素人の動画撮影は気楽に

昨日の本コーナーでは、BSプレミアムで放送された昆虫画家の熊田千佳慕19112009)のドキュメンタリー番組について書きました。

それを見ながら感じたことを書いておきます。

今は動画撮影と、YouTubeなどを使った動画投稿が盛んです。それ以前は、普通の人がビデオを撮影するのは、家族や行事の記録など、限られたものしかなかった(?)でしょう。

メーカーとしてもその動向に沿うように、使ってもらえそうなカメラを乱発している印象です。

YouTubeへの投稿が熱心ないわゆるVloggerは、ミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)の動画撮影機能を使うか、もっと上のレベルを目指す人であれば、プロがシネマの撮影に用いるシネマカメラを使います。

そこまでいかない普通の個人であっても、よりよい画を求め、ミラーレスで撮影する人が多くなっています。

私自身も、昔から映像が好きなこともあり、ミラーレスで動画を撮ることをいろいろと「研究」してきました。

ただ、カメラにしても道具ですが、道具というのは、必要になったときに使うべきものです。そして、それが本当には必要ないのであれば、その「道具」は持ち出すまでもないことになります。

私は趣味で動画を撮っており、シネマのような作品を作りたいわけでもありません。なのであれば、シネマのような表現ができるミラーレスでわざわざ撮影するまでもない人間に該当します。

昆虫画家の熊田さんの番組は、NHKが放送を前提に撮影していますが、使っているカメラはビデオカメラです。といっても、私が使うような民生用ではなく、放送用のカメラでしょう。

番組が作られたのは2004年ですから、今のような、ミラーレスで動画を撮るブームの随分前です。テレビ局で使うビデオカメラであっても、撮像素子は、民生用ビデオカメラとそれほど変わらないか、少し大きいぐらいだったでしょう。

そのようなカメラで撮影された映像を見て、不満に思う人はいないと思います。私もまったく不満は感じませんでした。

テレビの番組を見る人は、画像の美しさよりも、伝えられる内容に心が向かうものです。どんなに美しい映像であっても、内容が薄ければ、見た人は感心しません。

ビデオカメラで制作されているため、ミラーレスの動画で行われるような、カラーコレクションやカラーグレーディングのようなものは施されていないと思われます。

映像はほぼ撮ったままで、あとは、カット編集が念入りにされたはずです。

映像の制作は、本来そうあるべきであるように感じます。

私が日常的に動画に撮るものとしては、家で飼っている猫たちや、庭の草花や、庭から見える風景などの記録です。これらの撮影をする限り、ミラーレスを持ち出すまでもありません。

ということで、記録の動画を撮るのであれば、中古で手に入れた民生用ビデオカメラで十分なのではないか、と改めて考えました。

キヤノンのビデオカメラ iVIS-HF-M41

ミラーレスを使わなければ表現できない映像もあるにはあるでしょう。しかし、私の場合、それがどんなものなのか、すぐには思い浮かびません。

何か思い浮かんだときはミラーレスを使うことにして、日常的には、いろいろなカメラに目移りをせず、手元にあるビデオカメラをメインに使おうと思っています。

気になる投稿はありますか?

  • もうひとつのNDフィルター効果もうひとつのNDフィルター効果 昨日(21日)の本コーナーで、可変NDフィルターを写真の撮影に使った話を書きました。 その中で、可変NDフィルターをつけて撮影した画像が「いい感じ」に見えると書きました。続けて、そのように感じる理由についてはまだわからないので、何か気がついたことがあったら書く、と書きました。 https://indy-muti.com/51737 まだ「途中経過」で、 […]
  • 可変NDフィルターを普段使いできるかも可変NDフィルターを普段使いできるかも 本コーナーで先週、写真を撮る際、思いつきでNDフィルターをつけてみたら、いい感じに撮れたことを書きました。 https://indy-muti.com/51625 私がメインで使うカメラは、ソニーのミラーレス一眼カメラのα7 IIです。上の投稿時は、マウントアダプタを介して、ヤシカ・コンタックス用カーツ・ツァイス プラナー50ミリ […]
  • ステレオグラムの効果ステレオグラムの効果 どんなものでも酷使すると、何らかの障害を引き起こします。私は最近それを経験しました。 私の「障害」が起きた部位は眼です。 私の母は私が幼い頃から眼病を患い、私が小学生のとき、片方の眼球を摘出し、義眼を入れる手術を受けました。その後、残ったほうの眼も光が失われ、私が中学生のときに全盲になりました。 私の家族は両親と姉の四人でした。今は私以外の家族は亡くなりま […]
  • 〇が落ちてきた夢〇が落ちてきた夢 夢は、よく見る人とまったく見ない人に分かれるのでしょうか。 小説家の村上春樹(1949~)は、エッセイで自分について、夢をほとんど見ないと書きます。また、彼が一人称で書く作品の主人公も夢を見ない場合が多いです。 私はよく夢を見るたちにできているようです。 昨日の朝に目覚めたときにも直前まで夢を見ていました。朝といっても、私の場合は、普通の人と時間が3時間ほ […]
  • 井上ひさしの講演をオーディオブックで堪能井上ひさしの講演をオーディオブックで堪能 5月に替わるタイミングで、AmazonのサービスであるAudible(オーディブル)を使い始めたことは本コーナーで書いたばかりです。 https://indy-muti.com/51575 その投稿で、村上春樹(1949~)のオーディオブックを最初に利用したように書きましたが、実はその前に、松本清張(1909~1992)の作品を耳で楽しみました。 私が […]