車で電車に乗るのはまずい

実に奇妙な夢を見ました。夢は元々奇妙なものと相場が決まっています。そうではあっても、昨日見た夢は奇妙というよりほかありません。

ですので、自分でそれを記憶しておくため、ここに書いておきます。

あなは夢をカラーで見ますか? それとも白黒ですか?

私はいつもカラーで見ているような気がします。といっても、「気がする」程度で、確証はありません。また、夢で見ていることが起きている「時間」の感覚があいまいです。

私が見た奇妙な夢も、「はじまり」の時間が何時頃かよくわかりません。影が強くできるような光の状態でなかったことはたしかです。

それだから、それが朝の早い時間なのか、それとも、夕方に近い時間なのかわかりません。

私は昔に行ったことのある電車の駅に向かっていました。現実の私の移動手段は自転車です。ですから、自転車に乗ってそこを目指したはずです。

久しぶりにそこへ向かう道を行きましたが、昔とちっとも変っていないと感じながら進みました。

「駅に着いた」という感覚がありません。気がつくと、ホームにいました。

電車の到着を待つ間、奇妙なことを考えました。

私は、車に乗ってホームで電車を待っているらしいのです。そんな馬鹿な?! ことが夢では平気で起こります。

私は、車に乗ったままで電車に乗り込むのはまずいだろうと考えました。そこで、車を駅の周りにあるであろう駐車場に停め、車を置いて電車に乗ろうと考えました。

そこで、駅をあとにして、駐車場を捜すことにしました。どこにあるのかわかりません。車で移動しているはずですが、その感覚は希薄で、歩いているような感覚です。

駅の周辺の道は路地のようになっていて、その路地から抜けることができません。店舗らしいものを見つけ、裏口のようなところから中に入ると、表に面した壁は一面ガラスの自動ドアがあり、そこからなら表に出られそうに感じました。

車で店内を突っ切ったことになりますが、それが当たり前にできてしまうのが夢のいいところです。

店の外に出ると、幹線道路が走っています。その手前の広場で、駐車場がどこにあるか、通りかかった女性に尋ねました。そのときも車に乗っているはずですが、その感覚がありません。

いつの間にか夜になっていました。車で道路を走っています。この時は、車に乗っている感覚がありました。

高速道路のようなところを走っています。夜なので、車のヘッドライトがこちらに向かってきます。それを見ているうち、もしかしたら、道路を逆走しているのではと不安に感じました。

その状態がしばらく続きました。

現実の私は方向音痴です。道によく迷います。夢の中でも道に迷い、まったく関係ないところを走っているようです。

いつの間にか、どこかのマンションらしき広い部屋の中をウロウロしています。このときは、車ではなく、歩いている感覚です。

私が不安そうにしているからか、そこの住人らしき女性が、どうしたのかと私に訊いています。そこで、駅の周辺にあるであろう駐車場を捜しているのだと答えました。

女性は、駐車場の場所を知っているといって、その場所に連れて行ってくれました。確かに、そこに駐車場はありましたが、せいぜい五、六台程度しか停められません。

しかも、一番左端の車は、車が斜めになっており、そこに自分が車を停められるか不安になりました。

夢はこのあたりで終わっています。眼が覚めたとき、その直前まで見ていた夢を鮮明に憶えており、それが奇妙だったので、ここに書いておきました。

現実の私は車の運転をしません。二十歳の頃に運転免許を取りましたが、何度目かの更新の時、更新を見送り、自ら運転免許を放棄しました。

自動車教習所へ通っている時から、自分には車の運転が向いていないと感じました。縦列駐車というのが私にはできません。

学科は満点に近かったと思いますが、肝心の実習は、すれすれで合格しているはずです。

自分の意思で自由に走れる自転車が自分には合っています。

今回の奇妙な夢をどうして見たのかと考えることはありません。夢とはそういうものであり、奇妙であるからといって、奇妙がることはしません。

気になる投稿はありますか?

  • 8ミリ映像の魅力は永遠8ミリ映像の魅力は永遠 私は昔から映像に強い興味を持っています。そのため、その当時に普通の個人が唯一扱えた8ミリ映画を趣味にしました。 今は動画を撮る人が飛躍的に増えました。どんなカメラにも動画撮影機能が搭載されています。カメラだけでなく、スマートフォンでも動画が撮れます。 デジタルの時代になってから動画を撮り始めた人は、8ミリ映画がどんなものだったか、具体的に想像するのが難しい面があ […]
  • それぞれの母と子の絆それぞれの母と子の絆 朝日新聞には、読者から寄せられた投書を紹介する「声」というコーナーがあります。昨日、「声」で紹介されたある投書を読み、切ない気持ちになりました。 投書者は、29歳の女性会社員です。本当者者を、以後は「Kさん」と呼ばせてもらいます。 30代を目前に控え、Kさんには友人から結婚や出産の報告が増えたそうです。Kさんにも結婚を約束した人がいるようですが、結婚を諦めている […]
  • 夢うつつで聴いたピアソラ夢うつつで聴いたピアソラ 気がつくと、うとうとと眠りかけていました。 そのとき私は、椅子に座り、イヤホンを耳の穴にはめ、デジタル・オーディオ・プレーヤー(DAP)のiPod classicで音楽を聴いていました。 そのとき聴いていたのは、アストル・ピアソラ(1921~1992)のアルバム"The Rough Dancer And The Cyclical […]
  • 渡しに毎日現れる座頭の話渡しに毎日現れる座頭の話 人それぞれに日々の習慣があるでしょう。私は、眠る前に本を読むのが習慣です。 このことは本コーナーで何度も書いていますが、私の生活時間は普通の人より、基本的には三時間ほどずれています。午前6時に起き、午後9時に眠る人を普通の人とした場合の時間感覚です。 つまり、毎日午前3時頃に起き、午後6時頃に眠る。これも日々の習慣になりますね。 そんなわけで、毎日午後5時 […]
  • 丸四日ぶりぐらいでネットに接続できました丸四日ぶりぐらいでネットに接続できました 本日は2月14日、バレンタインデーです。今の時刻は正午頃です。ということで、丸四日ほど使えなかったインターネットが使えるようになりました。 この土曜日(10日)から三連休の人が多かったでしょう。私は休日とは関係ない生活ですので、三連休といってもいつもと変わりません。 そんな私ではありますが、この連休を待っていたかのように、三連休初日の10日夕方に、ネットが突然使 […]