購入しても使えないもの・使わないもの

昨年末、私にとっては少々値の張る商品を続けて三つ購入しました。年が明けても、私はその商品を一度も使っていません。使えない商品だからです。

何を書いているのかわからなくなるでしょう

私が購入した商品は、そもそも「使う」という概念を持ちません。購入したあとは、持ち続けるか、手放すかの二択しかありません。

通常、購入した商品は手放さずに使い続けることが多いです。購入した価格よりも高い値で手放せる商品は、カメラでいえば、ライカのカメラやレンズでしょうか。

私の商品は、いつでも手放すことができるうえ、持ち続けるだけでお金を生みます。手放すタイミングによって、購入価格から大きく下がっていることもあれば、その逆のこともありますが、それは、その時にならなければわかりません。

私が昨年末に購入した商品がなんとなくわかってきたでしょう。そうです。株式市場に上場されている株を3銘柄購入したのです。

思い返せば、今から19年前の2004年の大型連休明けに、ほんの興味本位で株式投資の真似ごとをしました。当時は知識も経験も浅いため、デイトレードのようなことをしては、資金を溶かしてしまいました。

そのときに今のような考えがもしも私にあれば、20年近く経った現在までに、それなりの果実を得ていた(?)かもしれません。

投資の真似ごとへの関心が薄れたあとは投資行動を止めていました。その後、自分には銘柄選択の能力がないことがわかりましたので、投資信託(投信)や上場投資信託(ETF)で資金を運用するようなことをしました。

ただ、インデックスの指数に連動する投信やETFは、玉石混交の企業へひとまとめにして資金を提供するようなもので、本来の投資とは理念がかけ離れています。

具体的にいえば、自分では投資したくない企業へも、わずかながらでありつつも、自分の金が回っていることになり、愉快ではありません。

たとえば、米国株のインデックス投信であれば、ネットで言論弾圧をするGoogleや、新コロ茶番騒動を引き起こした黒幕のひとりと目されているビル・ゲイツ1955~)が創業したMicrosoftへも必然的に自分の投資資金が回ってしまいます。

想像するほど嫌な気分になりました。

このことは世界株インデックス投信でも同様です。比率の半分程度が米国株ですから。何分の一でも、彼らに回ってしまいます。これでは、自分で自分の首を絞めるのと変わりません。

しかも、指数の動きに左右されるだけで、投資の魅力を味わえません。

投信であれば長い期間続けるのが本来のやり方ですが、私は少し上がったところで解約しては、別の投信への投資をするようなことを何度も繰り返しました。

その結果得た利益は、せいぜい10万円程度であったでしょう。すべて少額投資非課税制度(NISA)を活用しましたので、2割の税金は取られずに済みました。

昨秋にそれらの投信も解約し、身軽になっていました。そんな折、昨年の12月になって、久しぶりに個別株に投資する気が起こりました。

きっかけは、日銀黒田東彦総裁(1944~)が、突如のように、それまで続けていた金融緩和策を修正したことで、それまで低迷していた銀行株をはじめとする金融株が急上昇したことです。

今日の朝日新聞は、財務省が昨日実施した10年物国債の入札について伝えています。この記事のヘッドラインには次のように書かれています。

1月発行の10年物国債の入札で、買い手に毎年支払う利子の割合となる「表面利率」を前月までの年0.2%から0.5%に引き上げた。

私は国債がどういうものか詳しい知識は持ちません。大ざっぱにいえば、国に自分のお金を貸しているようなもの(?)でしょう。それが10年物であれば、10年間は返してもらえませんが、貸した金の元本は保証されています。

どんな場面でも同じだと思いますが、通常は、お金を誰かに貸せば、お返しとして、利子のようなものをつけてくれます。

国債も同じで利子がつくはずのところ、日銀が発行する国債が、国の金融緩和策のあおりを受ける形で、マイナス金利に転じる局面がありました。

具体的にそうなったのかどうか、私はわかりませんが、金利がマイナスになれば、貸した側が借りた相手に利子を払わなければならなくなったりする(?)ということです。

それが、昨年12月に金融緩和策が修正されたことで、この5日に発行された10年物国債では、利率が0.5%に引き上げられました。これは、8年ぶりの水準だそうです。

ということは、この8年間、銀行株は金利の低下による影響をもろに受けていたことになります。そのために、業績が良いにも拘らず、株価が低迷していました。

専門家によって書かれた本を読みましたが、その専門家の話では、金利の低さが銀行に悪影響というのは、単なるイメージでしかないそうです。

銀行というのは、それだけが利益の素ではなく、様々な業務をすることで、低金利だった時代にも、メガバンクは、好業績を上げていたそうです。

それは別にして、金利がやっと上昇に転じたことで、これからは銀行が利益を上げられるというイメージが広がり、昨年末から銀行株が上昇することが続いています。

その動きを見て、私も個別株への投資意欲が復活し、実際に、年末に銀行株とそれ以外の業種を合わせ、3銘柄を1単元(100株)ずつ購入した、というわけです。

本日の豆買い増し
その後、2銘柄は1単元買い増しし、200株ずつになりました。

株は、購入した時より上がればそれだけ利益が膨らみますが、それ以外に、それぞれの企業から提供される配当をあてにして投資をしました。

日本の1990年代は、日本のバブル経済がはじけたすぐあとの時期にあたります。その時代、ここまで書いてきた、国が発行する10年物国債の利子が5%と高かったことを知る人はどれほどいたでしょうか。

毎年、国債を購入するのに投じた額の5%の利子が入るということです。ということは、10年で投資額の50%になり、購入した国債の元本が保証されるうえ、その半分の額が利子で得られる計算です。

これほど安全で意味のある投資はないでしょう。しかし、多くの人は株バブルが頭にあったため、5%程度の利子がつく国債へ関心を持つ人は多くなかったようです。

同じことを、今、株式投資で行おうと思えば行えます。上場されている銘柄を調べれば、5%前後の配当を出す企業があります。それらに同じように投資し、10年持ち続ければ、投資した額の半分の利益を得られます。

ネットの動画共有サイトのYouTubeで昨年12月に見た切抜き動画では、20億円分を配当5%程度の銘柄に投資している人の話が語られていました。

【テスタ】株価下げたら高配当株買います。20億で夢の配当金生活【テスタ切り抜き/不労所得/REIT】

それが本当かどうかはさておき、20億円で毎年5%の配当であれば、毎年1憶円が入る計算です。それを10年続ければ、配当だけで10憶、20年続ければ、投資額分が配当で得られる計算です。

もっとも、投資は税額が高く設定されており、2割が、所得税住民税で徴収されてしまいます。それでも、8割は自分の利益になります。

本日の豆記憶
私が投資の真似ごとを始めた2004年当時は、投資にかかる税額は10%だったと記憶します。その後20%に上がるわけですが、そのとき、セットで登場したのがNISAでした。税額が上がることへの批判を弱めるのにNISAが利用された(?)のかもしれません。

私が昨年末に投資した3銘柄も、それなりの配当が得られることが購入の動機でした。その権利を得るためには、昨年12月28日までに購入しておく必要があり、購入したのです。

3銘柄のひとつが銀行株で、イメージ先行でもなんでも買われ続けていることで、購入した私の銀行株も、昨日の終値時点で6%ほど値上がりしています。

ただ、すでに書いたように、私は株価には関心を持たないようにしています。あくまでも、その企業から得られる配当が狙いです。

ですから、今後、株価が大きく下がるようなことがあれば、買い増しをし、それによって得られる配当を多くするようなことを考えています。

投信やETFに投資していたのでは、このような楽しみは味わえないのではないかと思います。

気になる投稿はありますか?

  • 泳ぐ宝石に魅せられて泳ぐ宝石に魅せられて 本日の朝日新聞に、国会議事堂で宝石が泳いでいることを伝える記事が載っています。 こう書いただけで、あるものをイメージできた人はどれぐらいいるでしょうか。 「宝石が泳ぐ」を逆のいい方に換えれば「泳ぐ宝石」になり、それはすなわち「錦鯉(にしきごい)」であることに気づくことができます。 記事では、随分前のことを取り上げています。昨年10月25日にあった出来事だか […]
  • 有名人に起きた異変から真相を見る有名人に起きた異変から真相を見る 有名人の訃報が続けてふたつありました。 ひとりは、敗血症で11月28日に亡くなったことにされている俳優でタレントの渡辺徹(1961~2022)です。もうひとりは、昨日(だったかな?)になって、今年の3月5日に亡くなっていていたことがわかった俳優の志垣太郎(1951~2022)です。 これらの報道を見て私が気がついたのは、おふたりとも、元気に過ごしていたのに、突然 […]
  • 安倍元首相の献花台も不要安倍元首相の献花台も不要 事件や事故が起こり、それがマスメディアに取り上げられるようなものであると、現場に献花台というものがしつらえられたりします。 このたびの安倍晋三元首相(1954~2022)銃殺現場にも献花台がしつらえられ、花を手向ける人が行列を作っています。 https://indy-muti.com/34282/ どんなに惨い死に方をされたのであっても、献花台で故人を […]
  • 日本でラジオ放送が始まったのは?日本でラジオ放送が始まったのは? 百年前を、大昔と考えるか、それとも、それほどの昔でもないと考えるかは人それぞれです。 日本でラジオの放送が始まった年を正確にいえる人は多くないかもしれません。ネットで調べればすぐわかることですが、調べずに、自分の知識として披露できる人は少ないでしょう。 私も知識を持っておらず、テレビに比べれば長いくらいの感覚でしかありませんでした。 こんなことを考えたのは […]
  • 家庭用ビデオカメラの黄昏家庭用ビデオカメラの黄昏 私の家では朝日・日経・産経・地方紙の4紙をとっていますが、本日の日経に載っていたある記事に目が留まりました。記事の大きさをおおよそ測ってみると、縦が10センチ、横が12.5センチぐらいの小さな記事ですから、本日の日経を読む人も、見落とす人がいるかもしれません。 その記事が伝えるのは、JVCケンウッドが、昨年2021年10月で、国内向けのビデオカメラの製造を終了したこと […]