2010/03/29 トイ8ミリ映写機を紹介する動画

本日は、いつものトークによる更新ではなく、文章で更新をしています。

本サイトで私が制作した動画を中心に紹介しています「私の動画アーカイブス」(※現在、本コーナーはありません)に本日新しい動画をひとつ追加しました。

現在、家の一部を改築しています。その関係で、先週の水曜日でしたか、戸棚の整理をしました。大半はもう使わないような物ばかりが入っていて、それらはすべて処分しましたが、中には、貴重品かどうかは別にして、意外な物も発見しました。そのひとつが、今回動画で紹介することにしました8ミリ映画の映写機です。

といっても、子供向けに作られたものです。そうはいっても、材質に、いまでは使われることが少ないブリキ、かどうか私にはよくわからないのですが、金属が使われていたりして、なかなかしっかりとした造りになっています。

モーターを駆動させ、また映写ランプの電源にもなる電池室も腐食していません。ただ、駆動のためのベルトが見つからないため、実際に駆動させてみることはできません。ベルトの代用品になるような物を見つけてつければ、もしかしたら映写できるかもしれません。

これは私が子供の頃、親に買ってもらった物です。私は子供の頃から映像というものに人一倍興味を持っていて、それで親にねだったのだと思います。この映写機には、『あわて床屋』(だったかな?)とかいう8ミリアニメが1本ついていて、それを家族と一緒に笑いなが見た記憶が微かにあります。

映写機が入った箱の中には、制作途中のセルアニメセル画や線画などが入れられていました。そんなものを保存しておいたのはすっかり忘れてしまいましたが、色を塗るときに使ったのであろう小さな手袋などが発見され、自分の子供時代の“残骸”を発見した気分です。

戸棚の中からは、昔に使っていたラジオも見つかりました。こちらは今でも充分使える物で、実際に見つけたあとに使い出しました。今は気に入ったラジオがなかなか手に入らないため、むしろ昔に製造されたラジオの方が程度がよかったりします。近いうちに、できれば今日にもそのラジオを紹介する動画を作ろうか、などと考えたりしています。

ということで、もしよかったら新しく追加しました動画をご覧になって下さい。

ボクのトイ8ミリ映写機

気になる投稿はありますか?

  • 2008/4/21 感情までマニュアル化?2008/4/21 感情までマニュアル化? 本日はまず、次の古い音声ファイルを聞いていただけたらと思います。 これは、私もリスナーであり、ときにはリクエスター(=「リクエストする人」ぐらいの意味で使っています)にもなるNHK-FMのリクエスト番組「サンセットパーク」へ出したカードが番組で紹介された場面をエアチェック・テープ(この当時はまだPCも持っていないため、アナログのカセットテープでせっせと録音していました […]
  • お兄ちゃんと一緒お兄ちゃんと一緒 新しい年も1月末となりましから、新年という感覚はまるでなくなりました。もっとも私の場合は、年が改まっても、ちっとも改まった気には元々なりませんけれど。 それはそれとして、ほんの1カ月前がクリスマスだったなんて、信じられない気分です。昨年のクリスマス、私にとってはつらいクリスマスとなりました。我が家の愛猫、にゃんこおチビちゃんファミリーの”お兄ちゃん”こと白足袋(しろた […]
  • 知らずに身体で察知したこと知らずに身体で察知したこと 極めて私事になりますが、私は毎日早寝早起きの生活をしています。これは昔からの習慣です。 そうはいっても、20年近く前までは、夜早く寝るといっても、午後8時前に寝ることはなかったように記憶しています。また、朝起きる時間にしても、早くても午前5時頃だったと思います。 それが今は、朝は午前3時頃に起き、夜は午後6時半頃に寝る習慣です。この時間に眠りに入れば、睡眠時間は […]
  • フィルム映像のデジタル化フィルム映像のデジタル化 前回の更新で書いたことの続きです。 1988年3月10日深夜(実際は日付が替わった11日午前2時10分から)にフジテレビで放送された「春の楽しい電車」から、東京モノレールのシーンだけを抜き出し、動画に作り替えることを新たにしています。 そのために、アナログビデオの映像をPCに読み込むためのビデオキャプチャを年が明けてから購入したことを前回分で書きました。 […]
  • 10数年ぶりでアナログビデオをデジタルに10数年ぶりでアナログビデオをデジタルに 新年になって2週間ほどですが、この間に私はある物を購入しました。といいましても、3千数百円ですから、大きな買い物ではありません。 私が何を購入したのかに興味を持つ人はいないでしょう。それでも書いてしまいますが、私が購入したのは「ビデオキャプチャ」です。その方面に関心を持つ人には説明が不要でしょう。一方、そうでない人には、何に使うものなのかの説明が必要となりそうです。 […]