謎注射はノーサンキュー

相変わらず、マスメディアは新コロ騒動報道一色に染まっています。人々を恐れさせ、一日でも早く全国民に新コロの蔓延を防ぐためとして、ほとんど意味がないばかりか、恐ろしい思惑を実現させるためかもしれない、ワクチンに偽装した遺伝子操作の謎注射を打たせることに協力しています。

彼らには陰謀論で片付けられそうですが、その遺伝子操作の謎注射を打ったが最後、5年後の命は保証されていないと聞きます。

あるYouTube動画で語られていたことが頭に残っています。

今回の新コロ騒動は自然発生したものではなく、早い段階から計画されていたのか、騒動を使って謎注射を打つことまで計画に含まれていたのでしょうか。

多くの人は、騒動が始まって1年足らずでワクチンと称する謎注射が奇蹟的にできたと報じる報道を信じています。しかし、騒動の少なくとも5年前には研究が続けられており、動物に注射する実験が行われていた、とその動画では話されています。

研究者が研究に注ぐのは、いかに有効なワクチンを作るかではありません。実はその逆の効果を彼らは狙い、その注射を受けた人の命を以下に多く奪えるかが研究の目的でした。

実権に使われた動物は残らず、注射をしてから5年以内に死滅したそうです。

私はインフルエンザのワクチンを一度も自分の意思で接種したことがありません。私とは反対に、毎冬、インフルエンザワクチンを接種する人がいます。私の義兄も欠かさず接種してますが、今冬は接種しなかったと聞きました。

私は過去におそらく一度だけ、インフルエンザに感染し、発病したと考えています。

それは、2004年の冬のことです。

その年の夏に私は自転車で走行中に、おそらくは転倒するかして、頭部を道路に激しく打ち、急性硬膜下血腫を起こしました。その後、私は1週間から10日ほど意識がなく、事故当時の記憶は残っていません。

1時間手当てが遅れたら、私の命はその夏に尽きていたはずです。

頭蓋骨を開ける手術を受け、脳が腫れていたため、頭蓋骨を戻すことができず、脳の腫れが引くその年の初冬まで、私は頭蓋骨の一部を外した状態で過ごしました。

この経験をした年の冬に、おそらくは私にとって初めてのインフルエンザを経験しました。

はじめはただの風邪だと思っていましたが、熱が高くなり、2日ほどは、うなされたように記憶しています。医師の治療も受けず、部屋で眠り、ほどなくして回復しました。

診断を受けていませんので、この時の病状の原因がインフルエンザだったかどうかはわかりません。

その年の夏に生死の境をさまようような体験が、体の免疫を低下させ、大事に至ったのかもしれません。

今後、加齢とともに免疫機能は低下するでしょうが、効果があるかどうかわからないワクチンでインフルエンザを封じ込めるつもりはありません。

今回の謎注射を製造する米国の製薬会社ファイザーのCEOだったと思いますが、その人は、健康体の人に必要なワクチンなどない、というようなことを述べ、自分でもワクチンは接種しない、と述べた記述をネットのどこかで見かけました。

新コロ騒動がなかった頃、明石家さんまさん(1955~)が、インフルエンザワクチンなど一度も受けたことがない、と述べたのを知りました。

ともあれ、こんな風に、ワクチン信仰を持たない私ですから、今回のワクチンと称する謎注射は遠慮しておきます。

YouTubeで今日見つけたTBSニュース動画が伝えるところによりますと、ファイザー製のワクチンは、間隔を開けて2回接種し、その半年か1年以内に3回目の接種が必要になる、と同社のアルバート・ブーラCEOが述べたことを伝えています。

ワクチン効果持続は1年未満の可能性、ファイザー幹部が示唆

先ほど書いたファイザーのCEOがこのブーラ氏のことであれば、こう述べているご本人は、謎注射を信用せず、1度も自分の身体には打たないのでしょう。

何だか、妙な気分になってきます。

そういえば、あのビル・ゲイツ氏(1955~)は、ご自身はもちろんのこと、家族にもワクチンの類いは一切摂取しないと聞きます。

ゲイツ氏と強いつながりを持つアンソニー・ファウチ氏(1940~)に、今回の謎注射を受けたかどうか、取材して訊くメディアが現れないものでしょうか。

ま、無理ですね。マスメディアはワクチンと称する謎注射を打たせる側の連中で、謎注射に人々が疑いを持つことを最も恐れているでしょうから。

そんな連中には申し訳ありませんが、私は謎注射は遠慮させていただきます。接種することがあるとすれば、向こう10年ぐらいの経過を確認したのちになりますね。

そもそも論として、新コロといわれるようなウイルスの単離に成功した例を私は未だに知りません。1年かけてもそれができなかったということは、そんなウイルスはこの地球上にはないのではありませんか?

ないウイルスですから、変異も何もありません。すべて幻です。

幻のために造ったというワクチンですから、必要とは思えません。

それでも、どうしてもワクチンとされる謎注射が必要という人を止めることはできません。しかし、その接種を受けたことで、5年後、10年後にどんなことになるかは、なってみるまでわからない、というよりほかありません。

あとはご自身の判断でお願いします。

気になる投稿はありますか?

  • 新コロ騒動立案者にこそ新コロ毒ワクチンを新コロ騒動立案者にこそ新コロ毒ワクチンを 新聞やテレビなどのマスメディアは、ネット上の情報をエビデンスに基づかないことを理由に馬鹿にします。確かに、私などもそうですが、個人が考えたり感じたことを文章にするだけですから、マスメディアが伝えることに比べれば、信頼度は低いでしょう しかし、こと、新コロのマスメディア報道は、個人のネット発信と五十歩百歩といったところではありませんか? 本日の朝日新聞には、「デル […]
  • 実行再生産数がどうのといっている場合か?!実行再生産数がどうのといっている場合か?! いつまでデタラメを続けるのですか。デタラメなのは、新コロ騒動であり、そのためとされる対策です。 今日の朝日新聞は、騒動が始まってからずっと「営業妨害」を受け続ける飲食店店主の嘆きを伝えています。中でも、東京都内で酒類を提供する店は、主要商品である酒を出すことが再び禁止とされました。 都の要請を聞かない店を狙い撃ちするような発言を、西村康稔経済再生相(1962~) […]
  • 新コロ検査に有効期限はないのか?新コロ検査に有効期限はないのか? 新コロ騒動では、謎でしかないことが、謎とは考えられずに無視され、騒動の当初から、その病に対する恐怖だけが煽られています。 朝日新聞は毎日の紙面で、新コロのポリメラーゼ連鎖反応(PCR)陽性者でしかない人を感染者と悪意を持っていい換え、伝えることをしています。 昨日の紙面では、「東京822人感染 デルタ株最多」の見出しで、全国の都道府県ごとの数字を表にして伝えてい […]
  • 人工ウイルス流出説にも証拠がない人工ウイルス流出説にも証拠がない まだこんな記事の書き方をしているのか、と唖然とします。今日の朝日新聞に載っていた「コロナ流出説 […]
  • ありもしない原因の患者や死者の数を報じるのは無意味ありもしない原因の患者や死者の数を報じるのは無意味 新コロ茶番を報じるマスメディアは、真相を知っていて報じているなら、いわずもがなの大悪党です。が、もしも、何も知らずに純粋な気持ちで記事を書く記者がいるとしたら、真相を知らずにいることになり、ジャーナリスト失格です。 真相を伝えるのがマスメディアの使命です。それとは逆の誤報を連発しているのですから、深く反省し、職種替えすることをお勧めします。 今日の朝日新聞の3面 […]