露出とWBの考え方がスチルと動画は違う?

私は趣味で写真と動画の撮影を楽しんでいます。

フィルムの時代は、写真を撮るカメラと映像を撮るカメラは別でした。それが今は、ミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)でどちらも撮影できます。

今でも動画撮影用のカメラとしてビデオカメラがありますが、映像を本格的に撮りたい人は、ミラーレスの動画撮影機能を使う人が多いでしょう。

ミラーレスで写真も動画も撮れますが、スチルと動画は、露出やホワイトバランス(WB)に関しては、考え方が違うように私には思えます。

私はどちらもマニュアル露出で撮ることが多いです。

ネットの動画共有サイトのYouTubeで、写真家でカメラマンの渡部さとる氏(1961~)に、「感度分の〇〇」という考え方を教わりました。これが今や、私にとっては、スチルを撮る上での不変の考え方になっています。

たとえば、深みのある青空を取りたかったら、「感度分の16」にするというものです。この設定をすれば、世界中のどこで撮影しても、深みのある青空が撮影できる、という考え方です。

この撮り方については本コーナーで何度か書きました。これは簡単で、ISO感度の数字とシャッター速度の数字を同じにし、F値をf/16にするだけです。

たとえば、ISO感度をISO400にしたら、シャッター速度を1/400秒にし、F値をf/16にすればいいのです。

ミラーレスで撮影する動画は、面倒くさいことが多くなります。

露出ですが、これはソニーのミラーレスでLog撮影するときでいわれていることですが、適正露出より露出オーバーで撮ることが推奨されています。

実際に私も試してみましたが、たしかに、ノイズがのらない動画が撮影できました。

それは別にして、この露出の考え方からしてスチルと動画に大きな違いを感じます。

スチルでも撮る人で考え方が違うでしょう。露出がオーバー気味のハイキーの写真が好きな人がいるかもしれません。私の場合は逆で、露出を絞ったローキーの写真が好きです。

写真家の野村誠一氏(1951~)もローキーの写真を好むと話されています。以前見た動画では、露出をできるだけ低く抑える、というような話をされていました。

たとえば車の写真撮影を依頼されたときは、太陽が昇った直後ぐらいに撮影し、全体に暗い車体に、登り始めた太陽を受けた部分だけが光って見えるように撮影した、というような話でした。

【野村誠一No012写真塾】McLaren 570Sサウンドに心が揺れた。そのエンジン音に痺れた。写真家野村誠一

ミラーレスで撮る動画であっても、露出の考え方は様々だろうと思います。しかし、日本では、淡い色調の動画が好まれる傾向がある(?)ように思われます。

スチルでいうハイキーの傾向を持つ動画になりますか。

私の場合は趣味で動画を撮るわけですから、自分で好きなように撮るだけです。ですから、他の人がハイキーに動画を撮っていても、自分だけローキーで撮っても構わないわけです。

一度は、露出を1と2/3段程度オーバー気味に撮影し、その有効性を確認しました。しかし今は元に戻り、適正か、逆にアンダー気味の動画表現に興味を持っています。

次に私が着目するのはホワイトバランス(WB)です。

私は、昨年10月末に、今のα7 IIに一年半ぶりに戻りました。αシリーズのほかのカメラは、初代のα7以外知りませんが、私はこのカメラのWBを気に入っている、とこのカメラを再び使い始めたときに本コーナーで書きました。

その考えは今も変わっていません。ですから、WBはオートのAWBにほぼ固定したまま使っています。

ミラーレスを使って動画を撮ることを仕事にしている人は、ソニーのAWBは気に入らないようで、色温度を測定し、正確な色で記録しているようです。

その話を知り、自分でも試してみましたが、これもまた、元のAWBに戻りつつあります。もっとも、私の場合は趣味で撮影しているから許されることといえましょう。

ここまで書いてきたことを、実例を比べて見てもらいます。

可変式NDフィルターをつけホワイトバランスを「太陽光」にして撮影

これが、動画表現で最適だと思われる露出で撮影したものです。

青空と新緑

次に、こちらが昨日、同じ場所を「感度分の13」で撮影したスチルです。

この画像のデータを載せておきます。

  • レンズ焦点距離:32ミリ
  • 露出プログラム:マニュアル露出
  • ホワイトバランス:オートホワイトバランス
  • ISO感度:ISO200
  • シャッター速度:1/200秒
  • F値:f/13.0

ISO感度の数字とシャッター速度を同じ200にし、F値をこの場合はf/13にしたので「感度分の13」になります。

動画とスチルを比べると、空の青や木の緑の色が違います。動画を撮影した時は快晴だったのが、スチルを撮った昨日は薄い雲があるという違いがありますが、それにしても色の出方が違います。

私はスチルの色の方が動画の色よりも好きなのです。動画の青空は、書き割りの青空のように見えなくもありません。

このような違いが、動画とスチルにはあるように私は感じているというわけです。

それで、できることなら、動画もスチルのような味わいにできないものか、と素人の私は考えているところです。

気になる投稿はありますか?

  • 私のカメラ三兄弟私のカメラ三兄弟 カメラメーカーや、同じカメラであっても世代によって内部の設定が異なります。 例えば、ホワイトバランス(WB)に違いを感じます。 私が今、写真を撮るのに使うのはソニーのミラーレス一眼α7 IIとキヤノンのデジタル一眼レフカメラEOS 30D、ペンタックスの小型ミラーレス一眼カメラPENTAX […]
  • 増分と差分 どちらが自分に合うか考え中増分と差分 どちらが自分に合うか考え中 バックアップについて考えています。 物理的なものにはバックアップという考え方をしません。例えば、油彩画が一枚あるとします。それが、災害などで傷がついたり、失われたりする可能性はあります。だからといって、まったく同じ物を用意し、それをバックアップとして、どこか安全なところに保管するわけにはいきません。 油彩画は一点物で、それに代わる物がほかにはないからです。 […]
  • 絞り優先AEで楽しく絞り優先AEで楽しく 私がメインで使うカメラはソニーのミラーレス一眼カメラα7 IIです。私はこのカメラに、フィルムの一眼レフカメラ用に昔に買い求めたマニュアルフォーカスレンズをつけて使うことが多いです。 そのレンズは、ヤシカ・コンタックス用カールツァイス・プラナー50ミリF1.4です。もう半世紀以上使っています。 ヤシカ・コンタックス用カール・ツァイス プラナー50mm […]
  • VHS誕生秘話VHS誕生秘話 本コーナーで事あるごとに書くように、私は昔から映像に興味を持ちます。家庭用VTRがない時代は、個人が唯一扱えた8ミリ映画を趣味としました。 デジタルで動画を撮る今の時代からは想像できないかもしれません。8ミリフィルムはカートリッジに入っており、一本のフィルムの長さは50フィート(15メートル)で、撮影できる時間は、毎秒18コマで、3分20秒ほどでした。 フジカシ […]
  • 気軽に楽しむのも写真の魅力気軽に楽しむのも写真の魅力 私は昔から写真を趣味としています。デジタル時代の今は、ソニーのミラーレス一眼カメラのα7 IIがメインカメラです。が、一時的かもしれませんが、今は、キヤノンのEOS 30Dの使用頻度が高くなっています。 そのことは、本コーナーで26日に書いたばかりです。その後もその状態が続き、昨日はそれが「レベルアップ」しました。 EOS […]