2000/07/18 ワープロ

現在のようなワードプロセッサー(ワープロ)ができる以前、日本人にとってアメリカ人などが使うタイプライターは憧れの的でした。私個人にとっても憧れで、あのようにパチパチと打つことで文章を書けたら、と思ったものです。

しかし、アルファベットと違って日本語はカナや漢字が入り交じっていることもあり、容易にタイプライターを作ることはできませんでした。それだから、日本人は、欧米人のタイピングを指をくわえて見ていることしかできなかったのでした。

しかし、ワープロの登場により、長年の夢が実現しました。これで日本人も、欧米人のように、タイピングで文字を入力できるようになったのです。それでも日本語自体が複雑であることには変わりなく、アルファベットで直接打ち込むわけにはいかず、ローマ字入力かな入力したのち変換しなければなりませんが。そうではあっても、とても大きな進歩です。

文章を書くことを専門にされているプロの作家は、このワープロをどのように考えているのでしょう。見聞きするところでは、ワープロの賛成派と拒否派に分かれているようです。

作家の大江健三郎は拒否派でしょうか。

今現在はどうかわかりませんが、以前、NHKのドキュメンタリー(NHKスペシャルだったかな?)で拝見しましたが、大江は原稿用紙に鉛筆で執筆していました。しかも驚いたことに、閉ざされた書斎の奥ではなく、家族がいる居間で執筆していえるのです。意外でした。

障害のある息子で、作曲家でもある氏との父子関係も描かれた番組でした。番組のためにセッティングされた(?)のでしょうが、父子ふたりで広島の広島平和記念資料館へ行ったりしています。

その資料館を訪れた場面では、光氏が展示施設を怖がって中へ入りたがらなかったりしています。

大江の執筆の仕方の話に戻りますと、居間のソファーで鉛筆を走らせていたのが印象的でした。大江の近くで、光氏が寝そべって作曲をしていました。作家や作曲家といっても人それぞれでしょうが、大江父子のような人たちがいることに感心したのを憶えています。

ワープロを利用する作家には水上勉がいます。これは、個人的には意外でした。拒否派のイメージを勝手に持っていたからです。

水上の場合は、闘病生活の影響があったようです。

心筋梗塞で入退院を繰り返し、万年筆の筆圧にさえ耐えきれなくなってしまった、というようなことです。それでも書きたい意欲はあり、医師に勧めでPCを使った執筆を始めたのだそうです。その時点で、年齢は70歳を過ぎていました。

水上は新しく始めたことに早速楽しみを見つけたようで、次のようなことを述べています。

パソコンを打てば同音異義語の漢字がたくさん出てきて選ぶことができる。ひらがなしか読めなかった9歳の小僧時代に、般若心経を習った。漢字に振られたルビを拾って読んでいたが、世の中が広がるような喜びがあった。(パソコンで漢字に変換することも)どこか似ていて、楽しくなった

日経新聞:21世紀に架ける 作家・水上勉

水上は仕事の道具としてパソコンを使うだけでなく、顔を合わせたことのない人たちともメール交換し、交流を深めているそうです。

PCは感情を持たないメカでしかありませんが、それを介して人とつながれることに期待をかけることができ、共に生きていこうとする水上は、しなやかでありましょう。

気になる投稿はありますか?

  • 穴倉のような書斎を志向した乱歩穴倉のような書斎を志向した乱歩 人それぞれで、百人いれば百通りの生き方があります。 住まいひとつとっても、同じ家に住み続ける人がいるかと思えば、次々と住む家を替える人がいます。私は自分が生まれた家に住み続け、一度も住宅環境が替わったことがありません。 人生の折り返し点はとうに過ぎていますが、この先、もしも住む家が替わることがあるとすれば、それは、可能性が極めて低い、結婚を機に新居に移ることぐら […]
  • 乱歩のあの作品の逸話乱歩のあの作品の逸話 職業作家で、新聞や雑誌に連載を持つ人は、締め切りに追われ、気の休まることがないでしょう。 それは昔の作家も同じです。 江戸川乱歩は多くの作品を残していますが、それらをすらすらと書けたわけではないのでした。 https://indy-muti.com/4723/ 横溝正史の随筆集を読んだあと、先輩格の乱歩に興味を持ち、『江戸川乱歩 […]
  • 乱歩との交流の跡が残る横溝正史の随筆集乱歩との交流の跡が残る横溝正史の随筆集 Amazonの電子書籍版で、横溝正史の随筆を集めた『探偵小説五十年』を読みました。 これまでに、横溝が人生の時々に書き残した随筆を読んでいますので、横溝がどんな人生を歩んだかはだいたい頭に入っています。 https://indy-muti.com/14360/ 生まれたのは、神戸の発展する前の新開地です。両親は岡山の出身で、父方の家があった岡山の柳井原 […]
  • 大ブームの中の横溝正史大ブームの中の横溝正史 昭和の時代、探偵小説の代表的な作家のひとりだった横溝正史の大ブームがありました。 角川書店から横溝作品が文庫本になって出ると売れに売れ、横溝本人が尻込みしても、文庫本化は加速度的に進み、40作品ぐらいが文庫本になりました。 私はそのブームの前まで横溝正史を知らずにいましたが、手に取った本が面白く、発売された文庫本のほとんどを読んだはずです。 このブームが角 […]
  • 前田NHK会長の改革に横やりを入れる朝日前田NHK会長の改革に横やりを入れる朝日 現NHK会長にどんな印象をお持ちでしょうか? NHKの次期会長に前田晃伸氏が決まったときから私は前田氏に期待したことは、本コーナーで書いた通りです。 https://indy-muti.com/6934/ 個人的には、前例踏襲で、一切波風を立てないような人間にはまったく期待しません。前田会長は反対の人間だと感じたので期待を持ちました。 会長に決まったあ […]