ビデオカメラで月の動画

月の動画を、私が持っているいろいろなカメラで撮影し、写り具合を確認しています。

今回は、キヤノンのビデオカメラ iVIS HF M41を使って撮影しました。

キヤノンのビデオカメラ iVIS-HF-M41

関東地方は天気が下り坂の予報でした。しかし、この動画を撮影した午前5時半頃、関東南部の当地上空にはまだ晴れ間が残っていました。

iVIS HF M41は、動画をマニュアル露出で撮影できるモードはありません。露出モードには次の種類があります。

  • P(プログラム)AE
  • シャッター優先AE
  • 絞り優先AE
  • シーンモード

そこで、絞り優先AEを使い、絞り込んで撮影しようと思いました。しかし、F値がf/8.0までしか使えないため、月が白飛びしてしまいます。

どうにか、月を白飛びさせずに撮影できないか試し、結果的には、シーンモードにある「スポットライト」で、今回の動画撮影ができました。

今回使った「スポットライト」は、暗い舞台で、ある人物だけにスポットライトがあたったような状態にある撮影設定になります。暗い空に浮かぶ白い月が、ちょうど、暗い舞台でスポットライトを浴びて白く光る状態に近く、狙い通りの撮影ができました。

撮影フレームレートは、60iです。これについては、本コーナーで取り上げたばかりです。60がフレームレートで、”i”は「インターレース」のことです。

天気が下り坂に向かっているということで、上空の湿度が高くなっているようで、月もその湿度で周囲にフレアが生じているように見えます。

また、薄い雲が月の前を通過する様子が見えます。

月動画(2023.3.13)

iVIS HF M41についているレンズは、焦点距離が6.1~63ミリの10倍ズームレンズです。35ミリフルサイズに換算すると、43.6ミリから436ミリに相当します。

最望遠の436ミリ相当で撮影しています。

iVIS HF M41に搭載されている撮像素子は、1/2.3型よりも小型の1/3型です。しかし、テレビ局などで使われていたプロ用ビデオカメラに搭載された撮像素子と同程度の大きさだということです。

思いのほか、綺麗に撮影できたように感じます。

気になる投稿はありますか?

  • 被写界深度を意識していますか?被写界深度を意識していますか? メインカメラとしてキヤノンのミラーレス一眼カメラ、EOS RPを使い始めて二週間です。 ただ、最初の一週間は、RFマウントのレンズがなく、マウントアダプタを介して、フィルム一眼レフカメラ時代のレンズを使ったため、RPが持つ機能の数分の一程度しか実感できない使い方でした。 ですので、RFマウント用レンズとして購入したRF28mm F2.8 […]
  • EOS RPで動画を手軽で軽量にEOS RPで動画を手軽で軽量に 私が使うメインカメラをソニーのミラーレス一眼カメラのα7 IIから、キヤノンのEOS RPへ変更して二週間目の途中です。 Canon EOS RPにRF28mm F2.8 […]
  • 青空をどこまでも青く青空をどこまでも青く 関東甲信は昨日(18日)梅雨明けした模様と発表がありました。平年より1日、昨年より4日早い梅雨明けです。 今年の関東甲信の梅雨の期間は、もしかしたら、歴史的に見ても短かったのではないでしょうか。梅雨入りしたのは6月21日ですが、これは平年より14日、昨年より13日遅い梅雨入りです。 なんでも、過去三番目に遅い梅雨入りになるようです。 加えて、梅雨の期間中の […]
  • 趣味でミラーレス動画を撮るなら趣味でミラーレス動画を撮るなら 私がメインで使うカメラとしてキヤノンのミラーレス一眼カメラ、EOS RPに乗り換えて十日が過ぎました。 前回までの更新で書いたように、小型で軽量のRPに、RFマウント用レンズとしては最も小型で軽量のRF28mm F2.8 STMをつけたコンビが気に入っています。 Canon EOS RPにRF28mm F2.8 […]
  • RPとRF28mmとコントロールリングRPとRF28mmとコントロールリング キヤノンのミラーレス一眼カメラ、EOS RPを使い始めて十日です。 もしも未だに、RFマウントのレンズではなく、マウントアダプタを介して、昔にフィルムの一眼レフカメラで使ったレンズをRPにつけて使っていたら、使いにくさから、RPに嫌気が射していたかもしれません。 その嫌な流れ(?)を一気に変えたのは、今週になって使い始めたRFマウント用レンズのRF28mm […]