起これば、自分で医院や病院へ行き、医師に原因を探ってもらいました。人が息苦しくなる原因にも、いろいろあるでしょう。

それが、新コロ騒動が始まってからは、数ある原因から新コロウイルス感染がいの一番に疑われ、その人が医院や病院へ行って、それらしき症状を訴えると、何はさておき、PCR検査をされ、陽性か陰性かの確認がされるのかもしれません。

個人経営の医院は、「発熱患者お断り」の張り紙を入り口に貼り、それが従来の風邪によるものであっても、まったく対応してくれないそうです。

PCR検査を受け、凶のくじを引いてしまったように、PCRが陽性に出れば、その後の対応は保健所に委ねられます。医院や病院の医師は、来院した患者を直接治療することができなくなります。

息苦しさを訴える人は、医院や病院から去り、保健所の指示を待つことになります。

今は、以前のように、病院や施設に一定期間滞在する代わりに、自宅に籠ることもできるようになった(?)のでしょう。しかし、自宅にいるだけでは、治療が何も受けられません。

その間にも病状が進めば、当人の不安は増すばかりです。運悪く症状が悪化し、保健所に問い合わせても、なかなかつながらなかったり、的確な対応をしてもらえないこともあるのかもしれません。その結果として、直近のデータに現れる重症者数2223人であるのであれば、医師の治療を受けたくても受けられない人がこれだけいることになります。

本日の朝日新聞「社説」はその問題を取り上げているはずですが、それが起こる原因について何も書いていません。

それを起こす最大の理由は、対応に当たる保健所の人員が不足しているから、ではありません。新コロウイルスを、指定感染症の分類で、2類のSARSMERSよりも重い、1.5類に指定していることです。

この問題については、異なる意見を持つ専門家がいます。兵庫県尼崎市で開業医をされている長尾和宏氏(1958~)や、東京慈恵会医科大学の医師・大木隆生氏(1962~)がその代表例といえます。彼らは、騒動の早い段階から、指定感染症の分類をインフルエンザと同じ5類にするか、少なくとも、今の分類より下げるべきと提言されています。

【大木提言#6|series1】「2類感染症指定」という足かせ

新コロウイルスを指定感染症で1.5類という死の病扱いをしているのは世界で日本だけだ、と大木氏が話されています。

死の病にしては、新コロウイルスによる日本の総死者数は、4日午後9時現在で1万6329人です。しかも、私の認識では、新コロウイルスは存在しないと考えますので、別の病気や事故で亡くなりながら、PCRおみくじで凶にあたる陽性になったばかりに、新コロウイルスによる死者にカウントされた人の総数と考えます。

しかも、新コロウイルスに陽性になった人の半分程度、あるいはそれ以上が、日本で暮らしたり、治療を受けるために来日した外国人である可能性が低くありません。

世界で日本だけが、新コロウイルスをただならぬ感染症と恐れ、それだから、大木氏が動画で「宇宙服」と表現されるような物々しい重装備で救急隊員が指定病院へ搬送し、対応する医療関係者も、死の病原菌に汚染した人に対するような対応を採ることが起きています。

指定感染分類1.5類の新コロウイルスの陽性になった人の治療は専門の病床でしかできないされ、それだから、世界一の病床数を持つ日本でありながら、医療が逼迫している、と御用専門家やマスメディアが騒ぎ、その原因を為政者や政治家のせいにすることが起きています。

日本の野党も馬鹿ぞろいですから、問題の本質が見えていません。政府がそのような対応しか採れないのは、専門家を気取る日本医師会が、指定感染症の分類を5類に下げさせないよう、政府に強い圧力をかけている結果です。自民党の支持母体のひとつが医療業界でもありますしね。

【ノーカット】「現時点で宣言解除難しい」日本医師会 会見(2021年9月1日)

病院や医院が新コロウイルスの陽性者を診ることができる病床を新たに作ると、1病床あたり1950万円の補助金が入る仕組みになっています。

これを悪用したのが、新コロ対応で政府に助言をする分科会で会長をする尾身茂氏(1949~)です。彼は、権力志向の強い人間で、本騒動を操る世界保健機関(WHO)でそれなりの地位を得ることを狙った履歴があります。

この尾身氏が理事長をするのが「地域医療機能推進機構(JCHO)」ですが、この機構には、国から132億円の補助金が入り、機構の病院はそれぞに新コロウイルス対応の病床を備えたはずです。

ところが、国から取れるだけの金を取り、それなりの設備を整えておきながら、新コロウイルスの患者を積極的に受け入れていない実態が暴かれつつあります。

東京都内の例を見ると、傘下の病院が5院あり、専門病床は183床あるといいます。ところが、尾身氏が「東京で病床が逼迫している」と危機感を煽りつつ、自分が理事長をする機構の都内の関係病院では、8月29日時点で30%が空いたままで、活用されていないことがわかったと記事にあります。

これはこれとして、指定感染症の分類を世界標準であるインフルエンザ並みにすれば、すぐにも医療逼迫の恐れは雲散霧消します。

インフルエンザに感染したことを心配した人は、医院や病院へ直接行き、その場で医師の診断を受け、的確な医療をその日から受けられます。これであれば、何も不安なことはなく、軽症で、改善に向かうでしょう。仮に病状が悪くなった場合も、すべての医院や病院へ入院することができ、治るまで診てもらえます。

患者と医療機関の間に保健所が入らなくなり、保健所の職員が「苦境」に立たされることはその日のうちに解消されます。

こんな簡単な理屈が、今日の朝日新聞で「社説」を書いた人にどうしてわからないのでしょう。素人の私もすぐに思いつくことをです。

政府が5類に反対しているわけではありません。政府に助言をする尾身氏や日本医師会が、1.5類から5類にすることに強く抵抗しているのです。理由は、彼らにとっては、1.5類にしておくほうが、金が儲かるからです。患者を受け入れなくても、専用病床を作るだけで、1床あたり国から1950万円の補助金が入るのですから、これ以上おいしい話はありません。

それを悪用した尾身氏が理事長をするJCHOは、国から132億円を分捕ったというわけです。

尾身氏の補助金ぼったくりの報道が出ると、すぐさま、マスメディアは火消しに走りました。悪知恵に長けた電通などの発案かもしれませんが、尾身氏が「ねえねえ尾身さん」の文字を入れたTシャツを作ったことや、尾身氏がインスタを開設すると、たちまち20万超のフォロワーがついた、などと報じています。

マスメディアの多くが同じ報道を一斉にしたことで、いかに彼らが、尾身氏の補助金ぼったくりの報道に神経質になっているかが裏付けられた形となりました。尾身氏を「いい人」扱いしようとしても、補助金132億円をぼったくった事実は消えません。

しかも、巨額の補助金を得ながら、それが十分に活用されていないのですから、尾身氏の罪は二重に重くなります。化けの皮がはがれた以上、尾身氏が今の立場に居続けるのは難しいのではないでしょうか。権力志向の強い人間が、「いい人」であるわけがないです。

途中で書いた、このところの重症者数の増加は気になります。

専門家は、新コロウイルスに感染しても、ワクチンを接種すれば重症化が防げると話しています。私はそれを信じていませんが、専門家のいうとおりであるとすれば、ワクチン接種が進むのと比例するように重症者が増えている理由を示すべきです。

日本より早くワクチン接種が始まった先行国の例を見れば、新コロウイルスの新規感染者の数が急増しています。

ワクチン推奨者は、感染予防には効果がないことが数字として表れたので、その効果を、感染予防から重症化阻止に替えたのでしょうが、日本では、新規感染者と重症になる人がどちらも増えています。

素人の私が無責任に理由を推測すれば、ワクチン接種が新規感染者と重症者を生んでいるようにしか思えません。

今回のワクチンは、内容物がまだ明らかになっていません。ワクチンと称する注射溶液の中に、人体に有毒な添加物が含まれているとすれば、それは人体にとっては異物となり、よろしくない症状を引き起こしましょう。

先月末、日本で使われているワクチンに異物が混入していたことが報じられました。そのタイミングで、30歳と38歳の男性2人が相次いで亡くなることが起き、騒ぎとなりました。

異物混入の報道と2人死亡の時期が重なったため、異物が2人を死亡させたように受け取った人もいたかもしれません。私は、異物の混入と、2人死亡の関係性は別と考えます。

この報道の記事に添えられた数多くのコメントに目を通しました。すると、異物混入報道の前から、身近な人がワクチン接種後に亡くなったと書いたコメントが目につきました。20代や30代で亡くなった人もいるようです。

異物混入以前に、ワクチンそのものの信用性を私は強く疑っています。

そもそもが、存在しないかもしれないウイルスのために作られたとされるワクチンが、私には無用の長物でしかありません。どうして、ありもしないウイルスのためのワクチンなど接種する必要があるのでしょう。私には到底理解ができません。

朝日の本日分「社説」に戻ると、次のように書く部分があります。

政府はいま、緊急事態宣言の発出や解除の目安となる指標を見直すことを検討している。新規感染者の数よりも、病床使用率など医療提供体制を示すデータを重視する方向で調整中と伝えられる。保健所を取り巻く状況もそこに取り込む方向で議論を深めてほしい。

いいですか。騒動が始まってからのマスメディアは、「新規感染者の数」を報道し続け、「感染者がこんなにも増えている。大変だ」と煽り続けてきました。日本の野党はその報道を利用し、「感染増が止まらないのは政府の責任だ」と追及し続けてきました。

専門家やマスメディアがいう「感染者」は、「PCR陽性者」でしかありません。また、ひとりの陽性者が出ると、「濃厚接触者」とやらの理由で、周りの人間にPCR検査をし、まとまったPCR陽性者がでれば、「クラスター発生」などと未だに報道しています。

このことは、大橋眞氏がYouTube動画で話されていますが、未だに、新コロウイルスが本当にあるとしても、それが人から人に伝播する実験をしていないそうです。

検査を受けた人が元々持ち、それが体内にあっても何も問題を起こさない常在ウイルスや遺伝子ゲノムが、PCR検査にたまたま反応しただけと考えると、PCR検査の無意味さがわかるでしょう。

大橋氏はかつて配信した動画で、新コロ用PCR検査を、ミカンを使った手品に例えていました。

テーブルの上に、伏せたボウルが2つあります。ひとつのボウルを開けると、中にミカンがひとつ入っています。インチキ手品師が、「それではこのミカンを、もうひとつのボウルに移動させて見せます」といい、「エイ!」を掛け声を掛けます。

そうしておいて、もうひとつのボウルを開けると、あら不思議、中からミカンが現れます。そのインチキ手品を見る人は、ひとつのボウルからもうひとつのボウルに移動したように騙されます。

これが、今行われている新コロ用PCR検査です。

別々の人を検査にかけ、結果が陽性になれば、PCR陽性者にされます。しかし、ほとんどの人に症状はありません。それもそのはずです。その人が元々持つ常在ウイルスや遺伝子ゲノムがたまたま検査に反応にしたに過ぎないからです。

さきほどのインチキ手品師に、「ミカンが移動したあとのボウルを開けて見せてくれ」と頼んでも、決して見せてはくれません。移動したことになっているミカンが、ボウルの中にあるからです。

ミカンを2つ、それぞれのボウルに始めから入れておき、交互に空けて中のミカンを見せただけに過ぎません。ボウルからボウルに移動したわけではありません。

新コロ用PCR検査も、Aという人からBという人に、同じウイルスが伝播した証拠はありません。Aという人が元から持つPCR検査に反応する常在ウイルスなり遺伝子ゲノムがあり、Bという人にも、たまたま検査に反応するものがあることが、検査によってわかっただけの話です。

このことは多人数でも同じです。同じ施設にいる10人の人がPCR検査で同時期にPCR陽性になっても、1人や2人のウイルスが他の人に感染した証拠はありません。10人それぞれが持つ常在ウイルスなりが、検査に反応した結果に過ぎません。

この理屈がわかれば、クラスターが発生したわけではないことがわかります。

ワクチン接種が進む今は、別の懸念が浮上しています。

ワクチンと称する注入液の中に、人体に有害な物質が含まれている可能性です。

従来のワクチンは、弱毒化したウイルスをワクチンにして注射します。その結果、接種した人は、目的のウイルスに感染したことになり、その抗原のための抗体ができ、次に同じ抗原が入ってきたときは、そのための抗体が身を守ってくれます。

同じ効果を、新コロワクチンではmRNAという遺伝子を細胞に送り込むことで、抗体を作るとされています。

それであれば、非接種者は新コロに感染させられるようなものですから、接種者に新規のPCR陽性者が出るのは当然のことといえます。

私の考えでは、新コロとされたウイルスが、人々の生活空間には存在しないと考えます。その一方で、中国の武漢ウイルス研究所(上海P4ラボ)で人工的に作られた可能性は否定しません。その人工ウイルスが新コロワクチンの正体であるとすれば、ワクチン接種前は、生活空間に存在しなかった恐ろしいウイルスが、ワクチンの接種によって、直接私たちの体内に送り込まれている可能性があります。

これは、かつてのアフリカで起きたエボラ出血熱事件と同じ構図といえます。エボラ出血熱は、人から人に伝染したのではなく、そのためのワクチンによって発病したのです。

ある国の大統領がその犯罪的行為に気がつき、ワクチン接種をする赤十字社の人間たちを国外追放すると、発病する人は消えたそうです。

新コロワクチンは未だ治験中です。そのため、すべてのワクチンが同じ成分割合ではなく、ファイザー製ワクチンでは、4種類ほどが用意されているという話があります。4種類の内の1種類は、生理食塩水でしかないプラシーボともいわれています。

治験段階では、製薬会社は効果のデータを採るのを目的としますから、でたらめな見方ともいえません。

逆にいえば、ワクチンの非接種者のうち、確実に何割かの人は最も濃厚なワクチンの実験台にされることになり、人工の新コロウイルスに感染したのと同じ症状を発することになるでしょう。

その結果、急死する人や重篤な反応に悩まされる人も一定の割合で現れ、製薬会社はそれらの人のデータを蓄積中と思われます。

朝日に毎日載る重症者が、何によって重症になっているのかはわかりません。ワクチン接種が進んだことで重症者が増えているとしたら、疑うのはワクチンによる反応です。

途中でも書きましたが、ワクチン接種者が増えるにつれ、重症数が増加し、2000人を突破しました。この調子で増えていったとき、政府に新コロウイルスの助言をする尾身氏は、どのような考えを口にするのでしょう。

本日の朝日の「社説」は、次のように締めくくっています。

当面の手当てはもちろん、この間の反省を踏まえ、長期的な視点に立って組織のあるべき姿を探ることが求められる。

「長期的な視点」などと悠長なことをいっている場合ではありません。

指定感染症の分類を、すぐにも1.5類から5類に変更するよう、政府に働きかけてください。5類に変更されれば、保健所への負担はなくなります。

また、重症者急増の原因が疑われる新コロワクチンを一旦停止し、推移を見守ることを提案します。その結果、重症者が減る傾向に変われば、重症者増の原因がワクチン接種にあることに見当が付けられます。

あるYouTube動画で新コロ騒動について話していましたが、その情報によると、ルーマニアでは、新コロ茶番を止めたそうです。新コロワクチンを国民に接種することも停止し、その結果、新コロの新規感染者が増えていないそうです。

何もはじめから存在しないとすれば、何もする必要がありません。これまで通り、普通に生活して、何も困ることにはなりません。そのことを、ルーマニアが示してくれています。

それに引き換え、日本は一体何をしているのですか。世界で唯一、指定感染症で1.5類に分類し、宇宙服で対応するような死の病にしています。それに比べて、ルーマニアは、誰もワクチンを接種せず、普通の暮らしに戻りました。

感染症が存在するはずの同じ地球上に生きているとは思えませんね。

やっぱり、新コロなんてウイルスは生活空間にはないのではありませんか? それに感染するとすれば、新コロワクチンの接種以外ありえません。

そのワクチン接種を日本はせっせと進め、世界一の接種率を目指そうというのですから、もう一度、日本は一体何をしているのか? です。

それを進めるのが政府だとしても、野党は政府以上に、PCR検査やワクチン接種を求めています。マスメディアも同じです。

完全に狂っていますね。

気になる投稿はありますか?

  • ワクチンパスポートは意味がないばかりか別の意味で危険かも?ワクチンパスポートは意味がないばかりか別の意味で危険かも? 先の大戦に負けて以降の日本は、自国で判断することができなくなりました。 新コロ騒動の今も、常に諸外国、中でも欧米の動きを見て、それに従う事しかしていません。しかもまずいことに、良いことには従わず、悪いことばかり自国に適用しようとしています。 悪い例は、新コロウイルスのために作ったことにされているワクチン接種です。日本は欧米に遅れて国民への接種を始めました。始めた […]
  • 新コロワクチン異物混入事故によせて新コロワクチン異物混入事故によせて 27日の午後、気になるニュースが流れました。日本国内で使われた新コロウイルス用とされるワクチンに異物が混入していたことを伝えるものです。 全国民向けに支給されている食品で同じことが起こったら、マスメディアはどのように報じるでしょうか。 おそらくは、その食品を製造した会社に駆けつけ、責任者を呼び出し、吊し上げたりするでしょう。ところが、異物が混入したワクチンについ […]
  • 新コロワクチン接種後死者数が非常事態?!新コロワクチン接種後死者数が非常事態?! 昨日、次の動画を見ました。 https://youtu.be/V99cK_viCHc 【国民を潰す】人流抑制、企業休業、給付金なし、外国人入国緩和 流し見した感じですので、内容はよく憶えていません。本動画のコメント欄を確認し、次のコメントが目に入りました。書き込んだ人の了解は得ていませんが、個人的には無視できないように感じましたので、紹介させていただきます。 […]
  • 新コロワクチンと変異株の関係 無関係?新コロワクチンと変異株の関係 無関係? 悪事は必ず暴かれます。新コロ騒動も例外ではありません。 私はテレビのニュースやワイドショーは一切見ません。また、Yahoo! […]
  • 新コロを5類にする動きが濃厚新コロを5類にする動きが濃厚 新コロ騒動はそろそろ終わりそうな気がしないでもありません(?)が、騒動を終わらせたくない”あちら”側の最後の足掻きが見られます。 世界の為政者の多くが”あちら”側に操られているでしょうが、我が国の菅義偉首相(1948~)は、”あちら”側の猛烈な脅しに遭いつつも、必死の抵抗をしているように私には思えます。 本日の朝日新聞の記事からも、そのあたりのことが窺えます。 […]