2007/05/18 いくつになっても可愛い山本潤子さん

本日も思いつきで、少しばかり書いてみようかな、などと考えたりしています。で、今回、「思いつきの種」が転がっていたのは、NHKで今年度から始まった音楽番組「SONGS」(水曜/23:00~23:29)です。

この番組に絡んでは、先日(11日)の本コーナーで書いたばかりです。その時に取り上げたアーティストは、既に解散してしまったフォークグループ、チューリップでした。

今回取り上げるのは、この16日に放送になった回で、3組のアーティストが招待されました。いずれも往年のアーティスト、五つの赤い風船、山本潤子、南こうせつです。

この回も、しっかりPC録画し、今日、自作DVDに仕上げました。

SONGS「五つの赤い風船・山本潤子・南こうせつ」の自作DVDレーベル

それぞれのアーティストについて語れるほど、私は知識を持っていないわけですがf(^_^)、番組を見ることで得た知識を交え、少しだけ書き留めておくことにしましょう。

この3組の中でどうしても押さえておかなければならないのは、“長老格”の五つの赤い風船です。なぜか、私はこのグループの代表曲『遠い世界に』は知っていまして、私はこの曲をNHK-FMのリクエスト番組「サンセットパーク」にリクエストしようかな、と考えたこともありました。

ここでいきなりローカルチックな話になってしまいますが、関東甲信越(東京・ 神奈川・ 千葉・ 埼玉・ 茨城栃木・ 群馬・ 山梨・ 長野・ 新潟)向けのこのリクエスト番組・金曜日(月曜から金曜までの午後6時から50分間の生放送)には、名物の「しりとりリクエスト」というコーナーが設けられています。

コーナーの内容は、このコーナー名からご想像いただけると思いますが、曲名でしりとりをしてしまうコーナーです。

私がリクエストを狙っていたのがこのコーナーで、私はひとり密かに「『遠い世界に』の『と』の回が早く来ないかな」なんて待ち望んでいました。が、現実とは厳しいもので、その回が「しりとり」コーナーに訪れる前に、他の曜日(火曜日)の一般リクエストコーナーでさっさとかかってしまったのでした。この瞬間、私の「企み」はもろくも崩れ去ったのであります。

そんな思い出の楽曲を代表曲に持つ五つの赤い風船というグループですが、1967年に結成されるや、当時の若者から絶大なる支持を集めた、らしいです。その若者たちというのは、今でいうところの団塊の世代に当たるのでしょう。

この団塊の世代ということでいえば、先月29日に放送になった「ETV特集」「ホワッツ テラヤマ? 再考・団塊の青春」でも題材として取り上げていました。「団塊の世代」の騎手であった寺山修司については、いずれまた、機会があれば書いてみたいと思っています。

ETV特集「ホワッツ テラヤマ? 再考・団塊の青春」自作DVDレーベル

例によってまた話が脱線してしまいました。私が本日ここで書きたいのは五つの赤い風船、もいいのですが、彼らに影響を受けてシンガーになった山本潤子さんなのです。

山本さんは、お生まれが1949年ということですので、今年の誕生日が来ると58歳になられるわけで、その山本さんをつかまえて「可愛い」というのは失礼にもほどがありますね。

そういえば、チューリップの財津和夫さんが1948年生まれ。また、オフコース小田和正さんが1947年生まれですので、名を残す活躍をされた方々がこの年代に集中していることになります。

オフコースといえば、山本潤子さんがはじめに参加したグループ赤い鳥は、グループ結成年の1969年(1969年結成-1974年9月解散)、出場したアマチュア・バンドのコンテスト「ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」第3回大会で、そのオフコースを押さえて優勝したんだそうですね(オフコースは2位)。

当時の山本さんの面影を伝える画像があります。

やっぱり「可愛い」というよりほかないんじゃないでしょうか。当時の映像を見ても、今のアーティストのように、ヴィジュアルに凝って驚かせることもなく、髪はストレートのまま。衣装にしても、いたってシンプルです。それでいて、しっかり歌声を聴かせ、また、聴く者のハートを掴んでいます。長く伸びた髪のように、まっすぐ育った女性という感じです。

その彼女が、今回「SONGS」に登場したわけですが、その録画ビデオから取り出したのが下の画像です。

本当は、こちら(カメラ)に視線を向ける瞬間を待っていたのですが、この時はあいにく視線がこちらを向くことなく、残念です。でも、彼女が持つ素直な人間性がそのまま宿り、人生を重ねてきたように感じます。素敵ではありませんか?

彼女は、赤い鳥から一緒で、のちに結成したハイ・ファイ・セットでも一緒に活動を続けた山本俊彦さんと結婚し、ふたりの娘さんのお母さんでもあるようです。

気になる投稿はありますか?

  • 2007/03/13 川内康範と水原弘と『君こそわが命』2007/03/13 川内康範と水原弘と『君こそわが命』 話題としてここで取り上げるのには、少々古くなっている気がしないでもありませんが、自分にとってはちょうどいい頃合いです。この問題についての理解が、自分なりには深まったからです。 その問題とは、脚本家・政治評論家の肩書きもお持ちで、そしてそして、作詞家として名高い川内康範氏が作詞し、森進一の歌唱によってヒットした『おふくろさん』を巡る騒動です。 1971年に誕生して […]
  • 2007/02/28 ちあきなおみという歌い手2007/02/28 ちあきなおみという歌い手 本日は、希有な歌い手について書くことにします。 本来であれば、「歌手」と書くべきところを、敢えて「歌い手」という書き方にしてみました。「歌手」も「歌い手」も意味に違いはなく、どちらでもいいようなものですが、彼女について書こうと思ったとき、この表現が私の中でひらめいたのでした。 「彼女」というからには、その歌い手は女でなければなりません。芸名をちあきなおみというそ […]
  • 2001/03/21 竹内まりや的女2001/03/21 竹内まりや的女 何気なくかけていたラジオからある女性シンガーの曲が流れてきました。 それは平松愛理の歌う曲でした。で、私はそのラジオを消しました。私は彼女の曲がどうにも性に合わないもので、、、。 なんででしょう? […]
  • 2000/04/28 夜明けのスキャット2000/04/28 夜明けのスキャット 只今、少々ハマっている歌があります。小島麻由美(「小島麻由美 Official WEB Site」)が歌う「夜明けのスキャット」という歌です。 今も、ヘッドホンで彼女の曲をエンドレスに流しながら、コレを書いています。もう、何十回聴いていることやら。彼女は歌がうまい、なんて書いたらプロはうまくて当たり前なので、失礼かもしれないけれど、それにしても、うまい(^^; […]
  • 2007/05/28 没後100年を記念する「靉光展」2007/05/28 没後100年を記念する「靉光展」 いきなりこんな質問をしてみたいと思います。あなたは漢字の読み書きは得意ですか? こうした質問に「得意です」と答えた方に質問いたします。「靉光」は、どうお読みなりますか? 字が小さすぎてはわかりにくいですので、下に大きく表示しておきます。 靉光 これは画家の名前なのですが、昨日の日曜日、私はその画家の展覧会へ行ってきました。 展覧会が開かれてい […]