PCパーツの入れ替えを模索し始める

スマートフォン(スマホ)がそうかもしれませんが、PC の買い替え時は一般的に4年から5年ぐらいといわれています。もちろん、これは人によって違い、それより短かったり、長かったりすると思いますが。

私が使うデスクトップ PC もその年数に達しました。

このことは本コーナーで何度か書いていますが、私が使うデスクトップ PC は、自分でパーツを揃えて組み上げたいわゆる自作 PC です。

私が PC を使い始めたのは1999年5月です。その当時は市販の PC を買い求めました。それから約4年後、PCの扱いに慣れた2003年はじめ、自作 PC に興味を持ちました。

それが1月のことで、その年の6月初めての自作 PC を組みました。

パーツはまとめて買うのが良いといわれますが、私は長い期間をかけてパーツをポロポロと買い集め、半年ほど経ってパーツが揃い、組み上げました。

それ以来、市販の組み上がったデスクトップPCを購入したことはありません。その時々で、パーツを入れ替えた自作PCを使い続けています。あとで考えると、およそ5年おきぐらいにパーツの入れ替えをしています。

どんなことでも間が開くと情報が不足しがちになります。自作 PC の場合はそれが顕著に現れます。

渡しの場合、一旦 PC を組み上げてしまうと、PC のパーツへの関心は薄れてしまいます。本当は常に最新情報に接しているべきですが、私にはそれができません。

そのため、そろそろパーツの組み換えをしようかと考えた時、自分が浦島太郎になった気分になります。必要な情報をほぼ持たないことに直面するからです。

PCの心臓部であるCPUひとつとっても、5年ほど前の常識が役に立ちません。当時は、Intel製のCPUが主流でした。それが、私が知らない間にAMD製と入れ替わり、Ryzenというシリーズが高性能で人気になっています。

昨年知った話では、将棋の藤井聡太二冠(2002~)も自作 PC の使い手だそうです。藤井氏の場合は、将棋ソフトで研究するためにPCを使い、専門家しか手を出さないような超高速で演算処理するRyzenの最高レベルのCPUを使う、というような話でした。

本日の豆記憶
藤井二冠はプロデビューしたあと破竹の連勝をし、社会現象となりました。そのときに、藤井二冠の日常を記録した番組を見ました。当時はまだコンピュータ将棋は使っておらず、自分専用のPCは持っていませんでした。自宅のダイニングキッチンに置かれた家族共用のPCをたまに使う程度であったようです。隔世の感がありますね。

前回、私が自作PCのパーツを入れ替えたのは2015年です。ということで、ちょうど5年ほど経ちました。

PCはどんな用途で使うかで、必要な性能は変わってきます。ネットの閲覧や文章を書く程度であれば、それほど高性能なものは必要ないでしょう。

私はゲームはしませんが、画面が激しく切り替わるゲームを楽しむには、性能の高いPCが必要だと聞きます。

PCの性能を求める作業の一つに動画編集があります。私もこの用途でPCを使います。5年前に組み、その後、一度もパーツの入れ替えをしていない私のPCですが、動画編集で困ることはありません。

であれば、5年経ったからといって、パーツの変更がすぐすぐに必要というわけではありません。

そんな私が、今年にパーツの入れ替えを考え始めたのは、あることが昨年末から頻繁に起こるようになったことからです。

それは、朝の使い始めにBIOSの設定画面が表示されるようになったことです。通常は設定を変更する必要はなく、何も変えずにBIOSの画面からEXITすれば、問題なく使えます。

それでも、どうして急にそれが表示されるようになったか気になり、ネットで調べると、原因の一つが、PCの基盤であるマザーボード上のボタン型電池が消耗し、寿命が尽きつつあるせいではないか、というのを見つけました。

私のデスクトップPCの内部画像

それが私のPCに起こった原因かどうかわかりませんが、それなら、と電池の交換を考えました。5年の間に一度交換したような記憶もありますが、たしかではありませんし。

本日の豆発見
私は無駄に物持ちが良く、そのときに交換したのであろう電池が入っていたパッケージが出てきました。裏には購入した日付も記してあり、【2015.6・9(火)】とあります。ということで、5年ぐらい前です。パッケージの表には、「使用推奨期限」が【05-2020】とあり、昨年の5月までですから、やはり、このタイプの電池の寿命は5年であることがわかります。
パッケージ(表)
パッケージ(裏)

電池は安いもので2百数十円ですので、悩むまでもありません。すでに注文してあり、今日明日にも届くでしょう。

本日の豆間違い注文
今日、注文した電池が届きました。が、見るからに、PCの電池とは大きさと厚みが違うような気がします。PCの電池を外して比べると、別の電池であることが明らかです。型番をよく確認しないで注文してしまったのでした。もう一度注文し直しです。
本日の豆電池交換
電池を買い直し、交換が終了しました。ヨドバシ.comでの購入ですが、1000ポイント以上溜まっていたため、ポイントで交換です。やはり、この種の電池の寿命は5年のようです。パッケージの裏に、使用推奨期限が【12-2025】と書かれています。
パッケージ(表)
パッケージ(裏)

電池交換の理由であった、PC起動時にBIOSの設定画面が表示される現象ですが、電池を交換したあとも起こりました。交換した昨日、2度ほど再起動をし、それを確認しています。今朝(11日)最初の起動でも同じ結果です。であれば、別の原因を疑わなければならないと考えました。そのあと、念のために再起動すると、今度はBIOSの画面が現れなくなりました。もう一度再起動しても、結果は同じです。これが一時的かどうかはまだわからず、結論は出ていませんが、少し安心したところです。


その後の経過ですが、14日時点まで、PC起動時にBIOSの設定画面が現れることは一度も起きていません。


電池交換をしようと考えたことがきっかけとなり、自作PCの改造に興味を持ちました。それに役立つのは、ネットの情報サイト「価格.com」です。

このところは、暇さえあればそのサイトの「パソコン」コーナーを覗き、何から交換しようか、などと考えています。自作する人には、こんな時間が楽しいひとときです。

実は昨日、あるパーツの交換をしました。

ノートPCだけ使っている人には馴染みがないでしょうが、デスクトップPCの場合は、液晶ディスプレイが必要です。マザーボードやグラフィックボードとディスプレイをケーブルで繋いで画像や映像を表示させます。

そのつなぐためのケーブルを、それまで使っていたものから交換したのです。

私が使う液晶ディスプレイには、次の3種類の入力端子があります。

私が1999年にPCを使い始めた頃は、ブラウン管のモニタにVGAで接続していました。その後DVIに変わり、今回交換するまでそれを使い続けました。

それを今回、HDMIに交換したのです。もっと早く交換しても良さそうなところ、別段交換する理由を見つけらず、使い続けたことになります。

私が購入したHDMIケーブルは800円程度です。

今まで使ったDVIケーブルを外し、HDMIに付け替えただけですから、作業は簡単です。PCは問題なく起動しました。が、そのあとに戸惑うことが起こりました。

画像や映像は問題なく表示されます。それ以前と映り方に差はそれほど感じられません。表示の精度も差があるようには思えません。

問題は音質と音量です。

試しにネットの動画共有サイトのYouTubeで適当な動画を再生させてみました。すると、ボリュームを最大にしても聴き取るのがやっとという小さな音量で、音質も、性能の悪いラジオのように酷いものでした。

PCスピーカーのジャックが外れたのかと点検しましたが、異常ありませんでした。

全ての設定で、システムの「サウンド」を確認して原因がわかりました。

出力デバイスが、ディスプレイ用オーディオに替わっていただけなのでした。元の出力デバイスに戻し、元通りの音量と音質になりました。

私が使うマザーボードは、私が組み上げてから5年経った今も、まだ、現役でいてくれるようです。ただ、それに載せられるIntel製のCPUが、一番新しいもので9世代で、最新の10世代には対応していません。ですので、次回にCPUを交換をすることがあれば、マザーボードごとの交換になるでしょう。

今は、組み上がったPCが格安で、しかも性能が高いため、自作する意味が薄れたといわれます。しかし、自作には自作なりの良い点がまだ残っていると私は考えます。

市販のPCを買い替えるのであれば、まだ使えるパーツをまるごと別のものに替えることになります。

それが自作PCの場合は、使えるパーツを活かしながら、気になったパーツだけを交換できます。しかも、今の環境を維持したままにです。

パーツの交換ですから、出費はパーツごとの出費で済みます。

車に例えれば、新車にそっくり乗り換えるのではなく、エンジンやモーターだけを、自分の望むむのに交換するイメージです。

昨年末、動画編集ソフトのVegas Pro 18と一緒に購入した画像編集ソフトのVegas Imageを表示させると、私のPCのビデオRAM(VRAM)が、24メガピクセル以上の画像を扱う場合は、パフォーマンスが不足気味で、クラッシュする可能性がある、といった注意書きが出ます。

私のPCでは、メモリ(主記憶装置)を8GBしか載せていません。ですので、まずはメモリの増量を考えています。

16GBのメモリを2枚追加すれば、それだけで、今の8GBと合計で一気に40GBになります。

PCのメモリは作業机にたとえられます。机が広くなれば、作業が楽になるでしょう。ちなみにHDDやSDDなどのストレージは、机の引き出しにたとえられます。

その後は気分次第ですが、CPUを交換し、グラフィックボードの交換をするかもしれません。ただ、CPUを交換したあと、OSを入れ直したりしなければならないとすれば、それはそれで億劫です。

途中でトラブルが起こることもあります。しかし、それも含めて楽しむくらいでなければ、自作のPCは扱いこなせません。

当面はRyzenには手を出さず、これまで通り、IntelのCPUを使うことにしましょう。流行り物には飛びつかない私にはそれが似合っていそうですし。

気になる投稿はありますか?

  • パンタグラフのキーボードパンタグラフのキーボード 新鮮な感覚で本投稿を書き始めました。理由は、いつもとは違うキーボードを使っていることです。 私はちょうど18年前の1月に手に入れたキーボードを昨日まで使いました。これについては、それを手に入れた直後に本コーナーで書きました。 東プレというメーカーのRealForceシリーズの”106"というモデルです。そのキーボードとは実に18年に渡る付き合いとなり、本サイトの […]
  • 2003/01/07 東プレのRealForce106最高2003/01/07 東プレのRealForce106最高 昨年の終わり頃に本コーナーで書きましたPCのキーボードですが、それを書いて1週間も経たない暮れの30日、思い切って最高級と思われるキーボードを購入してしまいました。 金融機関の端末やデータ入力用など、これまでは主に業務用向けの器機を開発・販売してきた東プレというメーカーの"RealForce106"というキーボードです。 私はPCを購入以来、セットで付いてきたキ […]
  • 村上春樹のエッセイで発声トレーニング村上春樹のエッセイで発声トレーニング このところ、あることをして過ごすことが多くなっています。それは、前々回の本コーナーで取り上げた音声入力です。 https://indy-muti.com/19657/ 私は、PCもタブレットPCも、Google日本語入力を使っています。PCの入力には、当然のことながら、物理的なキーボードを使います。 一方、タブレットPCにも物理的キーボードを接 […]
  • 2004/02/06 ビデオ編集ソフト「EDIUS」発売2004/02/06 ビデオ編集ソフト「EDIUS」発売 本コーナーでもたびたび取り上げていますように、私は映像に並々ならない関心を持っているわけですが、最近はその傾向が強まっています。 といいますのも、私のPCがいわゆる「テレパソ」化したためです。「テレパソ」というのは、テレビとパソコンをくっつけた造語のようでして、PCのディスプレイでテレビを視聴できる環境を指します。 そしてこうした環境では、ただ単に視聴できるだけ […]
  • 2003/06/09 自作PCに悪戦苦闘2003/06/09 自作PCに悪戦苦闘 昨日、おとといの二日間、ほとんどネットにつなげない状態が続きました。特に昨日は最悪の状態で、本サイトの更新さえ夜になるまで行えないほどでした。 理由はハッキリしています。ようやくにしてPCを新しいものに替えたからです。しかも、市販の製品をそのまま購入したのであれば届いたその日から使えますが、私は今回全く初めての自作PCに挑戦したため、実際に使い出せるようになるまでには […]