「とんかち作業」が嫌いでない私と村上の”復活作”?

最近、村上春樹1949~)の『職業としての小説家』2015)をAmazonの電子書籍版で読み、それについて本コーナーで三度取り上げました。

その二回目では、村上が「とんかち作業」を気の済むまですることを書きました。

結局のところ、私も同じような「とんかち作業」をして、それが嫌いではないことを再確認しました。

これまで、それを自分で「とんかち作業」とは認識していませんでしたが、村上の本でそれを「とんかち作業」と村上で呼んでいることを教えられ、私がやっているのもそれと同じようなものだ、と認識することができました。

私の場合は、文章を仕事として書くわけではありません。私は、それと同じような意味合いで、絵を描くことをします。

私の場合も、ササッと描いて終わることができず、いつまでも、とんかちを使って手直しするように、あっちを描き足したり、こっちを削ったり、というようなことを、それを他人が見ていたら「いつまでやっているのだ」と呆れられるぐらい、いつまでも、いつまでもする習慣があります。

絵画と小説の制作過程を比較することもしました。

その中で、村上がする「とんかち作業」は、細密な描法をするヤン・ファン・エイク13951441)に通じるものだ、と書きましたが、自分で書いたことが違っているように感じ、この更新をしています。

村上の「とんかち作業」というのは、作品の質を向上させるために行うのでしょう。であれば、細密な作品でなくても、質を向上させることはできます。

本コーナーの更新を始めるまで、私は、自分の顔を鏡に映し、油絵具と筆を使い、加筆をしていました。その作業が私には愉しみです。

その作業をしながら、「そうか、村上は文章で同じことをして、それを自分の愉しみとしているのかもしれない」と思い当たりました。

村上といえば、来月13日に、『街とその不確かな壁』という書下ろしの長編小説が刊行されることが報じられています。『騎士団長殺し』2017)から6年ぶりの新作になります。

本日の豆深読み
村上の封印された(?)作品の題名は『街と、その不確かな壁』で、来月刊行される新作は、朝日新聞の記事のとおりだとすれば『街とその不確かな壁』で、新作の題名は、「街と」のあとに読点(とうてん)がありません。そこに、村上は「暗示」を込めた、というのは深読みが過ぎるでしょうか。

これを報じる昨日の朝日新聞によれば、同名の『街と、その不確かな壁』1980)という中編小説があるそうです。その中編を、1980年に文芸雑誌の『文学界』で発表したものの、どんな理由によるのか、書籍化はされなかったそうです。

そのため、村上のファンには、「封印された幻の作品」とされてきたのだそうです。

村上春樹新作『街とその不確かな壁』

それが発表されたのは、村上の長編小説二作目の『1973年のピンボール』(1980)のあとになります。村上のエッセイ集『職業としての小説家』には、初期の作品の出来を村上自身が納得できないことを匂わせる文章があります。

幻となった中編がそのすぐあとぐらいに発表になったということは、その作品にも、村上自身は満足できなかった可能性がないこともありません。

もしかしたら、その中編を一度は抽斗の奥にしまい込み、自分でも、その作品を書いたことを忘れようとした(?)かもしれません。

長い時を経て、忘れようとした作品を思い出し、「とんかち作業」をする気になり、それが長編小説で「昇華」させたと見るのはファンタジー過ぎるでしょうか。

ともあれ、あとひと月半ほどで、その作品が世に出ます。

その作品への「とんかち作業」は終了し、あとは、どのように受け入れられるか、村上としては、まな板に載った鯉のような心境でいる(?)でしょう。

気になる投稿はありますか?

  • 井上ひさしの講演をオーディオブックで堪能井上ひさしの講演をオーディオブックで堪能 5月に替わるタイミングで、AmazonのサービスであるAudible(オーディブル)を使い始めたことは本コーナーで書いたばかりです。 https://indy-muti.com/51575 その投稿で、村上春樹(1949~)のオーディオブックを最初に利用したように書きましたが、実はその前に、松本清張(1909~1992)の作品を耳で楽しみました。 私が […]
  • 渡しに毎日現れる座頭の話渡しに毎日現れる座頭の話 人それぞれに日々の習慣があるでしょう。私は、眠る前に本を読むのが習慣です。 このことは本コーナーで何度も書いていますが、私の生活時間は普通の人より、基本的には三時間ほどずれています。午前6時に起き、午後9時に眠る人を普通の人とした場合の時間感覚です。 つまり、毎日午前3時頃に起き、午後6時頃に眠る。これも日々の習慣になりますね。 そんなわけで、毎日午後5時 […]
  • 乱歩の耳に聴こえたゾーッの音の正体乱歩の耳に聴こえたゾーッの音の正体 江戸川乱歩(1894~1965)が残した膨大な随筆を素人朗読し、それをZOOMのフィールドレコーダーのF2とF2に付属するラベリアマイク(ピンマイク)で録音し、iZotopeのオーディオ編集ソフトのRX 9 […]
  • 自分の声を自分で聴くのは好きですか?自分の声を自分で聴くのは好きですか? あなたは自分の声が好きですか? 自分の声を自分で聴くには、声を録音しなければなりません。今は、スマートフォン(スマホ)で簡単に録音できるでしょうから、確かめるのは簡単です。 私が生まれて初めて自分の声を聴いたのは、ずいぶん昔です。その時代、まだカセットテープがなく、オープンリールに巻かれた録音テープを使う家庭用テープレコーダーを我が家で買いました。レコーダーには […]
  • 32bit float録音の唯一の弱点?32bit float録音の唯一の弱点? ネットの動画共有サイトのYouTubeに動画をあげる、いわゆるVloggerたちは、自分の姿をカメラで撮影し、自分の声をマイクで収録します。 自分が話す声をより明瞭に録音するため、彼らの多くは、撮影機材と共に、録音機器のマイクにも関心を持ちます。そんな彼らが、性能の良いマイクに出会うと「神マイク」などと称えたりします。 その動画を見たほかのVloggerたちが後 […]