都会っ子らしい応援テーマ

夏の高校野球が行われています。一番暑い時期の大会で、選手への負担が大きいです。

私が子供の頃は、今ほど暑くなかったように思います。それは私が子供だったために認識が甘かったのか、それとも本当に今より気温が低かったかのどちらかでしょう。

今の夏は、東日本と西日本で日中に30℃を下回ることがほぼなくなり、35℃超えの猛暑日になることも珍しくはありません。そんな猛暑の中での大会になり、大会の是非さえ問われ始めています。

大会を主催する朝日新聞社がいうように、この大会が今後百年も続くのでしょうか。

それはそれとして、昨日の夕方、大会の模様をテレビで見ました。その時間に対戦していたのは、福井代表の敦賀気比高校と西東京代表の国学院久我山高校です。

1回の表裏で、それぞれの高校に3点と2点が入るなど、点の取り合いの様相でした。その後は敦賀気比の打力が勝り、終わってみれば、19-3と大差がつきました。

国学院久我山の攻撃のとき、真っ赤に染まった久我山の応援スタンドから軽快な音楽が聴こえてきました。それが気持ちの良いメロディで、耳に残りました。

おそらくは控えの野球部員らでしょう。メロディに合わせて口ずさむ声が重なり、球場にこだましていました。いかにも都会のチームらしい応援で、好感が持てました。

試合後、気になって調べると、チャンステーマの「一本」であることを知りました。

漫画『タッチ』のアニメで使われた音楽のサビが使われているようですね。私は漫画やアニメは見ませんので、知りませんでした。

この漫画には双子の高校球児が出てくるのですね。国学院久我山にも双子の選手がいて、1人は主将、もう1人は一塁手です。昨日は、2人の母親がテレビのインタビューされていました。

私の義兄のいとこがこの学校のOBだそうで、国立(正しくは立川?)であった西東京大会の試合も応援に行った、という話を聞きました。そんなこともあり、それなりに注目していた学校でした。

何年か後、この応援テーマを耳にしたとき、今年の夏を思い出すでしょう。

国学院久我山の応援スタンド風景
国学院久我山の応援スタンド風景

気になる投稿はありますか?

  • 照ノ富士の復活Vに思う照ノ富士の復活Vに思う この日曜日(2日)、大相撲7月場所が幕を閉じました。私は、結果だけを翌日の新聞で知るだけでしたが、照ノ富士春雄関には密かに注目していました。 その照ノ富士関が千秋楽に勝ち、優勝決定戦を待たずに優勝に輝きました。 翌日の新聞各紙は、照ノ富士関の優勝を「復活V」といった形で報じています。 家では朝日新聞ほか、日経、産経、地方紙の4紙をとっていますが、同様に報じ […]
  • 2006/08/25 オシムからのメッセージ2006/08/25 オシムからのメッセージ 本日は、新生サッカー日本代表を任されたイビチャ・オシム監督について書いてみることにします。 これを書く気になったのは、昨夜、NHK総合で放送になった「クローズアップ現代 ~オシムからのメッセージ~」を見たからです。 これは本コーナーでも事あるたびに白状していますが、私はまったくといっていいほど、サッカーには関心がありません(^_^; […]
  • 2002/02/25 ブラッドバリーの名言2002/02/25 ブラッドバリーの名言 【本日の名言】 「帰りの飛行機をラスベガス経由に変えようかと思った」 今回の「名言」の主は、冬季オリンピック・ソルトレイクシティ大会「男子ショートトラック」の選手・スティーブン・ブラッドバリー選手(2002年時点28歳/オーストラリア)です。 ショートトラック・スピードスケートという競技は狭いリンクを滑るため、転倒や失格が実に頻繁に発生する競技です。そのた […]
  • だめだめ2020東京五輪‟白紅”公式服だめだめ2020東京五輪‟白紅”公式服 2020東京五輪の開幕までちょうど半年になったことを、昨日の午後6時台に放送された関東ローカルニュース「首都圏ネットワーク」で伝えていました。 日本という国はどうしてこうも杓子定規なことが好きなのでしょう。五輪会場となる東京のお台場に、五輪の輪の巨大なモニュメントを設置し、それに初めて点灯する記念式典を「首都圏_」で生中継していました。 開催都市の知事である小池 […]
  • 高校野球にもアスリートファーストを高校野球にもアスリートファーストを 私は、国の支配階級が民衆を操るために行うのであろうスポーツ・イベントには背を向けることにしています。 昨日、マスメディアは、「新語・流行語大賞」の今年の年間大賞に"ONE […]