ストロボとマイクの使用方法の共通点

本コーナーは、3回続けてエレクトロニックフラッシュ(ストロボ)の話です。

前回の中で、カメラにストロボをつけているのでは、表現の幅に限界があることを書きました。そしてそれは、動画を撮るときのマイクと共通することであるとも書きました。

日常的に動画を撮影する人は、どこにマイクを取り付けていますか? 多くは、カメラのホットシュー(アクセサリシュー)だろうと思います。

ストロボは、発光する光が強くても弱くても、光が届く距離は決まっています。マイクも、より良い音で収録できる距離が決まっています。

どんなに高価で高性能のマイクであっても、人の話し声を最適な音量で録音したかったら、マイクから50センチ程度の距離で話すと良い、と音声の専門家の桜風涼(はるかぜ・すずし)氏(1965~)のYouTube動画で教わりました。

ちなみに、50センチの距離は、コンデンサーマイクを使う場合です。歌手がステージで歌う時などに使われるダイナミックマイクはそれより口にぐっと近づけて使います。

本日の豆訂正
マイクと口の距離ですが、私の理解が間違っていましたので訂正します。
音の専門家の桜風涼氏の動画を見直して確認しました。
コンデンサーマイクで良い音を拾える最大の50センチです。これ以上離れると、音は悪くなるそうです。
訂正します。
2022年版:ショットガンマイクは買うな! 音質は95%が距離とセッティングで決まる。ショットガンマイクはワンマンオペレートには適さない。

Vloggerが、自撮り動画を撮る場合、マイクをカメラに取り付けてあるのなら、カメラを50センチ程度まで近づけて撮影すると、より良い音を収録できる理屈になります。

自分の声を録るだけならそれでいいでしょうが、どんな被写体にも同じ条件を当てはめられるとは限りません。その場合は、マイクをカメラから離すことで、マイクを被写体に近づけつつ、カメラを被写体から離して撮影することができます。

同じことがストロボを使った撮影でも当てはまります。

私は昔に買い求めたストロボを今も使うため、ワイヤレスで発光させることはできません。カメラとストロボを延長ケーブルで接続すれば、ストロボをカメラから離しても発光させることができます。

そんなことを考え始め、昨日、ナショナル製(パナソニック ライティングデバイス株式会社)ストロボ”PE-320S”のアクセサリを確認しました。

見つかったケーブルは長さが2メートル程度ですから、カメラからそれだけ離して撮影することが可能です。

ストロボを小型三脚に取り付け、自由な角度でストロボ光が被写体に当たるようにセットすることで、カメラと被写体との距離が、この場合は約2メートルの範囲で、自由になります。

ただ、こういった撮影は、被写体が動かないなどの場合に有効でしょう。スナップ撮影するのに、ストロボとつけた三脚を持ち運び、ストロボとカメラがコードで接続されていたのでは、行動が制限されるからです。

そんなことを考えるうち、ナショナルの”PE-320S”より小さなストロボも使うことを思いつきました。

私が引っ張り出したのは、これも、フィルムの一眼レフカメラを使っていた頃に購入したストロボです。

私はヤシカのコンタックスRTSとRTSIIを使っていましたが、このブランドのアクセサリとして、”CONTAX TLA20″という、機能を最小限に抑えたストロボがあり、それを購入して使っていました。

ストロボ「コンタックス TLA20」

TLA20はPE-320Sに比べて、見た目がふた回りか三回りほど(?)小さなものです。ですから、カメラのアクセサリシューにつけても、PE-320Sをつけたときより、仰々しさが軽減されます。

ソニーのミラーレス α7IIに「コンタックス TLA20」ストロボ

商品名からわかるように、この小型ストロボはガイドナンバーが20で、光の届く距離が短くなります。ただ、それを逆手にとり、ストロボ光を、逆光になった被写体の影を弱めることを狙うのであれば、逆に使いやすいのでは、と考えたりしています。

ナショナルのPE-320Sはマニュアルで5段階の調節ができますが、TLA20は、ハイとローの2段階です。

あとはいろいろなものを撮って、使い方を慣れなければなりません。私は暗いところでストロボを使うのではなく、充分光がありながら、光の足りないところをストロボで補うような使い方を想定しています。

光が当たった被写体の露出を考えつつ、ちょうど良いストロボの光を当てることになり、その兼ね合いは、何度も失敗しながら、自分のものにするよりほかりません。

デジタル記録できるカメラは、何度でも撮り直しできるのが強みです。

この小型ストロボとは別に、途中で書いた、カメラとストロボを離した使い方も、おいおい試し、自分の使い方が身についたら、と考えています。

ストロボを使った撮影もなかなか奥が広いです。

気になる投稿はありますか?

  • 簡単にLog撮影する方法簡単にLog撮影する方法 私は映像に興味を持つため、一度はそれから離れても、再び戻ることを繰り返します。 ミラーレス一眼カメラを使い、Logで動画を撮ることの「研究」を今またしています。 私が使うカメラは、ソニーのα7 IIです。レンズは純正の24~240ミリの10倍ズームレンズです。 ソニーのα7 IIにFE 24-240mm F3.5-6.3 α7 […]
  • 8ミリ映像の魅力は永遠8ミリ映像の魅力は永遠 私は昔から映像に強い興味を持っています。そのため、その当時に普通の個人が唯一扱えた8ミリ映画を趣味にしました。 今は動画を撮る人が飛躍的に増えました。どんなカメラにも動画撮影機能が搭載されています。カメラだけでなく、スマートフォンでも動画が撮れます。 デジタルの時代になってから動画を撮り始めた人は、8ミリ映画がどんなものだったか、具体的に想像するのが難しい面があ […]
  • それぞれの母と子の絆それぞれの母と子の絆 朝日新聞には、読者から寄せられた投書を紹介する「声」というコーナーがあります。昨日、「声」で紹介されたある投書を読み、切ない気持ちになりました。 投書者は、29歳の女性会社員です。本当者者を、以後は「Kさん」と呼ばせてもらいます。 30代を目前に控え、Kさんには友人から結婚や出産の報告が増えたそうです。Kさんにも結婚を約束した人がいるようですが、結婚を諦めている […]
  • 夢うつつで聴いたピアソラ夢うつつで聴いたピアソラ 気がつくと、うとうとと眠りかけていました。 そのとき私は、椅子に座り、イヤホンを耳の穴にはめ、デジタル・オーディオ・プレーヤー(DAP)のiPod classicで音楽を聴いていました。 そのとき聴いていたのは、アストル・ピアソラ(1921~1992)のアルバム"The Rough Dancer And The Cyclical […]
  • 渡しに毎日現れる座頭の話渡しに毎日現れる座頭の話 人それぞれに日々の習慣があるでしょう。私は、眠る前に本を読むのが習慣です。 このことは本コーナーで何度も書いていますが、私の生活時間は普通の人より、基本的には三時間ほどずれています。午前6時に起き、午後9時に眠る人を普通の人とした場合の時間感覚です。 つまり、毎日午前3時頃に起き、午後6時頃に眠る。これも日々の習慣になりますね。 そんなわけで、毎日午後5時 […]