2002/05/15 沖縄返還と金城哲夫

今日5月15日は、沖縄が日本に返還されてちょうど30年目の日に当たるそうです。

このニュースに接して、私にはひとりの男の名前が頭に浮かびました。それは、金城哲夫19381976)です。

彼については以前にも本サイト内で書いた記憶があります。彼は円谷プロダクションとTBSが制作した特撮ドラマの『ウルトラマン』19661967)や『ウルトラセブン』(1967~1968)の脚本を書いたことで知られています。記憶が定かではありませんが、『ウルトラQ』(1966)にも関わっていたかもしれません。

必殺技コレクションウルトラマンシリーズ 初代ウルトラマン編~ULTRAMAN

彼は本土に返還される以前の沖縄の出身で、東京の高校(玉川学園)に入学するため、15歳で東京にやってきました。その後、どういう縁があってか、ウルトラ・シリーズの脚本制作に加わっていきます。ちなみに、その当時一緒に仕事をした仲間に、現在も活躍する市川森一1941~ 2011)がいます。

金城は、その脚本の仕事で特異な才能を開花させ、同時にウルトラ・シリーズの成功にも寄与しますが、彼の内面には鬱屈した感情が隠されていました。

それが限界点に達したとき、彼はその場から消えるように、東京をあとにしました。彼が向かった先は、本土復帰を目前に控えた生まれ故郷の沖縄です。彼の中に眠っていた“民族の血”が彼を呼び戻したのでしょうか。

返還を見届けた彼はそのまま沖縄に留まり、地元のラジオ局などでパーソナリティの仕事を続けることになります(この辺りは記憶が不確かなので、あるいは私の事実誤認があるかもしれません)。

彼はその後、沖縄で開催された海洋博覧会の運営にも携わることになりますが、その辺りから彼の人生は暗転していきます。

海の祭典-海-その望ましい未来 シネマ沖縄1976年制作

彼は自身の内面をなだめるかのように酒に浸り始めます。

そしてついに、金城は最期の日を迎えることになります。浴びるようにアルコールを飲み、フラフラの足で、自宅ベランダの階段から転げ落ち、あえなくこの世を去ってしまったのです。

彼の訃報を聞きつけた昔の仕事仲間は、誰もが彼の自殺を想像しました。結果的には事故死の形ですが、アルコールに浸った晩年は、ある意味“消極的な自殺行為”といえるかもしれません。

沖縄は日本に返還され、既に30年の年月が経ちましたが、アメリカ軍の基地が集中するという現実は何一つ変わっていません。

金城哲夫が今も生きていてこの日を迎えたら、どんな感想を持ったでしょうか。

気になる投稿はありますか?

  • チャップリンからの贈りものチャップリンからの贈りもの このところは、レコーダーに録画したままになっていた、米国の古い映画を見ていますが、チャールズ・チャップリン(1889~1977)の作品が続いています。 https://indy-muti.com/35084/ 今回紹介する作品で、私のレコーダーに残っているチャップリンの作品はなくなります。1952年10月16日に、米国より7日早く、チャップリンの祖国、英国で […]
  • チャップリンの長編4作品チャップリンの長編4作品 依然としてレコーダーに録りためた米国映画を見ることをしています。それも、古い映画ばかりです。個人的には古い映画が好きで、最近の映画はほとんど見ていません。 今回も古い作品ですが、このところ本コーナーで取り上げた作品でも最も古い作品になります。 今回は、「チャールズ・チャップリン特集」の形となります。全部で4本の作品をまとめて紹介しますが、4本を続けて見たわけでは […]
  • 上原正三を通して見るウルトラシリーズの裏側上原正三を通して見るウルトラシリーズの裏側 今年の大型連休期間中、ある番組が放送され、それを録画しました。NHK […]
  • 2002/07/29 デジタル・スターウォーズ2002/07/29 デジタル・スターウォーズ 今日は、先日(26日)東京・渋谷の渋東シネタワー2で見た映画『スター・ウォーズ […]
  • 2002/04/13 ブルース・リー人気衰えず2002/04/13 ブルース・リー人気衰えず 今日の新聞には、「今も“燃える”ドラゴン」と見出しがつけられた記事が載っています。 「5年に1度」の割合でブームが再燃するというブルース・リー(1940~1973)について書かれた記事です。 のっけからですが、実は何を隠そう、私もブルース・リーのファンだったりします。でもって、まずは私が所有する「ブルース・リーのお宝」公開から始めましょう。 ブルース・リー […]