Log動画のカラコレの仕方を会得できたかも?

前回の本コーナーで、趣味で記録映像を撮るのであれば、何もミラーレス一眼カメラを使ってLog撮影するまでもない、というようなことを書きました。

しかし、その中には、人の考えは変わるもので、私も考えをくるくると変えてしまう、というようなことも付け加えておきました。

もしも付け加えて置かなかったら、恥ずかしくて、本日分の更新はできません。昨日書いた考えが、今日には変わってしまったからです。

例によって朝の時間を利用し、動画を撮って、「研究」をしました。「研究」のための素材は、ソニーのミラーレス一眼カメラのα7 IIで撮影したLog動画です。

実は昨日の更新を終えたあと、昨日の朝に撮った、Log動画と撮って出しの動画に近い、Movieガンマで撮った動画、もうひとつはCineガンマで撮影した3種類の動画を、動画編集ソフトのDaVinci Resolve Studioで読み込み、比較していました。

手をかけずに綺麗に撮れているのはMovieガンマで撮影した動画です。ただ、結局のところ、その動画はビデオカメラで撮ったのと変わらないようなビデオ映像です。

それだったら、昨日の更新で書いたように、わざわざミラーレスで撮るまでもない、と私には思えてしまいます。

Logで撮ったのと、Cineで撮った動画を、どうしたらMovieで撮った動画のようにカラーコレクションできるのか、いろいろと試していました。

そんなことをしたことで、今朝、また、ミラーレスのα7 IIで動画を試し撮りしてみたくなりました。ビデオ映像でなく、Log動画にやはり興味を持ったからです。

今朝も、同じ被写体をLogとMovieで撮り、DaVinciで比べてみました。鉢植えの花を撮ってみたのですが、Movieでは赤味が勝った紫の花びらに見えるのに、Logのほうは、赤味が感じられない紫色に見えてしまいます。

この色味がなかなか直せず、悩んでしまいました。

そこで、ネットの動画共有サイトのYouTubeに、DaVinciを使ったカラーコレクションやカラーグレーディングを適切に解説してくれている動画はないかと探し、有益な動画を見つけました。

その動画で説明されているとおりにやってみると、これが実に簡単に、Movieで撮った動画以上に、綺麗に私には見えるカラーコレクションができました。

このコツさえつかめば、もう、Movieで撮る意味はなくなります。Logで撮った動画が、撮って出しと同じ描写が簡単に得られ、その先には、自分なりの味付けができるからです。

そんなことを午前中に自分でやってみて、自分なりに自信が得られました。それですっかり気分がよくなり、本コーナーの更新までしてしまったというわけです。

本来であれば、自分が参考にした動画をここで紹介すべきところです。しかし、自分でそれを使い切ったうえで、そのやり方を自分で理解出来たら、紹介することにします。

今は仕組みの理解が進まず、説明書を見ながらやっているような状態ですから、自分の言葉では説明ができません。

ともあれ、それに出会ったことで、また、α7 IIを使ってLogの撮影が楽しくなりそうです。

その一方で、記録映像はビデオカメラで撮り、キヤノンのデジタル一眼レフカメラ、EOS 30Dで手軽な写真撮影を楽しみます。

EOS 30Dといえば、今日の明け方(午前5時7分)、新聞をとりに外へ出てみると、西の空の高いところに月が浮かんでいるのに気がつきました。あとで月齢を確認すると、今日の正午の月齢が15.7ですね。

そこで、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMをつけたEOS 30Dを取りに家の中へ戻りました。そして、最望遠の135ミリで月の写真を撮りました。

西の空に浮かんでいた満月(2023.1.8)

月の部分を拡大した画像です。手で持って撮影しています。

撮影モードマニュアル露出
シャッター速度1/400秒
F値f/11
測光方式スポット測光
ISO感度ISO400
焦点距離135ミリ
上の月の写真の撮影データ

YouTubeで”2B Channel”を運営されているプロカメラマンで写真家の渡部さとる氏(1961~)に教えてもらった「感度分の11」の露出設定で撮影してみました。

これは、晴れた空に雲がかかったときや、雪景色の撮影で利用できる露出設定です。真っ暗な空に浮かぶ満月の撮影でも利用できることが、自分でやってみて、確認できました。

α7 IIとEOS 30D、ビデオカメラのiVIS HF M41をまんべんなく利用できれば、と考えています。

気になる投稿はありますか?

  • PP5の[Cine1]ガンマからPP6の[Cine2]ガンマに変更PP5の[Cine1]ガンマからPP6の[Cine2]ガンマに変更 例によって、今回も、私が趣味で愉しんでいる動画関連について書きます。 昨年の10月末、動画のLog撮影をまたしてみたい欲求が起こり、一年半ほど私の手元を離れていたソニーのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)のα7 IIを再び使い出したことは本コーナーで何度となく書いてます。 https://indy-muti.com/37310/ ソニーのα7 […]
  • 私流Cine1ガンマ動画の楽しみ方私流Cine1ガンマ動画の楽しみ方 私が現在使っているソニーのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)、α7 IIですが、使い出したのは昨年10月末ですので、使い始めて3カ月になります。 これを使い出すまでの1年半はキヤノンのミラーレス、EOS RPを使っていました。しかし、そのカメラでは動画のLog撮影ができないため、EOS RPに換えるまで使っていたα7 […]
  • 画素数競争に背を向けて画素数競争に背を向けて デジタル技術が発達し、動画の撮影や再生が一般的になりました。それ以前、動画の再生を別にすれば、動画の撮影は一部の人に限られていました。 私は昔から、映像に強い興味を持ちます。今は動画といわれるものを、昔は映像といいました。それを楽しめるのは、映画館のスクリーンと、テレビ放送が始まって以降のテレビ受信機によってでした。 その当時、映画作品やテレビ番組の制作に関らな […]
  • 撮って出し動画撮影環境の実現撮って出し動画撮影環境の実現 プログラムオートにしたビデオカメラで動画を撮るように、ミラーレス一眼カメラで動画を撮れたら、といろいろ試し、どうやらその設定環境をやっと手に入れることができました。 もっとも、これは、私のような動画の素人が、趣味で動画を撮る場合に限った設定です。 しかも、Logで撮影し、動画編集ソフトのDaVinci Resolve […]
  • 何の変哲もない月動画何の変哲もない月動画 何の変哲もない動画を撮影し、下に埋め込みます。今朝、西の空の高いところに浮かんでいた月を撮影しただけの動画です。 月の動画(2023.1.11) 2分2秒の長さですが、変化がほとんどないように見えるため、静止画のように見えるでしょうか。 この日曜日(8日)、ほんの気まぐれから、空に月が浮かんでいるのに気がつき、キヤノンのデジタル一眼カメラのEOS […]