2000/04/28 夜明けのスキャット

只今、少々ハマっている歌があります。小島麻由美小島麻由美 Official WEB Site)が歌う「夜明けのスキャット」という歌です。

今も、ヘッドホンで彼女の曲をエンドレスに流しながら、コレを書いています。もう、何十回聴いていることやら。彼女は歌がうまい、なんて書いたらプロはうまくて当たり前なので、失礼かもしれないけれど、それにしても、うまい(^^; 声も、とっても色っぽいんですよね。

彼女のことは、確かNHKの「みんなのうた」で初めて知ったように思います。『ふうせん』という歌で、その歌いっぷりや歌詞、それに彼女の手によるアニメーションに才能を感じました。

そこで、彼女のニューアルバム『ソングス・フォー・ジェントルメン 小島麻由美のセクステット — ライヴ』を買い求めたのでした。ホントにライヴでの録音なのかどうか知りませんが、ライヴ形式の録音ではあります。

全体的に、1970年代の雰囲気が感じられて、センスの良さを感じます。その中には、『プレイガール』のテーマミュージックを彷彿とさせる『プレイガーリー』と言う全編スキャットの曲もあったりします。

ちなみに、『プレイガール』のテーマミュージックなどを作曲した山下毅雄は掛け値なしの奇才であったと思います。手元に彼の曲を集めたCDがありますが、一時代のTV番組のテーマ曲が彼の作であったことを知るにつけ、改めてその才能に驚かされます。

一例を挙げると、「プレイガール」をはじめ、「七人の刑事」「ローンウルフ 一匹狼」「大岡越前」「鬼平犯科帳」「クイズタイムショック」「時間ですよ」「はーいただいま」などなど。

話を小島麻由美に戻すと、『夜明けのスキャット』という曲、どこかで聴いたことがあると思ったら、そう。由紀さおりが歌って大ヒットした曲でした。道理で名曲のハズです。

https://youtu.be/ZBynPuKTWg0?t=35

小島麻由美の歌う『夜明けのスキャット』もいいですよ。レゲエ風のアレンジ。曲半ばからグングン押しまくり、ハジけます。良かったらレンタル店で探して、連休中にでも聴いてみてください。

これだけ宣伝したら、小島さんから何かお礼が来たりして、、、。

気になる投稿はありますか?

  • 2002/10/31 リクエスト「これが男の生きる道」2002/10/31 リクエスト「これが男の生きる道」 今日はいつも聴いていますNHK-FMのリクエスト番組「サンセットパーク」宛にリクエストカードを出しています 今回のリクエスト→ 「これが男の生きる道」(植木等) https://indy-muti.com/3124/ 結果は、今回も番組で採用してもらえました。選曲の東さん、ありがとうございますm(_ […]
  • 2011/08/12 坂本九の『見上げてごらん夜の星を』2011/08/12 坂本九の『見上げてごらん夜の星を』 本日も、本コーナーは思いつきの独り語り「気まぐれトーク」の形式にて更新しています。なお、トークは前日の夜に行っています。 本日分の内容につきましては、音声ファイルでご確認下さい。で、そうされない場合は、下にトークを要約して書き起こしていますので、それをお読みになって、トークのだいたいの流れをご想像下さい。 なお、音声ファイルはMP3方式にて紹介しています。再生箇 […]
  • 2000/12/10 見上げてごらん夜の星を♪2000/12/10 見上げてごらん夜の星を♪ 本サイトからもリンクを張らせてもらっている「おんがく日めくり」。今日の話題の主は、坂本九(1941~1985)です。 何でも今日12月10日が彼の誕生日なのだそうです。とはいっても、彼は既に、例の日航機墜落事故でなくなっています。もし生きていたら、来年は満60歳を迎えるハズでした。 日本航空123便墜落事故 ところで、そのページで『見上げてごらん夜の星 […]
  • 2001/09/15 米同時多発テロ“遅報”|久しぶりのリクエスト2001/09/15 米同時多発テロ“遅報”|久しぶりのリクエスト アメリカで発生した米同時多発テロは信じられないほどの被害をもたらしました。テレビや新聞などのマスメディアは連日それについて伝えています。 私もその事件について触れたいと思いつつ、本サイト内の他のコーナーの更新に忙しく、手がつけられない状態でした。しかしそれも一段落しましたので、少しばかり書いてみようと思います。 この事件が発生したのは、日本時間では12日の午後1 […]
  • Apple Musicをただ聴きしている(?)私Apple Musicをただ聴きしている(?)私 今日は4月3日です。ということは、4月に入って今日で3日目です。 当たり前のことを書いているように思われるでしょう。しかし、私にとっては、3日にもなるのになぜ? という気分です。 本コーナーで先月末に書いたApple Musicにまつわる解けない疑問です。 私は昨年12月1日に、Apple […]