「いじめ」では済まされない卑劣行為の発覚

ラグビーワールドカップが日本で開催され、日本が予想外の活躍をすることが加わり、大いに盛り上がっているようです。

個人的にはラグビーという競技に関心がありません。また、大手広告会社の電通などが安倍政権(安倍内閣)や大手マスメディアなどとそれこそタックルを組んで煽るこの手の大規模なイベントに、私は拒否反応しか現れません。

願わくは、日本が決勝トーナメントに進めずにブームが沈静化し、世の中が静かになってもらいたいものです。

私個人のような感覚を持つ者はおそらくごくごく少数派で、国民の多くは今回のワールドカップを機に、ラグビーのルールもままならなま、熱狂したりしているのでしょう。

そんなにわかラグビーブームに水を差しかねない問題が発覚しました。高校のラグビー部で起きていたことがわかったいじめ問題です。

問題が起きたのは、千葉県柏市にある日本体育大学柏高校のラグビー部です。それにしても、これを伝える記事を読むと、嫌悪感しか持てません。

同校のラグビー部が夏休み期間中、長野県で行った合宿中に問題行動があったようです。具体的には、宿舎で3年生部員が1人の2年生の部員に無理やりにわいせつな行為をさせたとされています。

さらに酷いことには、部屋には1年から3年の部員が30人ほどおり、その様子を10人の部員がスマートフォン(スマホ)やAppleタブレットPCiPad)で撮影していたことです。

新学期が始まってからも2年生部員への迷惑行為は続き、9月はじめ、わいせつ行為をさせた3年生部員が2年生部員に部室で土下座させ、「俺の奴隷になれ」などといいながら柔らかい円柱形のストレッチ器具で頭を叩くなどしたそうです。

この様子は別の3年生部員が撮影しており、SNSに一時投稿したそうです。

同校は授業にタブレットPCを使っているようですが、教師が被害を受けた2年生部員の端末に問題の動画があるのに気がつき、問題が発覚したそうです。それがおそらく2週間ほど前のことで、以来、同校のラグビー部は活動を自粛しているようです。

それにしても、これだけの行為を「いじめ」の一言で済ませてよいものでしょうか。

報道では「わいせつ行為」とだけ書いていて、具体的なことはわかりません。しかしそれがどれほど酷いことか、容易に想像できるでしょう。

おそらくは、30人の部員がいる部屋の中で、1人の2年生部員は、主犯格の3年生部員から、裸になるよう命令されたのでしょう。思春期の生徒ですから、それだけで死にたくなるほど屈辱的なことのはずです。

そのうえで、主犯格がおそらく求めたのは、大勢の前での自慰(オナニー)行為であろうと想像できます。しかも、10人もの部員がその様子をスマホやiPadで撮影したというのですから、狂っているとしかいいようがありません。

ラグビーといえば、数十年前、スポーツ新聞だったと思いますが、そこに載っていた記事を読み、信じられない気分になったのを思い出します。

ラグビーの強豪大学が毎年夏、長野にある菅平高原で行っている合宿について記事は伝えていました。私が驚いたのはその最終日の“儀式”です。

それが今も続いているのか知りませんが、記事が伝えることには、合宿打ち上げの日には、1年生部員にあることをさせるのが習わしのようです。それは、全裸になったうえ、1人ずつボールを抱えて十数メートル(あるいはもっと?)を走り、最後に地面にトライすることだそうです。

1人の部員がトライを決めるごとに、上級生ははやし立てたりするのでしょう。その様子は一般に公開されているのか、それを目当てに、女性ファンが集まるというようにも書かれていたかもしれません。

そうした下地がラグビーをする競技者にあるのだとしたら、今回発覚したような問題行為もさほど驚くにはあたらないことなのかもしれませんが。

体育会系の集団には、得てしてこのような問題行動がつきものです。その一部は報道されますが、自衛官を養成する学校や警察学校、消防署など、男臭い組織はこの手の問題行為の温床場所といえましょう。

昔でいえば軍隊です。人々は戦争を忌み嫌います。戦争を、他国の兵隊同士が殺し合うことばかり想像していたら、戦争の真の怖さを知らないことになります。

別の面の恐ろしさは、味方であるはずの部隊内部で、体育会系的な行為が日夜展開されていることです。それが非日常の戦争中であれば、鬼畜さを最大限に発揮でき、挙句に相手を死に追いやっても、戦士として処理させることができてしまいます。

無事に戻ることを願う出兵兵士の家族は、遺骨で戻った息子に、「お国のために我が子は散った」と信じたりします。しかし時にその死は、戦争中に起きた性欲のはけ口にされただけであったりするというわけです。

災害が起きると被災地を自衛隊の隊員が多数訪れ、救援活動を展開します。それに多くの国民は感謝します。

たしかに、非常時には頼りになる自衛隊員ですが、私はそうした様子をテレビの報道などで見るたび、彼らに無暗に不気味なものを感じ取ってしまうのです。

2011年3月11日に起きた東日本大震災では、壊滅的な被害によって膨大な数の被災者が発生しました。そうした人たちは避難所生活を余儀なくされました。その避難所のトイレに盗撮カメラが取り付け、一部始終を撮影した輩がいたと聞きます。

その輩の一部に、救援活動に駆けつけた自衛隊員やボランティアの人間がいたという報道を私は見た記憶があります。

人間には深い闇の部分があるのであり、それを知れば知るほど、簡単には他人を信用できなくなります。

それにしても、今回の「いじめ」被害を受けた日体大柏高校の2年生部員の今後が心配です。受けた痛手は相当なものであろうと想像できるからです。

大型で非常に強い台風19号が日本列島に接近中です。この台風がどのようなコースを辿り、どこでどれだけの災害が発生するのか、固唾を飲む状況にあります。

日本列島に接近中の台風19号(2019,10.11)
日本列島に接近中の台風19号(2019.10.11 11時台)(Google Earth Proに台風の渦巻きを重ねて表示した画像)
日本列島に接近中の台風19号(2019.10.11 13;35)
日本列島に接近中の台風19号(2019.10.11 13時台)(上の画像と同様にGoogle Earth Proに台風の渦巻きを重ねたもの)
本日の豆観察
2枚を見比べますと、前回と比べて台風が日本列島から南に離れているように私には見えます。台風の目の位置が、2枚目では台湾のラインまで下がっているからです。また、台風の中心がやや西に移動しているように見えなくもありません。 加えて、中心から前面の雲の範囲が1.5倍ぐらいに広がっています。

まもなく起きるであろう災害により、今は平穏無事の人たちが短時間で被災者になってしまいます。タイミングが悪いことに、台風が接近する12日夕方は満潮時刻にあたり、東京湾の海面が1~2メートル高くなることもあり、水害の発生も懸念されております。

被災者は避難所生活を余儀なくされ、自衛隊は今回も救援活動を展開するでしょう。そこにどんな“二次被害”が待っているのか想像しますが、私の心は暗くなるばかりです。

気になる投稿はありますか?

  • 2012/08/02 日本選手団の故意かもしれない退場誘導問題( ・`ω・´)2012/08/02 日本選手団の故意かもしれない退場誘導問題( ・`ω・´) ロンドン・オリンピックが始まってからというもの、国内の新聞、テレビはオリンピック一色に染まっています。 私はといいますと、本コーナーでも何度か書いていますように、この手の“バカ騒ぎ”には関心がありません。が、本コーナーの“天気コーナー”の更新の参考にするため、午後7時前に気象情報が放送されるNHK総合にチャンネルを合わせる習慣があります。 “みなさまのNHK”は […]
  • おかしいことには「おかしい」といおうおかしいことには「おかしい」といおう 東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の会長・森喜朗氏(1937~)の発言が問題視されています。 これをはじめに報じたのは、今発売中の『週刊文春』です。 5日の朝日新聞の記事をもとに、問題とされた発言を振り返っておきます。 その発言があったのは、今月3日にあった日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会です。 マスメディアの報道では、森氏の発 […]
  • 旧石器捏造事件に見る新コロ騒動の影旧石器捏造事件に見る新コロ騒動の影 およそ四半世紀の間、インチキが暴かれなかった事件があったことをご存知でしょうか。今から10年前の2000年11月5日にインチキが暴かれたのは次の事件です。 旧石器捏造事件 長年に渡って信じられていたことが実は捏造だったと暴かれたわけで、当時は大騒ぎになりました。それなのに、私はそのときの記憶がありません。これにはわけがあります。 個人的な話になってしま […]
  • 2010/12/23 ジョン・レノン暗殺-運命の一日2010/12/23 ジョン・レノン暗殺-運命の一日 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新をしています。いつもは夜にトークするところ、昨日に続いて今日も朝にトークを行っています。今日は「天皇誕生日」の祝日なので、遅くまで眠っているという人も多いかもしれません。私は曜日や祝日に関係なく、今日も午前4時すぎに起きました。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされな […]
  • 2010/12/22 ジョン・レノン暗殺犯とされる男を巡る3つの謎2010/12/22 ジョン・レノン暗殺犯とされる男を巡る3つの謎 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新をしています。いつもは前日の夜にトークだけを行い、文章に書き起こすのは翌日に行ったりしますが、今回は今朝、雨の音を聞きながらトークをし、雨が止んでから文章に書き起こしています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので […]