『バンド・ワゴン』で私が首ったけなのは?

やっぱり古い米国映画はいいですね。シリアスでなく、カラッと明るいのが私は好きです。

少し前、『花嫁の父』1950)を本コーナーで取り上げました。

これを監督したのはヴィンセント・ミネリ19031986)です。

ミネリが監督した『バンドワゴン』1953)を、レコーダーのハードディスクトライブ(HDD)に残してあるので、久しぶりに見ました。

フレッド・アステア18991987)が主演するミュージカル映画です。公開されたのは1953年で、その頃になると、いかに一世を風靡したとはいえ、アステアもやや落ち目となっていた(?)のでしょうか。

そんな現実のアステアをモチーフにして作られたのが本作です。

とにかく明るいアステアの演技やダンスと歌は見ているだけで楽しくなるのですが、今回久しぶりに見たら、ひとりの女優がとてもチャーミングに見え、彼女に首ったけとなりました。

私の心を捉えたのは、アステアの相手役のガブリエルを演じたシド・チャリシー19222008)ではありません。

アステアが演じるトニー・ハンターの人気を復活させるため、コンビで脚本を書くマートン夫妻が、舞台演出家のゴルドバに掛け合って、ミュージカルとして演出してくれるように頼みます。

ゴルドバの得意分野は時代がかったものです。トニーが演じてきたアップテンポなものとは百八十度違います。そのため、トニーは乗り気でありません。それでも、マートン夫妻は、何とか実現するため、トニーとゴルドバの仲を取り持ちます。

“That’s Entertainment” from The Band Wagon 1953

このマートン夫妻の妻リリーを演じるナネット・ファブレー19202018)がいいのです。リリーは脚本を書くだけでなく、舞台で歌や踊りを披露する女優も兼ねています。

舞台で歌い踊る彼女も、舞台を降りた彼女も、いつも明るく、トニーに顔いっぱいの笑顔を向け、トニーを励ましつつ、自分でも愉しんで演技をします。

ネットの事典ウィキペディアで確認すると、本作の脚本を書いたベティ・コムデン19172006)とアドルフ・グリーン19142002)は、自分たちをマートン夫妻として本作に登場させたようです。

グリーンとコムデンは、約60年にわたって、ハリウッドブロードウェイで脚本や歌を共作したため、世間ではふたりを夫婦と思っていたようです。ところが、ふたりは結婚していなかったのだそうです。

本作でナネット・ファブレーが演じるリリー・マートンが、ベティ・コムデンの役回りとなります。コムデンは脚本や歌を書くだけで、本作のリリーのように、舞台に立つことはなかったようですが。

ゴルドバの時代がかったミュージカルは一度の上演で失敗に終わり、トニーが持ち味の軽妙なミュージカルに作り直して成功します。

演目のひとつに「TRIPLETS(三つ子)」があります。向かって左から、トニー、リリー、ゴルドバが三つ子に扮し、歌うものです。

Triplets – Fred Astaire, Nanette Fabray, Jack Buchanan

ここでも、リリーに扮したベティ・コムデンが楽しそうに演技していますね。

これから先も、彼女を見たいがために、本作を見ることになりそうです。

気になる投稿はありますか?

  • 村上と竹内の共通点村上と竹内の共通点 世の中は大型連休に入りました。私は休日とは関係なく過ごしていますので、それが大型だといわれても、何も変化がありません。 そんな私ではありますが、今の時期、各地で高校野球春季大会が開かれており、この時期は例年、その観戦に出かけるのが習慣となっています。 昨日(28日)も高い気温の中、球場のスタンドで観戦してきました。 球場への行き返りの電車の中や、球場で試合 […]
  • 20年近く乗り続ける車20年近く乗り続ける車 現代は製品の開発・販売サイクルが非常に速いです。私も趣味とするデジタルカメラはそれが顕著です。 私はフィルムの一眼レフカメラを使っていましたが、それが全盛の当時は、一眼レフカメラを一度購入したら、一生涯使うような感覚でした。 実際問題、私が購入したのはヤシカのコンタックスRTSおよびRTS IIですが、RTS […]
  • 説明動画における音声の重要性説明動画における音声の重要性 ネット動画が一般的になり、それ以前であれば文字で伝えられたようなことが、今は動画にされることが多いです。 私も、ネットの動画共有サイトYouTubeには自分のチャンネルを持っており、気が向いたときに動画を上げることをしています。 テキストの説明を読むより、動画のほうがわかりやすいことがあります。しかし、そんな利点を持つ動画であっても、ある要素が適切に設定されてい […]
  • 2024センバツの1シーンに胸熱く2024センバツの1シーンに胸熱く 高校野球は地方大会も全国大会も、一発勝負です。どんなに競った試合をしても、負けたら次の試合はありません。それもあって、戦っている選手の必死さがテレビ受像機の画面から伝わってきます。 今年のセンバツ大会(選抜高等学校野球大会)も、あとは準決勝と決勝の3試合を残すのみとなりました。 昨日(28日)行われた準々決勝第3試合の最終盤、選手の必死さが伝わる場面がありました […]
  • 期待されるイメージのまま生きた高倉健期待されるイメージのまま生きた高倉健 世の中には「夢を売る仕事」があります。映画俳優はその代表格といえましょう。その後に登場したテレビが国民の娯楽となり、映画は衰退しました。 今は、ネットの動画共有サイトYouTubeが隆盛となり、映像表現が身近になりました。それに相対して、映画やテレビに出演する人が憧れの対象となる比率は低下しています。 これから書くことは、まだ何とか映画が、現実世界を離れた夢の空 […]