ヘプバーンの別の顔

このところ本コーナーでおなじみの、レコーダーに録画した古い米国映画を見る行為ですが、前回に引き続き、オードリー・ヘプバーン19291993)が主演した作品を見ました。

ただ、今回の作品は、世間でイメージされる彼女の作品とは毛色が変わっていました。ヘプバーンが盲人を演じた『暗くなるまで待って』です。

Wait Until Dark (1967) Official Trailer – Audrey Hepburn, Alan Arkin Movie HD

米国で公開されたのは、1967年10月末。日本は翌年の1968年5月1日。当時、すでに大型連休というのがあるのであれば、それに合わせての公開になります。

時代背景としては、日本では、2年後に大阪万博が控えていた年になります。

昨今の話題に絡めれば、統一教会文鮮明19202012)が、この年に、同教会の政治部門を担う国際勝共連合を作っています。

日本の国民が、大阪万博に関心を寄せつつあった頃、韓国で生まれたカルト宗教が日本の政治に忍び寄り、日本人の目が届かないところで、日本を操り始めた年といえましょう。

今回取り上げる作品は、ヘプバーンが主演した作品であるにも拘らず、生臭い話題が似合います。

前回取り上げた『麗しのサブリナ』1954)と同じチャールズ・ラング19021998)が撮影監督をしたため、その興味も手伝った本作を見ましたが、意外な感触です。

テクニカラーで作られた作品ですが、発色が特別良いわけでなく、配色に気を使ったあとも見られません。

ズームレンズを使い、ワンカットでズームを使う場面も見られます。

ケネディ空港(ジョン・F・ケネディ国際空港)行きの小型旅客機が離陸するシーンが冒頭にありますが、その場面も、三脚は使っていると思いますが、画面が幾分揺れており、華麗に撮影された印象がありません。

作風に合わせ、ドキュメンタリータッチで撮影した(?)のかもしれません。

ネットの事典ウィキペディアを見ますと、フレデリック・ノット19162002)の舞台劇『暗くなるまで待って』1966)の戯曲を原作としています。

道理で、映画でも、ヘプバーンが演じるスージーという盲目の女性が住む、半地下のアパートの室内の場面が多いです。

Needing Help | Wait Until Dark | Warner Archive

彼女の夫のサムは写真家で、家を空けることが多いようです。その日も、別の土地で仕事を終えたあと、小型旅客機で妻とふたりで住むニューヨークへ戻ります。

空港についてサムがロビーを歩いていると、同じ旅客機に載っていた見知らぬリサという若い女から、少女の形をした縫いぐるみの人形を渡されます。

その場面は、会話の声は聞こえないように撮られています。ふたりの身振りから、サムが、仕方なくそれを受け取るように描かれます。このあたりも、ドキュメンタリー風です。

何気なく見える人形の中に、実は麻薬が忍ばせられており、運び屋のリサは、それをのちのち自分で売買することを考え、一時的に、自分の手から離すため、同じ旅客機にたまたま乗り合わせたサムを利用しようとしたのです。

リサから人形を無理に預けられたサムが自宅のアパートに戻ったことで、妻のスージーが、人形を取り戻しに現れるワルの連中との騒動に巻き込まれるサスペンス作品です。

ワルの男は3人登場します。

そのうちの2人は、過去にもリサと組んで詐欺を働いています。適当な夫婦を見つけては、リサが夫に近づいて関係を持ち、それを種にして金を脅して取る犯罪です。

この2人の男が、人殺しも辞さない本物のワルのロートと関わりを持つようになり、逃げるに逃げられなくなります。

悪党のロートを演じるのはアラン・アーキン1934~)という俳優です。

キャスティングの段階では、ジョージ・C・スコット19271999)とロッド・スタイガー19252002)に依頼したそうですが、断られ、アーキンに決まったようです。

スコットといえば、『パットン大戦車軍団』1970)で、実在したジョージ・パットン将軍(18851945)を演じ、アカデミー主演男優賞に選ばれました。しかし、スコットは「アカデミーショーなんて下らないお祭り騒ぎに関るのは御免だ」と同賞の受賞を断った逸話が知られます。

Patton (3/5) Movie CLIP – Rommel, You Magnificent Bastard (1970) HD

スコットがロートを演じたら、もっと充実した作品になったように思います。

ヘプバーン以外は、私が知らない俳優ばかりです。ロートを演じたアーキンにしても、短い髪の毛がさらさらです。丸い、真っ黒なサングラスをかけていますが、ワルとしては物足りないです。

もっとも、その程度のワルが悪さをするところを描くことで、より、ドキュメンタリーチックに見せる効果を狙った(?)と考えられなくもありません。

本作への出演をヘプバーンに持ち掛けたのは、当時、夫婦関係にあったメル・ファーラー19172008)です。

ファーラーは女性関係が派手で、5回結婚しています。ヘプバーンは4番目の妻で、関係は、1954年から1968年までです。

ということは、本作が米国で公開された翌年に離婚していることになります。もしも、ヘプバーンがファーラーと一緒にいなければ、本作への出演はなかったでしょう。

冒頭で書きましたが、本作はヘプバーンが持つカラーからは外れています。日本の女優でイメージ的に例えれば、原節子19202015)が任侠の世界を描く作品に出るようなもの(?)でしょうか。

『東京物語 ニューデジタルリマスター』予告編

本作の監督はテレンス・ヤング19151994)です。

ヤングは、『007』シリーズのスタイルを確立した『007は殺しの番号』1962)〔1972年の再上映時に『007/ドクター・ノオ』に邦題を変更〕、『007/危機一発』1963)〔1972年の再上映時に『007/ロシアより愛をこめて』に邦題を変更〕、『007/サンダーボール作戦』1965)を監督しています。

007 : James Bond : Theme
From Russia with Love Theme Song – James Bond

ほかには、『夜の訪問者』(1970)、『レッド・サン』1971)、『アマゾネス』1973)が彼の監督作品になります。

どれも、A級映画とはいえないように思います。娯楽作品としてはA級かもしれませんが。いずれにしても、味わい深く見る作品ではありません。

中ワルの2人組のひとり、カルリーノを演じた、太めで頭の脳天が薄く、いつも帽子をかぶっているジャック・ウェストン(1924~1996)という役者の演技は面白いと思いました。

3人組は、スージーのアパートの前にワゴン車を停め、カーテンを引いた車内で、作戦会議をします。

カルリーノはロートンを疑っており、指示を出すロートンの顔を凝視するシーンがあります。彼が見せた粘っこい目つきが興味深いです。それは欧米人が生まれ持つ表情ですから、淡泊な日本の俳優が真似てもなかなか出せないように感じます。

『暗くなるまで待って』一場面

ヘプバーンにとっての本作は、それまでの作品とは違い、真の意味での演技を要求されたといえましょう。ごく普通の主婦の役ですから、衣装で話題を取ることもできません。

Keep Tapping! | Wait Until Dark | Warner Archive

それもあってか、撮影中に体重が15ポンド(7㎏弱)減った、とウィキペディアにはあります。アカデミー賞主演女優賞にノミネートされています。

ジョージ・C・スコットにいわせれば、関わりたくもない馬鹿なお祭り騒ぎでノミネートされただけの話になりますけれど。

彼女は、本作の監督のヤングに誘われて、『華麗なる相続人』1979)に出演していますが、乗り気ではなかったそうです。

公開された作品は、評論家に酷評され、興業的にも失敗に終わったそうです。

今回取り上げた『暗くなるまで待って』は、繰り返し見たくなるような作品には感じませんでした。主演を演じたヘプバーンにとって、本作はどんな位置づけでしょうか。

今後、彼女の作品がNHK BSプレミアムで放送されることがあれば録画し、見たあとに、本コーナーで取り上げることにしましょう。

気になる投稿はありますか?

  • 爆破シーン撮影方法が私には大いなる謎爆破シーン撮影方法が私には大いなる謎 今は放送業界でもデジタル化が進み、どんなシーンであっても、表現が可能となったでしょう。 しかし、それが今ほど進んでいない時代に作られたドラマを見ていて、どのように撮影されたのかわからないシーンに出会いました。 本コーナーでは何度となく登場させている、米国の刑事ドラマ『刑事コロンボ』シリーズのあるエピソードに登場するシーンです。 今現在、NHK […]
  • 変人を恋人に変える方法変人を恋人に変える方法 私は今年のある時期、米国映画を集中して見て、本コーナーで見たばかりの作品を取り上げることをしています。 私は基本的に、テレビ番組をオンタイム(「番組が放送されている時間」ぐらいの意味で使っています)で見ません。この習慣ができたのは、1980年代はじめに、出たばかりの民生用ビデオデッキを使い始めてからです。 放送されている番組とほとんど変わらないように見えた録画映 […]
  • YouTubeの追い出し部屋が無差別広告爆弾YouTubeの追い出し部屋が無差別広告爆弾 ネットユーザーにとり、動画が主要なコンテンツであることは理解しています。 私自身、ネットに接続するたび、いつも見ている動画配信者が新しい動画を配信していないか確認してしまったりします。 動画配信の最右翼であるYouTube(2005~)ですが、勢いに陰りが出てきたように私は感じています。YouTubeを運営するGoogle自身がユーザーよりも早くそれを感じ取り、 […]
  • 渥美清は背広を持っていなかった?渥美清は背広を持っていなかった? 朝日新聞・土曜版に、「山田洋次 夢をつくる」というコーナーがあります。「夢をつくる」仕事をする映画監督の山田洋次(1931~)が、自分の人生を振る返るように語るコーナーです。 確か3人の識者が交代で担当するため、三週間に一度登場することになります。他のふたりの識者は、作詞家の松本隆(1949~)と音楽プロデューサー、作詞・作曲・編曲家の亀田誠治(1964~)です。 […]
  • 奇跡的に美しい村の紀行番組奇跡的に美しい村の紀行番組 世界には実に様々な土地があり、そこに暮らす人々がいます。 あなたは「チンクエ・テッレ」という地方があることを知っていますか。世界の秘境を好んで旅をする作家の村上春樹(1949~)であれば、意外なほど野性的な面を持つ彼ですから、この土地はすでに知っており、もしかしたら実際に訪れたことがある(?)かもしれません。 https://indy-muti.com/257 […]