2001/12/28 世田谷一家殺害事件から1年

事件が発生し、未解決のまま間もなく1年が経つということで、今朝の新聞各紙にはその事件についての捜査状況が書かれています。

この事件は、2000年12月31日(あるいは30日)に世田谷区上祖師谷(現場宅からの最寄り駅は、小田急線成城学園前駅京王線千歳烏山駅で共に徒歩で20分から25分ほどの距離)で起こった「世田谷一家殺害事件」です。

事件のあらましを今日の朝日新聞の記事から転載してみますと以下の通りです。

2000年12月31日午前10時55分ごろ、東京都世田谷区上祖師谷3丁目の宮澤みきおさん宅で、宮澤さん(当時44)と妻泰子さん(同41)、長女にいなちゃん(同8)が刺殺され、長男礼君(同6)が窒息死させられているのが見つかった。犯行時刻は同月30日午後11時半過ぎとみられる。(以下略)

新聞には現場の状況が詳しく書かれていませんが、話によれば現場は血の海と化し、専門の捜査官でも目を背けたくなるほどの凄惨な状況だったようです。

当事件を特徴づける要素の一つは現場に残された遺留品の多さです。

  • 特徴的な犯人の指紋(変体紋:弓状や渦巻き状といった通常の分類には含まれない特異な形。選別が容易)
  • 足跡
  • 血液(A型)
  • 帽子
  • ジャンパー
  • 血のついたトレーナー
  • 手袋
  • マフラー
  • ヒップバッグ(のちに当バッグの中から50ミクロン〔1ミクロンは1千分の1ミリ〕のパウダー状のガラスビーズ5、6粒が見つかる)
  • 韓国製のテニスシューズ「スラセンジャー」

私は当事件には関心がなく、発生当時はマスメディアの報道にも熱心に目を通してはいないのですが、こうして遺留品のリストを改めて見返してみますと、その多さには驚かされるものがあります。

ここで、素人の私が疑問に思うのは、果たして真犯人はそれらを現場にわざわざ残して行ったのだろうかということです。普通の感覚でいけば、できるだけ捜査の手がかりにつながりそうな遺留品は残したくないというのが人の心理というものではないでしょうか。

捜査本部は当初から、犯人は犯行後、30日深夜から31日未明には当現場を後にしたと踏んでいたようです。

常識的には、私もそうだと思います。

最低気温が5度前後にまで下がる冬の室内に、電気もつけず居続ける理由はありません。しかも、現場には自分が殺害した死体が4体横たわっているのです。

しかし、ここに気になる事実が浮かび上がってきます。インターネットの接続記録です。

今週発売になった週刊文春に載っている当時の産経新聞の記事によりますと、「(事件が)発覚50分前までネット接続/犯行後31日午前1時過ぎと同日10時頃にもインターネットに接続した記録が複数残っていることが分かった」とあります。

これはどう解釈すればいいのでしょうか。

本サイトからもリンクを張らせてもらっています(※当時)ネットラジオ「ありがとう浜村淳です」の昨日、あるいは一昨日の放送の中で、その“現象”は解明された、と浜村淳さんはおっしゃっていました。

私はその方面のことには詳しくないのですが、浜村さんのお話によりますと、あらかじめお気に入りになっているサイトがある場合、ある一定の間隔で自動にアクセスさせることができる、とのことでした。ちなみに、宮澤さんご自身によって「劇団四季」の公式サイトはお気に入りに登録されていたそうです。

これが事実であれば、そこから犯人に結ぶつくような状況にはならなそうです。

しかし、もしも犯人自身がネットにアクセスしていたのだとすれば、状況は変わってきます。

これは私の勝手な推測なのですが、何の目的があってかわかりませんが、犯人が犯行現場に居続け、しかもネットに悠然とアクセスしていたとしたらどうでしょう。

そこへ、31日午前、思いがけず電話(被害者である泰子さんの実母。隣りに娘家族と住んでいたようです)がかかってきます。その後、不審に思った実母が現場を訪れ、惨状を目撃することになります。

その思いがけない“訪問者”に犯人が慌てふためき、多くの遺留品を現場に放置したまま現場から逃走した、という推測も成り立ちそうです。

第一、シューズをあらかじめ2足用意して犯行に望んだのなら別ですが、そうではなく、犯行後シューズを置いたまま逃走するというのは、いくら慌てたといえども不自然です。犯人はシューズなしで逃走したのでしょうか?

そうした事実をつなぎ合わせていきますと、警察が当初考えていた事件後の様相とは別の展開も描けそう、ではありませんか。

ともあれ、目下のところ事件は捜査中で真相はまだ藪の中ですが、それが一日も早く完全解明され、犯行の動機と事件の顛末を知りたいところではあります。

気になる投稿はありますか?

  • 熱いコーヒーとパスワードの取り扱い方熱いコーヒーとパスワードの取り扱い方 米国は日本に比べて裁判に訴えることが多く、訴訟社会のイメージがあります。過去にそれを象徴するような裁判があり、当時、日本でも話題になりました。 私は聞きかじりであったため、随分身勝手な訴訟人もいたものだ、と考えました。 私がイメージしたのは、車を運転してドライブスルーへ行き、熱い紙カップに入ったコーヒーを買い、それを両ひざで挟んで運転中、カップのコーヒーがこぼれ […]
  • 株を勝手に換金して持ち逃げ?!株を勝手に換金して持ち逃げ?! 電子決済サービスを通じ、銀行預金が不正に流出する被害が続いています。このたびは、ネット証券で投資をしていた顧客が被害に遭っていたことも明らかになりました。 被害者が出ているのが明らかになったのは、ネット証券最大手のSBI証券です。私もこのネット証券を使っており、このニュースは身近に感じました。 https://indy-muti.com/4296/ 今 […]
  • ドコモ口座被害とセキュリティドコモ口座被害とセキュリティ NTTドコモが提供する電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を悪用して不正に銀行から預金を引き出す犯罪が起きています。 この犯罪を知って連想したのは、コンビニ大手のセブンイレブンがサービス展開しようとしながら、結果的には頓挫した「セブン・ペイ」です。これと今回のドコモ口座の被害で共通するのは、サービスを利用していない人に被害が広がったことです。 セブン・ペイのとき […]
  • 2013/11/14 草加次郎事件と島倉千代子2013/11/14 草加次郎事件と島倉千代子 今月8日、歌手の島倉千代子が亡くなりました。享年は75だそうです。今は長生きする人が増えたため、少し早死にのように思えます。 https://youtu.be/EnxTRrBzkcQ 島倉死去のニュースを聞き、私はある事件を思い出しました。私とてリアルタイムでこの事件を知っているわけではありませんで、10年かそれ以上前、テレビのある番組がこの事件を取り上げ、 […]
  • 米権力の犠牲になったイタリア移民米権力の犠牲になったイタリア移民 前回に続き、今回も広瀬隆氏の『億万長者はハリウッドを殺す』(上下2巻)に書かれていることを取り上げて紹介します。 前回は、米国に映画が誕生し、続々とメジャーの映画会社ができた時代について書きました。 https://indy-muti.com/14101/ ちょうどその時期、米国では赤狩りが行われました。よく知られるのは、第二次世界大戦後に行われたもの […]