32bit floatで録った素材を最大限に活かす

私の興味の対象は、そのときどきで変わり、ある対象に興味を持つと、しばらくそれに集中する傾向があることを本コーナーで書いています。

私が今興味を持っているのは音周辺に関することです。

きっかけとなったのは、今月の13日、以前から欲しかったマイク付きレコーダーをようやく手に入れることができたことです。

ZOOM”M3 MicTrak”です。

ZOOM M3 MicTrak

M3 MicTrakには画期的な機能がいくつも搭載されています。それらについては、購入した時、本コーナーで書きましたので、それを参照してください。

繰り返して書いておけば、大きく分けて、次のふたつの機能になります。

  • M/S方式で収録でき、しかも、録った音のステレオ幅を調節できる
  • 32bit floatで記録できる

M3についているマイクは、中央部の音を拾うショットガンタイプのMidマイクと、左右の音を拾うSideマイクが合体した構造になっています。

録音時は、モノラルのほか、90度と120度のステレオ幅を選んでセットでき、その設定で録音した音は、通常のステレオ・ファイルとして保存されます。

M3 MicTrakで特徴的なのは、それとは別に、録ったあとに劣化なしに調整できるM/S RAWファイルが同時に作成されることです。

このRAWファイルを読み込むための専用の編集ソフトである”M3 Edit & Play”を使うことで、録音時に設定したよりも広い、150度のステレオ幅に変更することができます。

もうひとつの大きな特徴が、32bit floatによる録音です。私は同じZOOMのフィールドレコーダーで、32bit float技術が搭載された”F2”を一年以上使っていますので、根本的な原理を完全に理解しているとはいえませんが、それなりに使いこなすことができています。

32bit floatを大ざっぱにわかりやすくいえば、録音時に録音レベルを一切気にせずに録音でき、録音した音のレベルは、あとで自分が望むように自由に調節できる技術です。

【32bit Float】オーディオインターフェース UAC-232【ZOOM】

たとえば、小さな音に録音されていても、audio editorでゲインを上げることで、すぐに使える音素材になります。

ただ、この技術を扱いなれていない人は、とっつきにくく感じることもある(?)かもしれません。

私もいろいろ試してみて、M3 MicTrakで録音した音は、ステレオ幅を調節必要があるときはM3 Edit & Playを使いますが、ゲインの調節などは、iZotopeRX 10 Standardを使います。

このaudio editorにはさまざまな機能が搭載されていますが、ゲインの調節などを簡単に、しかも的確に行える”Loudness Control”が搭載されています。

これには、あらかじめ23のプリセットが用意されており、その中から自分に合ったものをを選び、そのセッティングでレンダリングするだけで、ほぼ望むようなゲイン調整が行えてしまいます。

Izotope RX の「ラウドネス コントロール」で音量をマスター

M3 MicTrakを入手した直後、本コーナーで、私が庭で収録したウグイスの鳴き声を紹介しました。このときは、Loudness Controlはまだ使わず、M3 Edit & Playで、メーターを目で見ながらゲインの調節をしました。

それを今回、RX 10 StandardのLoudness Controlで音声レベルの調節をし直してみました。なお、私が選んだプリセットは、”Podcast Delibery”です。

なお、このプリセットは次のような設定になっています。

  • True peak[dB]: -1.0
  • Integrated[LKFS]: -16.0
  • Tolerance[LU]: 0.5

本プリセットには、世界の国や地域の放送業界で使用するラウドネスの基準が多くあります。ちなみに、日本として[ARIB TR-B32 A/85]が割り当てられており、設定は次のようになっています。

  • True peak[dB]: -1.0
  • Integrated[LKFS]: -24
  • Tolerance[LU]: 2

これで音声レベルを整えたウグイスの声を下に載せておきます。できたら、ヘッドホンでお聴きになってください。その方が、音の広がりがわかってもらえると思います。

ステレオ幅は、録音時が120度で、編集時に150度にしています。

ウグイスの声(0715)(ラウドネス・コントロール適用)

Loudness Controlを使わない録音ファイルも下に載せておきますので、違いを聴き分けてみてください。

ウグイスの声(2023.7.15)

RX 10 StandardのLoudness Controlを使うことで、はじめて、32bit floatが本来持つダイナミックレンジの広さが表現できるといえましょうか。

音の録音と、録ったあとの編集にこだわると、これはこれで奥が広く、興味が尽きません。

今度は、蝉が鳴き出したらそれを収録し、ステレオ幅150度で聴いてもらおうと考えています。

気になる投稿はありますか?

  • やっぱりいい音だったイヤホンやっぱりいい音だったイヤホン 前回の本コーナーでは、別の目的でたまたま購入したイヤホンを実際に使てみたら、何の期待もしなかったイヤホンから、想像を超える良い音が聴こえてきて驚いたことを書きました。 https://indy-muti.com/49680/ その続編になります。 前回書いた中で、そのイヤホンの音が良く聴こえるのは、もしかしたら、私が使うタブレットPCのサウンド設計がそ […]
  • DaVinciのFusion使っていますか?DaVinciのFusion使っていますか? 昨年末、ふと思いついて、一年半ほど休止状態にあったネットの動画サイトYouTubeの自分のチャンネルに、また、動画を上げることを始めました。 これを始めたことで、動画編集ソフトを使う機会が増えました。 私が使うソフトはBlackMagic DesiginのDaVinci Resolve […]
  • 最新音声編集プラグインの凄さに驚き最新音声編集プラグインの凄さに驚き 昨日の本コーナーの最後に、iZotopeから登場したばかりの、実に画期的な音声編集プラグインについて書きました。”VEA”です。 iZotope VEA https://youtu.be/yFAbtc23-gQ VEA […]
  • 文字起こしはDaVinciに一日の長文字起こしはDaVinciに一日の長 昨年末から年始にかけ、あることを集中的にしています。 一昨年(2022年)7月末に、ある理由によって、ネットの動画共有サイトYouTubeの自分のチャンネルからすべて引き上げた自分の動画を再び上げることです。 該当の動画を自分のPCからただ単に上げるのではなく、音声を中心によりよい状態に修正したのち上げています。 そしてもうひとつ、引き上げるまで自分の動画 […]
  • DaVinci Resolve Studioの自動文字起こしはかなり優秀DaVinci Resolve Studioの自動文字起こしはかなり優秀 前回の本コーナーは、ネットの動画共有サイトYouTube用動画に字幕をつけることについて書きました。 それを二度試し、自分なりのやり方を見つけました。 私が動画編集に使うソフトは、BlackMagic DesignのDaVinci Resolve […]