日米の差はどこから?

今回は、自分のことを完全に棚に上げたまま、日本と米国のYouTuberのレベルの違いについて書きます。

今朝、ネットの動画投稿サイトのYouTubeを訪れたところ、次の動画がお勧め動画にありました。

a WARNING to Canon

動画のタイトルは”a WARNING to Canon”で、「キヤノンへの警告」と刺激的です。そこで、動画を再生し、中身を確認しました。

本動画の投稿者は、今も続けているのかわかりませんが、カメラの販売店で働いていたようです。彼は訪れる客に親切な店員だったようで、客が望むような品を、積極的に客に勧めていたようです。

たとえば、客がカメラに詳しくない人で、キットレンズがセットになった商品を購入することを一旦停止し、彼が店内に展示されている中から選んだ、たとえば日本の「サードパーティ」製の、安価で、キットレンズ(彼はそれらを「ほとんどがゴミレンズ」と呼んでいました)よりも望ましい写りをするレンズをカメラにつけ、客にファインダーを覗いてもらったりしたそうです。

客がファインダーを見て、ファインダーが明るく見えるなどと、一様に喜ぶそうです。

彼のような店員に出会えば、初期費用を抑えながら、より良いカメラ生活をスタートできるでしょう。

そんな彼が本動画でキヤノンに「警告」を発しているのは、キヤノンの新しいレンズマウントであるRFマウントにおいては、それ以前のキヤノンのEFマウントのときとは違い、サードパーティ製レンズへは明らかに門戸を閉ざしている(?)姿勢です

私も、昨年の10月末に、その一年半前まで使っていたソニーのミラーレス一眼カメラ(ミラーレス)のα7 IIに戻るまでの間、キヤノンのミラーレス、EOS RPを使いました。

ですので、私もRFマウントは経験済みですが、その時は、より安いキヤノンのRFマウント用レンズを二本購入しただけでした。

そのときは、RFマウントが始まってまだそれほど経っていない頃で、それだから、サードパーティ製のRFマウントレンズの品揃えが少ないのだろうと考えていました。

彼の動画を見て、ネットの価格コムで、RFマウント用レンズを確認してみました。一部にサードパーティ製のレンズがラインナップされていますが、EFマウントのときにはあった、たとえば、いずれも日本のサードパーティ製レンズメーカーである、タムロンシグマコシナといったメーカーのレンズはまだ一本もありませんでした。

キヤノンがサードパーティメーカーに門戸を完全に閉ざしているのかどうかは私は知りませんが、もしそうであれば、本ページに埋め込んだ動画の彼のように、キヤノンには考えを変えて欲しいように思わないでもありません。

もっとも、今はソニーのミレーレスに戻りましたので、直接の影響はありませんけれど。

今回、本ページにある米国人が作った動画を埋め込んだのは、キヤノンのサードパーティ製レンズの対応を取り上げるのが目的ではありません。

動画の内容は別にして、動画の完成度がとても高いと感じ、本ページで紹介しようと考えたのです。

今回の動画の制作者は、当人がおそらくはカメラ好きな人間で、それを仕事にしたことがある、動画制作においては、おそらく素人にあたる人でしょう。

そんな彼が、ひとりで、あるいは、彼が勤務したカメラ店内の撮影は、誰か別の人に頼んでいるかもしれませんが、彼が部屋で写っている部分は、何台もカメラをセットし、編集で画面を切り替えているのでしょう。

それが実に良いタイミングで、プロの映像制作者にも劣らないどころか、下手な制作者であれば、それ以上の出来栄えに見えます。

ほかにも、ネットから得たカット映像などをインサート編集していますが、その見せ方も非常にうまいです。

彼が自分の部屋で撮影した映像にしても、部屋のセッティングもカラーコレクションもばっちりで、文句のない映像です。

動画をすべて見て、冒頭で書いたように、彼のような動画は特別ランクが高いといえますが、概して、米国のYouTuberが作る動画は、日本のYouTuberとは段違いのレベルのように感じます。

もちろん、自分のことは完全に棚に上げて書いていることは、冒頭で断ったとおりです。

私には、今回の動画が作れるような技術もセンスも持ち合わせていません。それに加え、本動画の主は話し方も上手で、無駄なく、自分のいいたいことを述べています。

日本と米国でこれほどレベルが違うのは、両国で日頃接する動画の環境がそもそも大きく違う(?)ことにあるのかもしれません。日頃、映画館やテレビなどで見る映像のレベルが高ければ、それが自然に、見た人の肥やしとなり、個人が作る動画にも反映されるかもしれません。

以上、何度も書くように、自分のことを棚に上げて、日米のYouTuberの質の違いについて書きました。

それとは別に、キヤノンのマウント問題は、この先どうなるのでしょうか。

気になる投稿はありますか?

  • 似非ワクチンでスパイクタンパク質は作れない説似非ワクチンでスパイクタンパク質は作れない説 今朝、国産の動画共有サイトであるニコニコ動画で興味深い動画に出会い、早速、本サイトで紹介しました。未だに日本では騒動が収まらずにいる新コロ茶番騒動に関する動画です。 その動画を下に埋め込みますので、ご覧ください。 スパイクタンパク質は作られない 新コロウイルスのために作られたことにされているワクチン(似非ワクチン)は、mRNAという、これまでのワク […]
  • 領収書が印刷できなくて困った話領収書が印刷できなくて困った話 私は毎日何時間もPCを使いますが、ときどき、困ったことが起きます。昨日、その困ったことが起き、解決するまで3時間程度かかりました。 私に起きた困ったことは、領収書を印刷できなくなったことです。 ネットで注文したものが昨日の午前中に届き、その商品の領収書を、購入したサイトで発行してもらいました。それを、自分が使うプリンタで印刷しようとしたのですが、印刷できるまで3 […]
  • 2000/06/04 めだか課長|17歳の衝動|O’s Editor2000/06/04 めだか課長|17歳の衝動|O’s Editor 私が好きでよく見ている番組に「NHKアーカイブス」があります。 これは、NHKの資料室に眠っている大昔のドキュメンタリー番組を再放送する番組です。見ていると、自分がタイムマシンにでも乗って過去に戻ったかのような錯覚に陥るほど、懐かしい気持ちになります。 前回放送された中の1本は、「めだか課長」と呼ばれる東京都のある役人を描いたものです。 時代は、東京オリン […]
  • 無料につられSpotifyに無料につられSpotifyに 音楽の配信サービスはいくつもありますが、そのひとつのSpotify(スポティファイ)を、わかっている限りでは、2年ぶりぐらいに有料版使い始めました。 https://indy-muti.com/18261/ きっかけは、2カ月無料で有料のPREMIUMを利用できることを知らせるメールが届いたことです。 ただ、この手のメールは、すぐに反応しないことにして […]
  • H氏のYT動画を見て思うことH氏のYT動画を見て思うこと ネットを使う人で、動画に興味がある人であれば、動画共有サイトのYouTubeはお気に入りのサービスになるでしょう。 そういう私自身、映像は昔から好きなため、YouTubeなどない時代から、当時ですからビデオカメラでビデオを撮っては、それを動画にして、自分のサイトのサーバに上げることなどをしていました。 YouTubeにも自分のチャンネルを作り、動画を上げることを […]