2011/08/18 東京都現代美術館まで歩いて撮影した動画

今回は“気まぐれトーク”をせずに、文章のみでの更新です。

今日は18日。も終わりましたので、今年のお盆休みも終わった人が多いでしょうか? その休みの期間中であった15日、私は東京の江東区にあります東京都現代美術館へ行ってきました。現在、同美術館で開かれている企画展「木を植えた男。フレデリック・バック展」鑑賞するためです。

本来であれば、その展覧会を見てきた15日の夜に“気まぐれトーク”を済ませ、翌日には本コーナーで更新すべきでした。が、今回はもうひとつ、別のことをしたため、その更新が先延ばしになっています。その“もうひとつのこと”が、本日、ようやく更新を終えることができる動画の作成です。

どこかへ出かけるとき、私はカメラをバッグに入れて持っていくことが多いです。結局は使わず仕舞いに終わっても、何かいい被写体に巡り会うかもと考えてしまうためです。

今回は美術館の中を歩いて鑑賞するため、デジタル一眼レフカメラは自宅に置き、代わりにコンパクトなビデオ・カメラを持って出かけました。

日本ビクターのビデオカメラ Everio GZ-HM35
日本ビクターのビデオカメラ Everio GZ-HM350

往きの電車に揺られているとき、私にひとつの考えが浮かびました。「最寄りの駅に着いたら、そこから美術館までの道中をビデオ・カメラで撮影し、それを動画にしたら面白いのではないか?」と。

ただ、駅から美術館までは徒歩で15分ぐらいかかります。その間、ただ撮したものを動画にしても退屈だろうと考え、私のビデオ・カメラに搭載されている「タイムラプス」というインターバル撮影(低速度撮影)をし、15分を1分ぐらいに短縮して見せたらどうか、といったことを考えたりしました。

でも、駅に着いたらまた考えが変わり、素直に道中をそのまま撮影し始めてしまいました。あとは美術館を目指して歩き、その道中をそのまま撮影するだけです。

今使っているビデオ・カメラは今年のはじめに手に入れたものですが、それ以前使っていたカメラに比べ、ずいぶんと小さくなりました。また、このカメラにはファインダーがついていません。はじめはそれが不満でしたが、今回のような撮影には、むしろファインダーはいりません。

テレビ局の撮影クルーのように団体で行動するならいざ知らず、素人の個人が独り、街中でビデオ・カメラを構えるのには多少なりとも“勇気”がいります。逆の立場で考えますと、私はどこかの誰かの写真やビデオにはなるべく写り込まないようにしています。ですから、私が街の中でファインダーを覗きながらビデオを撮影していたら、たまたま私に出会った人は、私のカメラを避けるように歩くかもしれません。

その点、私はファインダーを覗かず、胸のあたりにカメラを前方方向に向け、あとはできるだけ自然に歩いていきました。こうした撮影方法を採らなかったら、今回の撮影はできていなかったかもしれません。

この種の撮影の場合、プロであればステディカムというような、カメラの揺れを吸収する特別の道具を使います。これは、ヤジロベエの上にカメラが載ったようなもので、撮影者の体が揺れても、安定した映像を撮影できます。ですから、歩きながら撮影しても、まるで氷の上を滑るがごとく、滑らかな移動撮影が実現できるというわけです。

しかし、私はその種の道具は持っていませんので、グラングラン揺れまくる映像が出来上がってしまいました(^m^) でも、ま、これも素人のご愛敬ということで、今回の動画にお付き合いいただければと思います(^ー^)ノ

本日の豆お知らせ
本動画は、東京メトロ東西線・木場駅から東京都現代美術館まで、手持ちのビデオカメラで、歩きながら撮影したものです。手振れを減少させるスタビライザーを使わない撮影で、編集ソフトのスタビライザー機能を適用させても、画面の揺れが大きいです。そのため、公開は見合わせました。

なお、動画のオープニングとエンディングの音楽は、「TAM Music Factory」さんの効果音素材を使用させてもらっています。

肝心の、見てきた美術展については、昨夜やっと“気まぐれトーク”を録音しましたので、早ければ明日の本コーナーで更新する予定です。

東京都現代美術館までひたすら歩いてみよう!(2011 8 15)

気になる投稿はありますか?

  • 8ミリ映像の魅力は永遠8ミリ映像の魅力は永遠 私は昔から映像に強い興味を持っています。そのため、その当時に普通の個人が唯一扱えた8ミリ映画を趣味にしました。 今は動画を撮る人が飛躍的に増えました。どんなカメラにも動画撮影機能が搭載されています。カメラだけでなく、スマートフォンでも動画が撮れます。 デジタルの時代になってから動画を撮り始めた人は、8ミリ映画がどんなものだったか、具体的に想像するのが難しい面があ […]
  • それぞれの母と子の絆それぞれの母と子の絆 朝日新聞には、読者から寄せられた投書を紹介する「声」というコーナーがあります。昨日、「声」で紹介されたある投書を読み、切ない気持ちになりました。 投書者は、29歳の女性会社員です。本当者者を、以後は「Kさん」と呼ばせてもらいます。 30代を目前に控え、Kさんには友人から結婚や出産の報告が増えたそうです。Kさんにも結婚を約束した人がいるようですが、結婚を諦めている […]
  • 夢うつつで聴いたピアソラ夢うつつで聴いたピアソラ 気がつくと、うとうとと眠りかけていました。 そのとき私は、椅子に座り、イヤホンを耳の穴にはめ、デジタル・オーディオ・プレーヤー(DAP)のiPod classicで音楽を聴いていました。 そのとき聴いていたのは、アストル・ピアソラ(1921~1992)のアルバム"The Rough Dancer And The Cyclical […]
  • 渡しに毎日現れる座頭の話渡しに毎日現れる座頭の話 人それぞれに日々の習慣があるでしょう。私は、眠る前に本を読むのが習慣です。 このことは本コーナーで何度も書いていますが、私の生活時間は普通の人より、基本的には三時間ほどずれています。午前6時に起き、午後9時に眠る人を普通の人とした場合の時間感覚です。 つまり、毎日午前3時頃に起き、午後6時頃に眠る。これも日々の習慣になりますね。 そんなわけで、毎日午後5時 […]
  • 丸四日ぶりぐらいでネットに接続できました丸四日ぶりぐらいでネットに接続できました 本日は2月14日、バレンタインデーです。今の時刻は正午頃です。ということで、丸四日ほど使えなかったインターネットが使えるようになりました。 この土曜日(10日)から三連休の人が多かったでしょう。私は休日とは関係ない生活ですので、三連休といってもいつもと変わりません。 そんな私ではありますが、この連休を待っていたかのように、三連休初日の10日夕方に、ネットが突然使 […]