瓢箪から極上の色確認モニタとなるか?

今回は、私が作った動画を見てもらうことから始めます。

マッチムーブのテスト

前回の更新では、次の動画を見てもらいました。

ROADOM 7インチタッチモニター

それの変型版です。今週月曜日に購入し、早速使い出した「ROADOM 7インチ Raspberry Pi用タッチモニター IPS」という廉価なモニタを紹介した動画から、モニタに表示されている映像を別のものに換えた動画です。

この動画を作るために撮影し直したわけではありません。私が使う動画編集ソフトのDaVince Resolve Studio(DaVinci)のある機能を試しに使い、その使い心地を確認した動画です。

このような機能を、DaVinciでは「マッチムーブ」というらしいです。ネットの動画共有サイトのYouTubeでたまたま見た次の動画で、そのやり方を説明してくれています。

【DaVinci Resolve 15】7.6 ResolveFX/はめ込み合成(マッチムーブ)

簡単にできそうに感じ、直前に撮影したモニタの映像がそのテストにちょうど良かったので、自分でもやってみました。

エフェクト名に「ムーブ」とあることからわかるように、動きがあるものに、別の動画素材をはめ込む効果があります。

今回私が使った動画は、モニタが固定して動かないため、トラッキング機能は使っていません。「ポジショニング」で、別の素材をはめ込みたい部分にはめ込むよう設定するだけで簡単に実現できます。

私は以前使っていた動画編集ソフトのVegas Proでモーショントラッキングのやり方を動画にしたことがあります。それに比べると、DaVinciのマッチムーブは手軽にできます。

これを使うと良さそうな素材があれば、使ってみるとおもしろいです。

ここまで書いたことは前置きのようなものです。その中にも登場した、私が手に入れたばかりの7インチモニタの使い道を考えているというのが今回の本題です。

私がそのモニタを購入した動機は、自分の手元を撮影するような場合、カメラの背面モニタではなく、別にモニタがあれば、撮影がしやすいだろうと考えたことです。

その目的は手に入れたモニタで叶えられました。しかし、それだけの利用に留めるのがもったいないように感じ始めました。前回の更新でも触れたように、1万円弱で手に入れたモニタであるのに、あるユーザーのレビューであったように、発色がとても良く感じたからです。

このモニタは、PCと接続して使うことができます。試しに、私が使うノートPCに接続してみました。ノートPCにはAタイプのHDMI端子がついています。モニタにも同じ端子があり、両方の端子をケーブルでつなぐだけで、ノートPCと同じデスクトップ画面が7インチモニタに表示されます。

ノートPCのモニタと違うところは、7インチモニタのほうは、タッチパネルであることです。スマートフォン(スマホ)やタブレットPCは画面をタッチして操作しますが、同じことが手に入れた7インチモニタでもできるのです。

そして、スマホやタブレットPCと違うのは、7インチモニタ上でしたことが、それがつながっているノートPCの画面にも反映されることです。2台が同じ画面を共有していることになります。

それを確認しながら、メインで使うデスクトップPCで同じ環境を作ったら、便利に使えそうに思いました。

ただ、すぐさま実現することはできません。私が使うデスクトップPCは、自分でパーツを選んで組んだいわゆる自作PCです。このPCにはAタイプのHDMI端子がひとつあるだけです。

本日の豆打ち明け話
私のPCには、元々はHDMI端子がありますが、うまく接続できていないのか、信号を送れないじょうたいです。今使っているHDMI端子は、あとで追加した、ビデオカードについていた端子です。

そのひとつの端子を、液晶モニタのために使っています。

そこで、HDMI端子から液晶モニタに送出するようになるまで使っていたDVI端子と液晶モニタを接続し、空いたHDMI端子と7インチモニタを接続して試してみました。

DVI端子

この場合は、2台のモニタとして認識されるため、同じ画面を2台で共有することができないことがわかりました。これはこれで使い道があります。メインモニタで表示しきれない画面を、サブモニタに表示させ、両方を見ながら作業をするといったようなときには便利でしょう。

ただその場合は、サブモニタである7インチモニタ上でしたことが、メインモニタには反映されません。逆の場合も同じです。

7インチのモニタで、私には魅力的だったタッチパネルがメインモニタに反映されないことが、私に、この方法での接続への魅力を低減させました。

そこで、ひとつのHDMI端子からの出力を複数に分配することを考えました。その用途で使う人も多いようで、商品化されています。HDMI分配器というのがそれです。

これには2種類あることがわかりました。分配した画面を同時に表示できるか、できないかの2種類です。私の場合は、同時に表示できなければ意味がありませんので、購入するとすれば、2台同時表示の分配器を選ぶことになります。

昨日、ノートPCで試した時は、HDMI端子を接続するだけで7インチモニタに表示されたか、それとも、それとは別に、それぞれのUSB端子の接続も必要だったか、忘れました。

USB端子の接続も必要であれば、そのためのケーブルも必要になります。

このほど手に入れた7インチモニタは、廉価であるのに、発色がとても良いのが持ち味です。私が使っているノートPCは前に購入したもので、低価格であったこともあってか、ノートPCに評される画面よりも7インチモニタの画面の方が綺麗に見えました。

それを活かして、たとえば、スチルや動画の色編集をするとき、確認用のモニタとして使えるかもしれません。

このモニタを販売するAmazonにあった個人のレビューでも、20万円ぐらいしたカラーマネジメントモニタと同等の発色だとするものがありました。

それ相当のことが1万円弱で実現できるのであれば、悪い話ではありません。

というわけで、それを購入するまでは、手元を撮る動画のときに使うつもりでしたが、意外なことに、普段も便利に使えそうに思えてきました。

こういうのを「瓢箪(ひょうたん)から駒が出る」というのでしょうか。

気になる投稿はありますか?

  • ウグイスと+αの音ウグイスと+αの音 今年は春の訪れが遅くなりました。 甲子園球場でセンバツ大会(選抜高等学校野球大会)が行われた3月末は、季節外れの冷え込みとなり、甲子園で雪の舞う日までありました。暖冬の予報で、桜の開花も早まるかと思っていましたが、春を前に季節が足踏みし、開花時期も遅れました。 4月になると、季節の歩みの遅さを取り戻すように、気温が上がってきました。季節の移り変わりは平坦ではなく […]
  • 規則正しい鳥の鳴き声規則正しい鳥の鳴き声 今日は「春分の日」。まもなく東京で桜が開花し、春本番を感じるようになります。庭から鳥たちの鳴き声が聴こえる季節となりました。 私が撮る写真は身の周りの何でもないものがほとんどです。これは、音の収録対象にも通じます。 私は映像と共に音にも興味を持ちます。持っているといっても、どこか遠くへ出かけて音を収音することはありません。庭から鳥の鳴き声が聴こえてきたりすると、 […]
  • やっぱりいい音だったイヤホンやっぱりいい音だったイヤホン 前回の本コーナーでは、別の目的でたまたま購入したイヤホンを実際に使てみたら、何の期待もしなかったイヤホンから、想像を超える良い音が聴こえてきて驚いたことを書きました。 https://indy-muti.com/49680/ その続編になります。 前回書いた中で、そのイヤホンの音が良く聴こえるのは、もしかしたら、私が使うタブレットPCのサウンド設計がそ […]
  • DaVinciのFusion使っていますか?DaVinciのFusion使っていますか? 昨年末、ふと思いついて、一年半ほど休止状態にあったネットの動画サイトYouTubeの自分のチャンネルに、また、動画を上げることを始めました。 これを始めたことで、動画編集ソフトを使う機会が増えました。 私が使うソフトはBlackMagic DesiginのDaVinci Resolve […]
  • 最新音声編集プラグインの凄さに驚き最新音声編集プラグインの凄さに驚き 昨日の本コーナーの最後に、iZotopeから登場したばかりの、実に画期的な音声編集プラグインについて書きました。”VEA”です。 iZotope VEA https://youtu.be/yFAbtc23-gQ VEA […]