ある人の臨死体験話に寄せて

Yahoo!ニュースで次の記事が目に入りました。

テレビのワイドショーの司会などで知られるアナウンサーでタレントの小倉智昭氏(1947~)が、昨年11月、瀕死の状態になったときに体験(?)した話を伝えるものです。

曰く、小倉氏は、おそらくは夢のようなものを見て、その夢に1982年に亡くなった父が出てきて、その父といろいろな話をしたそうです。

親子で話をする場所の前には川が流れていて、橋が架かっていたそうです。

どのくらいあとか、父が「俺はそろそろ行く」といって立ち上がった(?)のでしょう。小倉氏が父に「俺はまだ行きたくない」というと、父は「そうか」といって、橋の向こうにある花園に消えた、ということです。

意識が戻ったときにその「夢」を憶えていた小倉氏は、三途の川云々というのは、本当にあるのかも、と話しているというわけです。

この手の臨死体験は昔から聴きます。

身近なところでは、私の姪が海へ行き、そこでおぼれかけたときに、自分のそれまでの人生の起きたことが、走馬灯のように見えた、という体験を聴きました。

それが2004年8月のことで、同じ8月の終わり、私は自転車で急な下り坂を走行中、自転車ごと転倒し、頭を道路に強く打ち付け、急性硬膜下血腫を起こしました。

私が道路に倒れているのを通りかかった人が見つけてくれ、駆けつけた救急車で近くの病院へ緊急搬送され、そこで、手術を受けました。

私は倒れた瞬間に意識を失い、一週間から十日間ほど意識が戻らない状態になりました。

死線を彷徨ったことになるわけですが、意識が戻るまで日数がかかったからか、臨死体験のようなものは経験していません。

私は死後の世界があるとは信じていません。それだから、三途の川や川の向こうで亡くなった親兄弟が云々というような話も、生きている人間の想像物のように考えています。

夢のない話で申し訳ありませんが、有名人が亡くなったりすると、今頃天国で云々というような決まり文句を目にします。それを見聞きするたび、死後の世界がなければ、天国も何もないだろう、とつい考えてしまう私がいたりします。

小倉氏が「体験」したような話も、結局のところ、私たちが日常的に見る夢のようなもので、それは、生きている人の脳が作りだした「幻影」でしょう。

というのが私の考えで、私の考えがすべてではありません。死後の世界というものが本当にあり、臨死体験も夢ではない、というのが正しい(?)のかもしれません。

ともあれ、死ぬまではそれが本当かどうか、確かめようがありません。

気になる投稿はありますか?

  • 桂文楽のプロフェッショナル魂桂文楽のプロフェッショナル魂 ここ最近、私はAmazonが提供するAudible(オーディブル)を使い、オーディオブックを耳で楽しむことを熱心にしています。 今月一日からその利用を始め、今月いっぱいは、月額1500円かかるところ、無料で利用できる権利を得たことによってです。 この話題について前回は、井上ひさし(1934~2010)の講演会について書きました。 https://indy […]
  • オーディオブックにはエッセイが好相性オーディオブックにはエッセイが好相性 切りのいい今月一日から、Amazonのあるサービスの利用を始めました。それはAudible(オーディブル)というものです。 知っている人や利用している人には説明の必要がないでしょう。 これは、文字で書かれた本を、プロが朗読したオーディオブックで楽しめるサービスです。出版されたすべての本がオーディオブックになっているわけではありませんが、自分が読みたい本がオーディ […]
  • 等身大の大人を感じさせる清張作品等身大の大人を感じさせる清張作品 海外で、日本のように、純文学とそれ以外の大衆小説とに分けられているか知りません。 日本ではそれが分けられ、それぞれを書く小説家自身も、自分は純文学の作家だ、自分は大衆に向けた小説を書く作家だと考えているふしがあります。 また、それぞれを読む読者も、そのような気持ちで作品に接しているのではないでしょうか。 このように分けられた場合、大衆小説よりも純文学のほう […]
  • 村上と竹内の共通点村上と竹内の共通点 世の中は大型連休に入りました。私は休日とは関係なく過ごしていますので、それが大型だといわれても、何も変化がありません。 そんな私ではありますが、今の時期、各地で高校野球春季大会が開かれており、この時期は例年、その観戦に出かけるのが習慣となっています。 昨日(28日)も高い気温の中、球場のスタンドで観戦してきました。 球場への行き返りの電車の中や、球場で試合 […]
  • 駒音高く4一飛駒音高く4一飛 私は昔から、日曜日の午前中に放送される「NHK杯テレビ将棋トーナメント」を見る習慣を持ちます。それでありながら、2012年までは将棋のルールがわからないまま見ていました。 https://indy-muti.com/41522 こんな私ですから、今も、番組を見てはいても、将棋の本当の面白さというのはまったくわかっていません。 そんな私ではありますが、今 […]