神事が鍵となる清張作品

「和布刈」の読み方はわかりますが。読めて当たり前のいる人がいる一方、どう読むか分からない人がいるでしょう。私はなんとなく読めそうな気がしますが、自信はありません。

こんな質問から始めたことで、これから私が何について書こうとしているかわかった人もいるかもしれません。

「和布刈」は「めかり」と読みます。九州の玄関口、福岡県の門司(もじ)には、「和布刈神社」があります。この神社では、毎年、旧暦の元日未明に、「和布刈神事」が行われます。

福岡県に住む人はもちろんのこと、神事に関心を持つ人には、「和布刈」が身近に感じられるでしょう。また、これは俳句の季語にもなっているそうですから、俳句をたしなむ人も知っていると思います。

松本清張19091992)が書いた長編作品に『時間の習俗』1962)があり、これにこの神事が出てくることは知っていましたが、まだ読んだことがなかったため、読んでみました。

本作は、『旅』という雑誌に、1961年5月号から翌年の11号まで連載されています。前回の東京五輪の2、3年前に書かれた作品で、その時代の様子がわかります。

当時はまだOLといういい方はなかったのでしょう。その代わりに清張は、BGと書いています。ビジネス・カールの略ですが、結果的に定着しなかったようで、その後、OLで落ち着いています。

電話の「受話器」といういい方もまだ定着していなかったようです。といいますのも、本作に限りませんが、この当時清張は、その代わりに「送受器」と書いています。

また、当時の旅客機はプロペラ機で、搭乗できる乗客の数も少ないです。東京の羽田空港と福岡の板付(いたづけ)空港(現在は福岡空港)を結ぶ路線は、64人乗りでした。

しかも、途中、大阪の伊丹空港(現在は大阪国際空港)に一度着陸します。そこで降りる乗客を降ろし、そこから乗る乗客を乗せます。今はない飛行ルートですが、これは犯罪のトリックには使えそうです。

ほかにも、電報がまだ使われています。この頃は既に、東京と福岡の間に電話が開通していますが、料金が高いため、電報の需要はまだあったようです。

舞台は福岡県内と、事件が起きる神奈川県の相模湖周辺、そして、事件を捜査する合同本部が置かれる東京です。

事件を解き明かしていくのは、清張の出世作『点と線』1958)で事件を解決に導いた二人の刑事です。東京の三原紀一と福岡の鳥飼重太郎です。『点と線』を読んだことがある人には懐かしく感じられるかもしれません。

アリバイのポイントとなるのが、相模湖畔で事件が起きた数時間後、和布刈神社で行われる和布刈神事です。

和布刈神事というのは、神社の神官3人が、神社の目の前にある関門海峡の潮が引いたとき、海へ入ってワカメを刈り取り、神前に供える行事です。真っ暗闇の中で行われる行事はおそらく神秘的で、毎年大勢の見物客が訪れるそうです。

見物客の中には神事の様子を写真を撮る人もいます。暗い中で行われるのですから、ストロボは必須です。

和布刈神事

清張は写真を趣味にしており、機材にも通じていたでしょう。それだから、フィルムのトリックも仕掛けます。

清張は広島生まれですが、福岡の小倉で過ごしています。それだから、福岡の地理や伝承はお手の物でしょう。本作では、鐘崎も登場させています。

豊臣秀吉15371598)が、朝鮮から鐘を持ち帰る際、鐘崎の沖の海に鐘が沈んだという話があるそうです。

刑事が訪ね歩く場所を、地図で辿るのも、清張作品の楽しみ方のひとつです。

犯行の動機やトリックに多少無理があるように感じられなくもありません。それでも、久しぶりに清張の作品に接し、それなりに楽しめました。

気になる投稿はありますか?

  • 人生の機微を感じさせる阿刀田の短編集人生の機微を感じさせる阿刀田の短編集 阿刀田高(1935~)の短編集を読みました。私はこれまで、阿刀田作品にそれほど接してきたわけではありません。意識的に読むようになったのは、ここ数年です。きっかけは、Amazonの電子書籍を利用するようになったことです。 Amazonの電子書籍サービスにKindle […]
  • 二人称と鼻毛の女二人称と鼻毛の女 世に小説は数限りなくあります。その中で、一人称でなく、三人称でもない小説は少数派ではなかろうかと思います。残るのは二人称で書かれた小説だからです。 「僕」や「私」でなく、「彼」や「彼女」、あるいは誰かの名前でもなく、「あなた」と書かれた人の眼で見る話が綴られることになります。つまり、読んでいる当人の眼で見る話になります。 読んだばかりの阿刀田高(1935~)の短 […]
  • 小澤に寄り添いっぱなしの村上の対談小澤に寄り添いっぱなしの村上の対談 Amazonの電子書籍版でポイントが多く還元されたキャンペーンのときにまとめ買いした村上春樹の12作品と、それとは別に買い求めた彼の作品3作品、あわせて15作品を出版順に読んできました。その15冊目となる『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(2011)を読み終わりましたので、これもまた、自分なりの感想めいたことを書いておきます。 本のタイトルそのままの内容で、日本 […]
  • 猿話の記憶違いと煙のように消えた男 村上の短編から猿話の記憶違いと煙のように消えた男 村上の短編から 村上春樹(1949~)の作品を毎日読み、短い作品であれば毎日読み終わり、本コーナーで毎日取り上げることになります。 村上の作品は、電子書籍版になった作品で、まだ読んでいなかった作品を、ポイントが多くつくキャンペーンのとき、まとめて12冊購入しました。そのあと、3冊を別に追加し、15冊を出版順に読んでいます。 作品名出版社      出版年月日風の歌を聴け講談社1 […]
  • 村上作品を私なりに解釈すれば村上作品を私なりに解釈すれば Amazonの高ポイントキャンペーンにつられてまとめ買いした村上春樹(1949~)の作品も、残り少なくなりました。昨日は、15冊中の13冊目になる『アフターダーク』(2004)を読み終えましたので、それについて書いておきます。 本作は、村上の長編小説に分類されますが、分量は多くなく感じました。描かれ方は独特です。舞台は晩秋の東京で、おそらくは渋谷の街を中心に、都内の数 […]