ふっわふわになる新感覚整髪料

髪形を整える整髪料についてです。新しい整髪料を使ったらとても良かったので、ここに書いておきます。

整髪料といえば、少し前に新しいタイプのものに換えたばかりです。それはギャツビーマンダム)のヘアグリースで、現代版ポマードに興味を持ち、使いました。

これはこれで気に入り、当面はほかの整髪料に目移りすることもなさそう、と感じたのですが、あっという間の目移りです。自分の髪により合った整髪料が他にあるのではないか、と考えた結果です。

今回選んだのは、エアグリースを出している同じメーカーから出ている「インサイドロック エアリーモード セラム」というものです。インサイドロックは整髪の技術で、このシリーズには今のところ6タイプが用意されています。

「インサイドロック」というのは、髪の内部に浸透し、ヘアスタイルをキープする独自技術だそうです。これまでのワックスやクリームは髪の表面に付着してヘアスタイルを維持するため、ベタつきは避けられません。その点、整髪剤が内部に浸透するため、表面はサラッとしています。

正直いいまして、私は昨日届いて、まだ1回しか使っていません。しかし、はじめから使い心地はよく、すぐに思い通りの髪形が得られました。

届いたばかりの整髪剤 「ギャツビー インサイドロック エアリーモード セラム」

容器に入った整髪料は、見た目は白いクリームのようで、軟らかいです。商品分類では「セラム」というものなのでしょうか。

私はワックスやグリースと同じように、少しずつ手に取り、何度かに分けて髪全体につけていきました。そのあとに髪形を手だけで整えました。

すると、自分の手で触っても、猫の背中を撫でたときのように、髪の毛がふわふわです。こんな感触の整髪剤は初めてです。使い方がこなれれば、軽くパーマをかけたように見せることもできるでしょう。

髪の毛の長さは、長すぎず短すぎずぐらいがちょうど良さそうです。

整髪剤を使っているのに、何もつけていないように見えます。香りは気になりません。

髪にふんわりとボリュームを持たせる性格の整髪剤ですので、ネクタイを結ぶ職種の人には適さないでしょう。そうした人は、もっときっちりまとめる整髪剤をお勧めします。

また、同じ理由で、髪の量が多く、硬めの人は、私がこれまで使ったヘアグリースのようなものが合っていそうに私は考えます。

フリーな職種で、髪形をふわふわっと整えたい人にお勧めできる新感覚の整髪料です。

気分を変えたい日は、ヘアグリースを使うことになるでしょう。

気になる投稿はありますか?

  • あまりにも大きな雷鳴は心臓に悪い?あまりにも大きな雷鳴は心臓に悪い? 今年の4月初め、超小型レコーダーを手に入れたことは本コーナーに書きました。 ZOOMのフィールドレコーダー"F2"です。 https://indy-muti.com/30578/ それを活用できる機会が訪れました。 昨日、関東南部の当地は、比較的良い天気でした。8月の上旬にしては気温はあまり高くなく、暑さが続いていた頃はバテ気味だった我が家の愛猫 […]
  • 2012/10/28 「十三夜」の月の動画2012/10/28 「十三夜」の月の動画 思いつきで行動することの多い私が、昨日、日が暮れてから、また、思いつきの行動を起こしました。 あれは午後6時頃でしたか。庭へ出て、暗い夜空に浮かんでいるであろう月を探しました。昨夜の月は十五夜の月、ではなく、「十三夜」の月でした。それで、気になり、夜空に探したのです。 昨日、関東南部の当地は昼から夜にかけて晴れてくれ、夜空には十三夜の月が綺麗に見えました。それを […]
  • 2013/09/06 入道雲の動きをタイムラプスで2013/09/06 入道雲の動きをタイムラプスで 今回は、新しい自作動画の紹介です。 私がよく作る動画に、「タイムラプス」といわれる機能を使ったものがあります。これは「ストップモーション・アニメーション」という、いわゆる「コマ撮り」を応用した技法です。 今では劇場用映画もデジタル技術で制作するようになりました。昔からあるムービー・フィルムの場合は、1秒間に【24コマ】ずつ撮影します。 私は子供の頃から動く […]
  • YouTubeの動画削除しましたYouTubeの動画削除しました 一年の間には記念日が何度かあったりします。個人にとっては、誕生日や、既婚者であれば、結婚記念日が最たる記念日といえましょう。 昨日、7月25日は私にとっては誕生日でした。といいましても、私の誕生日ではありません。 ネットの動画投稿サイトのYouTubeに自分のチャンネルを作ったのが2011年7月25日で、私にとっては、自分のYouTubeチャンネルの誕生日なので […]
  • 人体で弱点になりそうなのはどこ?人体で弱点になりそうなのはどこ? 人体で、もっとも負担が大きい部位はどこだと思いますか? 小・中・高・大の運動部に所属する人は、体のケアに気をつけるでしょうから、どの部位の負担が大きいかなどは、日頃から考えたりするでしょう。 私は、中学時代に剣道部に所属しましたが、地区の大会に出る程度で、勝ち負けにこだわらなかったため(めったに勝たなかったという意味です)、特別気にすることもありませんでした。 […]