新コロ詐欺報道の限界迫る

マスメディアで仕事をする人の中に、今の新型コロナウイルス(COVID-19)報道に違和感を持つ人はいないのでしょうか。

少し前までは、新コロ騒動を報じる記事を読んだ人のコメント欄は、大半が新コロを恐れるものでした。それがここへ来て、個人的に良い傾向だと思いますが、報道のおかしさを指摘するものが増えています。

Yahoo!ニュースは、飽きもせず、毎日何人の感染者が出た、とその数字を報じることをしています。

多くの人は、新コロ感染者とされている人が、実は、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査で陽性反応が出ただけの”PCR陽性者”であることに気がついてきました。

Yahoo!のコメント欄でも、PCR陽性者を新コロ感染者とするのはおかしいという指摘がありますが、マスメディアはかたくなに、庶民の指摘を受け入れず、新コロ感染者として報じています。

マスメディアは、新コロ騒動を報じるにあたり、病気の感染者の定義をしっかりと固めているのでしょうか。

普通の風邪といういい方が正しいかどうかわかりませんが、風邪を起こすのは風邪コロナウイルスだそうです。

仮の話、普通に生活をする中で、そのコロナウイルスを吸い込むなどして、鼻腔に付着したとしましょうか。このウイルスが数個ついた程度で、風邪の症状を発症することはありません。

この人の鼻腔から体液を綿棒で採取し、PCR検査にかければ、もしかしたら新コロの陽性反応がでることもあるでしょう。

その”診断”の結果、陽性になった人は、新コロ感染者にされてしまうのが今の状況です。

PCR検査機関や行政、マスメディアの対応はヘンではありませんか?

仮の話の人は、鼻腔に付着した風邪コロナウイルスが数個あったことで、PCR検査に反応しただけです。

私が毎日のように見て、参考にさせてもらっています徳島大学名誉教授の大橋眞氏によれば、1万程度のウイルス数では、とても発症などしない、というように述べていたように記憶します。

それが数個なのですから、チリ以下です。それを、感度を最高程度まで上げたPCR検査でチリ以下を引っかけ、新コロ陽性者を見つけた! と大騒ぎしているだけです。

コロナウイルスは、細胞に取り入ることで増殖するのだそうです。その増殖がある程度進んで、病状が出始めて、普通は感染したと判断するのではないでしょうか。

今回の仮の話の人の場合は、風邪コロナウイルスが数個、鼻腔内に付着しただけの状態です。もちろん症状を発症することなどありませんが、新コロの場合は、こんな人も”感染者”にしていることになります。

どう考えてもおかしな話です。

昨日の朝日新聞に、東京都が開いた専門家らによるモニタリング会議の模様を伝えています。

その記事には「40代以上の感染 『家庭内』が最多」と見出しをつけています。

このモニタリング会議では、感染経路が判明した人が、どの経路で感染したかを分け、それぞれに感染のパーセンテージを添えています。その結果として、10日までの1週間では、家庭内での感染が29.1%で最も多かったとしています。

これはおそらく、何の意味もない数字であろうと思います。感染経路など、確かめようがないからです。

そもそも”感染”という判断が間違っています。

本コーナーで何度も書いていますように、新コロとされるSARS-CoV-2は未だに単離されていません。

PCR検査の基にされている遺伝子情報は、今年の1月はじめ、中国チームが英国の科学雑誌『ネイチャー』に送り、掲載された論文で、すぐあと、世界保健機関(WHO)がそれにお墨付きを与えています。

しかし、これは付け焼刃でこしらえた怪しい論文だという声が少なくありません。大橋氏もいわゆる中国論文には否定的な考えをお持ちです。

SARS-CoV-2に単離されていないとすれば、何の遺伝子情報なのかわからなくなり、一体何を診ているのか、という話になります。

PCR検査では、インフルエンザや風邪などにも反応し、陽性の判断が出てしまうそうです。こうなりますと、今世界中で大騒ぎしている新コロというのが、本当に存在するのかという話にも発展します。

こんなわけですから、検査で陽性になったからといって、AからBに感染した、などとは誰にもいえないはずです。

風邪になる素のコロナウイルスは一般的なもので、誰がそれを体内に持っていても不思議はありません。そんな風邪コロナウイルスをはじめとする無数にあるといわれる常在ウイルスが、必要のないPCR検査を受けたことで、たまたま見つかっただけ、という可能性が高いです。

ですから、一緒に生活しているAとBがPCR検査でたまたま陽性になった場合も、AとBの遺伝子情報が似ていただけで、まったく同じものという保証は得られません。

この場合は、AからBに”感染”したのではなく、AとBがもとから持っていたウイルスが見つかっただけの話、と受け止めるのが真っ当です。

このへんの理屈は、マスメディアで働く人もわからないはずがないのですが、多くの庶民から指摘されていても未だに改めないのは、どうしてなのでしょうか。

同じような意味合いで、簡単にクラスター発生したと判断するのも正しいとはいえません。それが5人や10人、あるいはそれ以上であっても、それぞれが別のウイルスを持つことがたまたまわかっただけの話であろうからです。

新コロ騒動がおかしいと感じ始める人が増えています。ドイツでは、大規模な反新コロデモも行われました。また、同じドイツでは640人の医師が、新コロ騒動を世界的な詐欺だと指摘する集会を開いています。

世界に遅れて、そのうち、日本でも同様のデモや専門家の集会があるかもしれません。

マスメディアはすでに信用を落としていますが、詐欺的な新コロ騒動をいつまでも煽っていますと、決定的な致命傷となりますので、そろそろ観念されてはいかがですか。

気になる投稿はありますか?

  • 新コロの実効再生産数1は本当か?新コロの実効再生産数1は本当か? 家では昔から新聞を複数取る習慣があり、今も朝日、日経、産経、地方紙の4紙を取っています。しかし、これだけ取っていても、せいぜい目を通す程度です。真剣に読む気にはとうていなりません。 こ新型コロナウイルス(COVID-19)騒動が始まってからはこの傾向に拍車がかかり、今は馬鹿にしながら眺めています。「またまた、こんな馬鹿げたことをまじめくさって書いちゃって」などと。 […]
  • 新コロで重症化や後遺症?新コロで重症化や後遺症? 新型コロナウイルス(COVID-19)騒動ですが、ここへ来て、庶民のこの騒動への風向きが良いほうへ変わってきているのを感じるようになりました。 それがわかるのはネットに寄せられたコメントですが、たとえばYahoo!ニュースの関連記事でも、少し前まではヒステリックに恐れる人が多かったのが、今はだいぶ落ち着き、代わって、未だに恐怖を煽るマスメディアの報道を批判するものが増 […]
  • マスメディアの”新コロ感染ごっこ”には付き合いきれないマスメディアの”新コロ感染ごっこ”には付き合いきれない 新型コロナウイルス(COVID-19)騒動で崩壊寸前にあります。もしかしたら、この騒動以前に崩壊していた可能性がありますが。 崩壊寸前なのは、国民生活ではありません。騒動を煽り立てて報道するマスメディアです。 連日馬鹿げた報道を展開していますが、今日は読売新聞の次の記事を見つけました。 マスクせず、駐車場で20分立ち話…濃厚接触の30代男性が感染 […]
  • コロナ報道のウソコロナ報道のウソ 新型コロナウイルス(COVID-19)の対応を巡り、国内が加速度的にヘンな方向へ進んでいます。 昨日は、Yahoo!に次のニュースが上がっており、それを見た瞬間、馬鹿々々しさに私は天を仰ぎました。 “夜の街”を上回り…東京で「家庭内感染」が最多に 軽症者ホテルの確保は 本コーナーで繰り返し書いていますが、行政やマスメディアを通じて毎日報じられる「感染者 […]
  • 女の生首とSARS-CoV-2が同じに見える?女の生首とSARS-CoV-2が同じに見える? 前々回の本コーナーでは、「マイナポイント事業」について書きました。 この事業は、9月1日から来年3月末までの期間に行われるもので、所有するマイナンバーカードと対象のキャッシュレス決済サービスを紐づけすることで、最大で、消費した金額の25%分の5000ポイントが還元されるというものです。 私は数ある対象サービスの中から、JR東日本が発行するIC乗車券"Suica" […]