2007/05/02 動画共有サイト

私は映像というものへの関心が人並み以上に強いです。それがため、関連する記事が新聞に載りますと、吸い寄せられるように読んでしまいます。

4月29日と30日の日経新聞に、こんな私を吸い寄せる記事が載りました。

まずは29日の記事から。これは見過ごされそうな小さな記事です。見出しには「テープなし映像編集 NHKにシステム初納入」とあります。

これは、NEC(日本電気)がこのほど実用化した「映像編集システム」について報じた記事で、その第一弾として、この画期的なシステムがNHKに導入され、実際に使われ始めたということです。

映像好きな私のアンテナに、ピピッ! とキャッチされた記事です。

このシステムをひと言で表現すれば、「撮影から編集、送出まで録画テープを使わずに管理できるシステム」となります。これは主に、ニュース番組での活用を前提にしているのでしょうか。

私もDV(デジタル・ビデオ)カメラを愛用しているひとりですが、その記録メディアは、ミニDVテープです。この記録媒体が、ここへきて、民生用においても、従来のテープに加えて、HDD(ハードディスクドライブ)DVDメモリーカードなどへと多様化してきています。

こうなるひとつには、商品ラインナップを充実させ、それを販売促進につなげようというメーカー側の思惑がありそうです。私はといえば、テープで何の不自由も感じないため、当面は別メディアに変更する予定はありません。

この新メディアへの移行を提案したのが、今回、NECがNHKに働きかけた「テープなし映像編集システム」となります。

具体的には、NHKの「BSニュースセンター」用の「ハイビジョン・サーバ・システム」というものを設置し、収録から編集、送出までの全てを、このサーバを核として行うシステムのようです。

このシステムを使うメリットを考えてみます。従来であれば、収録したビデオテープが物理的に存在し、撮影が終わったテープは、モノとして編集作業をする場所へ移動させなければなりません。また、編集が終わったテープは、送出の場へまた移動が必要です。

この物理なモノがなくなることで、各々のタイミングで必要な手間がいらなくなることになります。

実際のシステムを見ていないので、以下は私の勝手な想像になりますが、たとえば、ある事故現場でビデオ取材に当たるカメラマンがいたとします。そのカメラマンが撮影した生の映像は、サーバへと通信回線を使って一気に転送できます。これで、カメラマンの役目は終了したといえましょう。

次は編集係が仕事をする番です。編集素材はサーバに届いています。あとは放送開始時間に合わせ、必要となる箇所を抜き出し、放送素材となる映像へと編集作業をするだけです。思うような映像が出来上がったら、編集マンの仕事も終了です。

あとは、放送時間が来たら完成した映像を流すだけ。こんなイメージになりましょうか?

この記事の最後には、「将来は大容量な通信回線を経由して、ネットコンテンツとして配信することも可能になる」とあります。

続く、30日の記事の見出しは、「動画共有サイト『使ったことある』6割」「8割が『有力な広告媒体に』」です。

ここでいう「動画共有サイト」として知られるのはYouTubeです。

これを創り上げたのは、チャド・ハーリー1977年生まれ)とスティーブ・チェン1978年生まれ)という若者ふたりです。

ふたりが著作権問題で来日した際、朝日新聞の2007年2月10日付け「ひと」で取り上げた記事によれば、チェンさんが技術部門、ハーリーさんが経営部門を受け持つようです。

こうしたサイトを立ち上げるきっかけは、「パーティで撮った動画を友人と見たくて、投稿・閲覧できるサイトを作ろうとした」(チェンさん)ことだそうです。会社の設立は、2005年2月だそうです。

それが、あれよあれよという間に人々の関心を集め、今では1日約1億回利用されるまでに急拡大し、昨年にはGoogleに買収され、会社設立から2年足らずで、ふたりは名声と巨万の富を手にしています。確か、数十億円(数百億だったかな?)を手にしたと何かで読みました。

【本日の豆訂正】:買収金額を「ケタ違い」に間違えました。2007年5月14日の産経新聞に「正解」が書かれていました。買収金額は、「16億5000万ドル(約2000億円)」だったそうです。失礼しましたm(_ _)m (訂正:2007年5月14日)

ただ、どんなものにも「光と陰」があります。

瞬く間に人々の注目を一身に集めたYouTubeにも陰の部分はあります。著作権を侵す投稿動画があとを絶たないことです。

違法投稿のほとんどは、個人が切り取ったテレビ番組の違法投稿です。この事態に対し、著作権を有する側は「けしからん!」と頑なな態度です。

ではここで視点を換えて、YouTubeを利用する人が一番見てみたい動画はどんなものでしょう? 日経新聞は、調査会社「インフォプラント」を通じて、利用者の意識調査をしました。調査期間は今年4月17~19日。調査対象は全国の20歳以上の男女で、1000人が回答を寄せています。

気になる結果は_同サイトを利用した経験のある人は、男性が【74%】女性が【53%】。この内、男性の【34%】が「毎週視聴している」と答えたようです。

気になる、「人気動画」の調査結果の第1位に輝くのは_50%強(この項目は複数回答)の支持を集める「過去に録画されたテレビ番組」です。2位以下は以下の通りとなっています(カッコ内はおよそのパーセンテージ)。

  1. 一般利用者が撮影した映像(37%)
  2. 音楽のプロモーション映像(37%)
  3. 最近のテレビ番組(26%)
  4. 音楽番組・ビデオのシーン(25%)
  5. 映画のシーン(20%)
  6. コマーシャル映像(16%)
  7. 映画のプロモーション映像(16%)

ぶっちゃけた話、2位の「一般利用者が撮影した映像」意外は、著作権を侵害する映像ばかりですね。裏を返せば、それだけ、人々の支持を集める映像を創り出すのは難しいということです。それを個人がある程度コンスタントに創れたら、おそらくはその道のスターになれると私は考えます。

本日は、この話題に絡め、「著作権のあるべき姿」について書くつもりでした。が、それは次回以降に回すことにします。その“次回”がいつになるかは私にもわかりませんが。

気になる投稿はありますか?

  • 2006/01/17 ホリエモン・ショック2006/01/17 ホリエモン・ショック 本日の株式市場は、ホリエモンこと堀江貴文社長一人に引っ掻き回された形となりました。終わってみれば、前日比【462円08銭安】の【15,805円95銭】です。 数年後には、「ライブドア・ショック(あるいは「ホリエモン・ショック」)」として語られることになるかもしれません。 ライブドア・ショック しかし、本日の下げは昨日の時点である程度は想定す […]
  • 2004/02/02 ビリー・ワイルダーはお好き?2004/02/02 ビリー・ワイルダーはお好き? おとといの土曜日になりますが、また2本立ての映画を見てきました。それについて昨日書こうと思っていたのですが、あいにく風邪気味となってしまい、一向に頭が回らないため今日にずれ込んでしまいました。 実をいいますと、今日の方が風邪の症状自体は悪化していると思わないでもありませんが、こんな頭の回らない日に書くのも面白いのではないかと思い直したところです。また、文章を書くことで […]
  • 2004/07/12 大林宣彦作品とオーラ2004/07/12 大林宣彦作品とオーラ それにしても、連日暑い日が続きます。ただ、今日のところは、暑さはそれほどでもありません。が、昨日、高校野球観戦で炎天下にいたせいか、体内に暑さが堪っているようで、思考回路が滞り気味です(←それはいつものこと(^.^;)。 ですので、ある物事に思考を働かせて文章にまとめるのはいささか億劫な状態ではあるのですが、気合を入れて、先週末の10日に見てきた映画の話でも書いてみる […]
  • 2003/03/23 ケン・ジョセフの衝撃リポート2003/03/23 ケン・ジョセフの衝撃リポート イラクへの攻撃が始まってからというもの、“情”に流された「反戦=反米」のうねりは日増しに大きくなっているようです。 この動きは、著名人へも反戦意識の高まりとなって表れているようで、今日の日経新聞には女性歌手の宇多田ヒカルさんと矢井田瞳さんの例が書かれており、それによれば、それぞれの自サイト内で彼女たちは以下のように反戦を訴えているそうです。 […]
  • 2004/03/28 Qちゃんの真実?2004/03/28 Qちゃんの真実? 本日は、産経新聞一面コラム「産経抄」(朝日の「天声人語」に相当)で取り上げられている話題について書いてみようと思います。ということで、まずは本日分のコラムを以下に転載させてもらいます。 […]