謎注射はノーサンキュー

相変わらず、マスメディアは新コロ騒動報道一色に染まっています。人々を恐れさせ、一日でも早く全国民に新コロの蔓延を防ぐためとして、ほとんど意味がないばかりか、恐ろしい思惑を実現させるためかもしれない、ワクチンに偽装した遺伝子組み換えの謎注射を打たせることに協力しています。

彼らには陰謀論で片付けられそうですが、その遺伝子組み換えの謎注射を打ったが最後、5年後の命は保証されていないと聞きます。

あるYouTube動画で語られていたことが頭に残っています。

今回の新コロ騒動は自然発生したものではなく、早い段階から計画されていたのか、騒動を使って謎注射を打つことまで計画に含まれていたのでしょうか。

多くの人は、騒動が始まって1年足らずでワクチンと称する謎注射が奇蹟的にできたと報じる報道を信じています。しかし、騒動の少なくとも5年前には研究が続けられており、動物に注射する実験が行われていた、とその動画では話されています。

研究者が研究に注ぐのは、いかに有効なワクチンを作るかではありません。実はその逆の効果を彼らは狙い、その注射を受けた人の命を以下に多く奪えるかが研究の目的でした。

実権に使われた動物は残らず、注射をしてから5年以内に死滅したそうです。

私はインフルエンザのワクチンを一度も自分の意思で接種したことがありません。私とは反対に、毎冬、インフルエンザワクチンを接種する人がいます。私の義兄も欠かさず接種してますが、今冬は接種しなかったと聞きました。

私は過去におそらく一度だけ、インフルエンザに感染し、発病したと考えています。

それは、2004年の冬のことです。

その年の夏に私は自転車で走行中に、おそらくは転倒するかして、頭部を道路に激しく打ち、急性硬膜下血腫を起こしました。その後、私は1週間から10日ほど意識がなく、事故当時の記憶は残っていません。

1時間手当てが遅れたら、私の命はその夏に尽きていたはずです。

頭蓋骨を開ける手術を受け、脳が腫れていたため、頭蓋骨を戻すことができず、脳の腫れが引くその年の初冬まで、私は頭蓋骨の一部を外した状態で過ごしました。

この経験をした年の冬に、おそらくは私にとって初めてのインフルエンザを経験しました。

はじめはただの風邪だと思っていましたが、熱が高くなり、2日ほどは、うなされたように記憶しています。医師の治療も受けず、部屋で眠り、ほどなくして回復しました。

診断を受けていませんので、この時の病状の原因がインフルエンザだったかどうかはわかりません。

その年の夏に生死の境をさまようような体験が、体の免疫を低下させ、大事に至ったのかもしれません。

今後、加齢とともに免疫機能は低下するでしょうが、効果があるかどうかわからないワクチンでインフルエンザを封じ込めるつもりはありません。

今回の謎注射を製造する米国の製薬会社ファイザーのCEOだったと思いますが、その人は、健康体の人に必要なワクチンなどない、というようなことを述べ、自分でもワクチンは接種しない、と述べた記述をネットのどこかで見かけました。

新コロ騒動がなかった頃、明石家さんまさん(1955~)が、インフルエンザワクチンなど一度も受けたことがない、と述べたのを知りました。

ともあれ、こんな風に、ワクチン信仰を持たない私ですから、今回のワクチンと称する謎注射は遠慮しておきます。

YouTubeで今日見つけたTBSニュース動画が伝えるところによりますと、ファイザー製のワクチンは、間隔を開けて2回接種し、その半年か1年以内に3回目の接種が必要になる、と同社のアルバート・ブーラCEOが述べたことを伝えています。

ワクチン効果持続は1年未満の可能性、ファイザー幹部が示唆

先ほど書いたファイザーのCEOがこのブーラ氏のことであれば、こう述べているご本人は、謎注射を信用せず、1度も自分の身体には打たないのでしょう。

何だか、妙な気分になってきます。

そういえば、あのビル・ゲイツ氏(1955~)は、ご自身はもちろんのこと、家族にもワクチンの類いは一切摂取しないと聞きます。

ゲイツ氏と強いつながりを持つアンソニー・ファウチ氏(1940~)に、今回の謎注射を受けたかどうか、取材して訊くメディアが現れないものでしょうか。

ま、無理ですね。マスメディアはワクチンと称する謎注射を打たせる側の連中で、謎注射に人々が疑いを持つことを最も恐れているでしょうから。

そんな連中には申し訳ありませんが、私は謎注射は遠慮させていただきます。接種することがあるとすれば、向こう10年ぐらいの経過を確認したのちになりますね。

そもそも論として、新コロといわれるようなウイルスの単離に成功した例を私は未だに知りません。1年かけてもそれができなかったということは、そんなウイルスはこの地球上にはないのではありませんか?

ないウイルスですから、変異も何もありません。すべて幻です。

幻のために造ったというワクチンですから、必要とは思えません。

それでも、どうしてもワクチンとされる謎注射が必要という人を止めることはできません。しかし、その接種を受けたことで、5年後、10年後にどんなことになるかは、なってみるまでわからない、というよりほかありません。

あとはご自身の判断でお願いします。

気になる投稿はありますか?

  • 虚実をかすませているのはマスメディアでは?虚実をかすませているのはマスメディアでは? 朝日新聞は、5月3日を前に、「かすむリアル」という特集を始めました。 5月3日は朝日新聞には特別の日となっているようです。無理もないかもしれません。1987年のその日、朝日新聞阪神支局に賊が入り、休日のその日に出勤してきていた同社の記者が、命を奪われる事件が起きたからです。 赤報隊事件 しかし、自分たちを被害者にして、その日をキャンペーンに使うのは感心 […]
  • 恐怖心が引き起こす症状恐怖心が引き起こす症状 昨日の朝日新聞の社会面に、「入院急増警戒、備え急ぐ 東京 新型コロナ」と見出しのついた記事が載りました。 この記事を書いた記者は、東京・墨田区にある曳舟(ひきふね)病院を取材して記事にしています。 記事は次のように始まります。 今月中旬、東京曳舟病院(墨田区)に20代の女性が救急搬送されてきた。新型コロナに感染してホテルで療養していたところ、食事がとれない […]
  • 死因判定は厳密に死因判定は厳密に 読み終えたばかりの小説に「偽石灰」という用語が出てきます。私は初めて目にした用語です。 その用語が出てくるのは、松本清張(1909~1992)が月刊雑誌『文藝春秋』に1970年1月号から翌1971年の3月号にかけて連載した長編小説『強き蟻』(1971)です。 例によってAmazon […]
  • ゼロコロナを掲げる立憲がゼロへゼロコロナを掲げる立憲がゼロへ 立憲民主党にはまったく期待できません。新コロ騒動の対応だけを見ても、期待度はゼロです。 本日の朝日新聞に次の見出しのついた記事があるのを発見し、それを実感しました。見出しは次のようなものです。 「ゼロコロナ」立憲が戦略案 感染防止優先 […]
  • おかしいことには「おかしい」といおうおかしいことには「おかしい」といおう 東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の会長・森喜朗氏(1937~)の発言が問題視されています。 これをはじめに報じたのは、今発売中の『週刊文春』です。 5日の朝日新聞の記事をもとに、問題とされた発言を振り返っておきます。 その発言があったのは、今月3日にあった日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会です。 マスメディアの報道では、森氏の発 […]