字幕版でも愉しむコロンボ

多くのデジタル機器は多機能にできています。しかし、それを縦横に使いこなしている人は多くない(?)のではないでしょうか。

私は製品の説明書を読むのが億劫でないこともあり、それなりに、機能は使っているつもりです。が、そうはいっても、使うのは一部に限られそうです。

私がテレビ番組を見るのに使う今のレコーダーは2年ほど前に手に入れたものです。

私はオンタイム(「番組が放送されている時間」ぐらいの意味に使っています)でテレビ番組を見ることはありません。それは、家庭用のビデオデッキを使い出した1980年代以降の習慣です。見たい番組があれば録画し、あとで好きな時間に、録画した番組を見ることをしています。

私が見るテレビ番組は限られます。

ニュースやワイドショーをはじめとし、テレビ局がスタジオで制作した番組は見ません。唯一ともいえる例外は、毎週日曜日の午前に放送される将棋対局だけです。しかも、録画せずに見ることが多い珍しい番組にあたります。

昔は「日曜美術館」を欠かさず見ていたものですが、今は制作方針が変わったのか、タレントをゲストに呼ぶことが多くなり、バラエティ仕立てのことが多いような気がし、見ることが稀の状態です。

昔はNHKのドキュメンタリー番組を好んで見ましたが、今は、「新日本風土記」や、かつて放送した「新日本紀行」の修復版を見るぐらいです。「ドキュメント72時間」も見る頻度が高い番組のひとつです。ほかにも、思い出せないけれど、見ている番組はありそうです。

もうひとつ思い出しました。BS朝日で毎週木曜日の夜に放送されている「カーグラフィックTV」も、興味のある車種が取り上げられているときは見ます。

また、春と夏の時期は、高校野球の放送を見ます。あとはまず見ないですね。

私が楽しみに見るのは、NHK BSプレミアムで放送される米国を中心とする古い映画と米英で制作された昔のテレビドラマです。ドラマとしては、「刑事コロンボ」「名探偵ポワロ」のシリーズを毎回録画して見ています。

米英のテレビドラマは日本語に吹き替えられています。そのドラマを最近、これまでにない方法で見ることを始めました。そのために、搭載されていながらその機能の便利さに気づかなかった機能を初めて使いました。

使いこなしていると思っているデジタル機器も、案外使いこなせていなかったことを実感し、本日分の更新につながりました。

多くのレコーダーに搭載されていると思われる機能に、音声切り替えと字幕表示の機能があります。

私は、「刑事コロンボ」と「名探偵ポワロ」は、過去に放送されたときに録画し、DVDに保存して残しています。それだから、見たい回は、保存したDVDを捜せばいつでも見ることができます。

それとは別に、レコーダーに搭載されているハードディスクドライブ(HDD)にも録画して残した「刑事コロンボ」があります。今確認すると、16エピソードが残っています。いずれも、私が好きなエピソードで、これであれば、見たくなったときにすぐに見ることができます。

好きなエピソードですから、これまでに何度も見ており、粗筋は憶えています。

最近も、シリーズの1作目の「殺人処方箋」(米国初回放送:1968年2月20日|日本初回放送:1972年12月31日 以下、同)を見ようと考えました。コロンボシリーズは、旧シリーズと新シリーズを合せて全部で69作品があります。

その記念すべき1作目が「殺人処方箋」です。正確にいえば、これは、2本あるパイロット版の1作目で、この評判が良かったため、シリーズ化が実現しています。

本作を見ますと、ピーター・フォーク19272011)が演じるコロンボが、のちのコロンボとは雰囲気が違います。たしか、着ているコートもその後のコートとは違っているはずです。

ともあれ、よく知っているエピソードを見ようと考えてはみたものの、これまでと同じ見方では物足りないと考え、原音のまま見ることにしました。

コロンボといえば、小池朝雄19311985)が吹き替えた声が耳に馴染んでいますが、ピーター・フォークの台詞をそのままの声で楽しもうと思ったのです。

とはいえ、英語だけでは細かいニュアンスがわからないため、日本語の字幕を表示させました。

日本語に吹き替えられた米国のテレビドラマを英語と日本語字幕で再生する機能を、レコーダーを使い出して2年目にして初めて使ったというわけです。

米国の映画では当たり前ですが、米国のテレビドラマをそれで見るのはなかなか面白いです。英語の台詞に耳を澄まし、日本語の字幕を見ることで、英語の言い回しのようなものを知ることもできます。

ピーター・フォークの地声で見るコロンボは新鮮な感じで楽しめました。

それに味をしめ、コロンボのシリーズの他の作品も見ました。

続けて見ることで、それまで意識しなかったことに気がつくことがあります。たとえば、別々のエピソードの犯人が乗る車が同じであったりすることです。

私が気がついたのは、コロンボシリーズの実質1作目(通算では3作目)の「構想の死角」(1971年9月15日|1973年8月25日)と、ピーター・フォークが監督をした「パイルD-3の壁」(1972年2月9日|1973年8月11日)の犯人が同じ車に乗っています。

Blueprint for Murder in 13 Minutes | Recap – S1 EP7 | Columbo

車の型はわかりませんが、メルセデス・ベンツの2ドアクーペです。車体の色はメタリックシルバーで、ルーフの部分だけが艶消しの黒です。特徴的なのがヘッドライトで、丸いライトが縦にふたつ並んでいます。

Murder at the Lakeside Cabin | Columbo

フロントのデザインが似ていますので、下に埋め込んだ動画で紹介されている”1971 メルセデス・ベンツ 280SE 3.5 Coupe”でほぼ間違いなさそうです。

1971 Mercedes-Benz 280SE 3.5 Coupe – Jay Leno’s Garage

「構想の死角」は、若かったスティーヴン・スピルバーグ1946~)が監督したことで知られています。

そのファーストシーンは、犯人が運転するこの車で始まります。

ジャック・キャシディ19271976)が演じるケン・フランクリンは、ジム・フェリスとのコンビで、メルビル夫人が数々の事件を解決するミステリーシリーズを出版してきました。

本日の豆データ
ジャック・キャシディは、1976年に49歳の若さで亡くなっていますね。その年に放送された、刑事コロンボシリーズ3度目の犯人役を「魔術師の幻想」で演じています。寝煙草の不注意で自宅マンションが火災となり、焼死したようです。彼は犯人役にぴったりですから、存命であれば、その後シリーズに何度も登場したでしょう。

しかし、原稿を書くのはジムだけで、ケンは一行も書くことはなかったのでした。ジムが別の分野の作品が書きたくなり、コンビを解消することになります。

コンビを解消されたらケンの立場はなくなります。そこで、ケンがジムを自分の別荘に誘い、そこで殺そうという構想を立てます。

ジムが事務所でタイプライターを使って文字を打ち込んでいるとき、ケンが車でやって来ます。高層階の窓からその車が見え、ワンカットで両者を観客に見せています。

まだキャリアが浅かったからか、事務所内の撮影で気になることがあります。午前10時の設定であるのに、画面を見ていると、夕暮れに見えることです。私だけがそう感じたのかもしれませんが。

窓から見える階下の街の風景が、夕暮れ近い感じに見えます。また、室内を明るくするための照明が赤っぽく見えるため、午前の光の色に見えません。

もっとも、本作の撮影監督は、オーソン・ウェルズ19151985)の『黒い罠』1958)で撮影監督をしたラッセル・メティ19061978)ですから、撮影には手抜かりなかったはずですけれど。

何度見ても、午前10時のはずなのに、私には夕方の時間に見えて仕方がないです。

刑事コロンボシリーズで私が最も好きなエピソードは、41作目の「死者のメッセージ」(1977年11月21日|1978年4月8日)です。

本作では、ルース・ゴードン18961985)が演じる高齢のアビゲイル・ミッチェルという高名な推理作家が犯人です。アガサ・クリスティ18901976)がモデルともいわれています。

アビゲイルは生涯独身で、姪を自分の娘のように育ててきました。その娘がある男と結婚しますが、半年前のある日、ふたりでボートに乗って海に出ました。

そのボートから姪が海に落ちて死に、姪の夫だけが戻ってきます。アビゲイルは姪の夫のいい分を疑い、姪の敵(かたき)を取るため、彼を金庫に閉じ込め、息の根を止めるのです。

‘Try & Catch Me’ in 12 Minutes | Recap – S07 EP01 | Columbo

明かりがつかない真っ暗な金庫に閉じ込められ、そこから出られずに死んでいくしかないとわかったときの絶望感は、想像するだけで恐ろしいです。

そういえば、江戸川乱歩18941965)が、死んだと思われて棺桶に入れられて土中に埋められた男が、柩の中で息を吹き返したときの恐怖を書いていました。

それに通じる恐ろしさです。

アビゲイルを演じたルース・ゴードンの演技がいいです。それで本作を私が一番好み、繰り返して何度も見てしまうのです。

本作を監督したジェームズ・フローリー19362019)は、前年に公開されたコメディ作品の『弾丸特急ジェット・バス』1976)も監督しています。その作品にルース・ゴードンが出演しており、本作で、そのコンビが復活した形です。

私はその作品を見たことがありませんが、下に埋め込んだ動画では、ルース・ゴードンが冒頭から登場していますね。

本日の豆お知らせ
ここに埋め込んであったYouTube動画は、その後見られなくなりました。

また、動画を見て、「刑事コロンボ」シリーズで、コロンボの部下のウィルソン刑事を演じたボブ・ディッシー1934~)の姿を見つけることもできました。

今回、初めて英語で再生させ、ルース・ゴードンの地声でアビゲイルの演技を見ました。何度も見ているので、日本語の字幕を表示させなくてもだいたいのところはわかります。

コロンボのあとを追ってルース・ゴードンがちょこちょこと歩く演技も愛らしいです。同じ味を出せる日本の女優はいないでしょうね。

気になる投稿はありますか?

  • 説明動画における音声の重要性説明動画における音声の重要性 ネット動画が一般的になり、それ以前であれば文字で伝えられたようなことが、今は動画にされることが多いです。 私も、ネットの動画共有サイトYouTubeには自分のチャンネルを持っており、気が向いたときに動画を上げることをしています。 テキストの説明を読むより、動画のほうがわかりやすいことがあります。しかし、そんな利点を持つ動画であっても、ある要素が適切に設定されてい […]
  • 2024センバツの1シーンに胸熱く2024センバツの1シーンに胸熱く 高校野球は地方大会も全国大会も、一発勝負です。どんなに競った試合をしても、負けたら次の試合はありません。それもあって、戦っている選手の必死さがテレビ受像機の画面から伝わってきます。 今年のセンバツ大会(選抜高等学校野球大会)も、あとは準決勝と決勝の3試合を残すのみとなりました。 昨日(28日)行われた準々決勝第3試合の最終盤、選手の必死さが伝わる場面がありました […]
  • 期待されるイメージのまま生きた高倉健期待されるイメージのまま生きた高倉健 世の中には「夢を売る仕事」があります。映画俳優はその代表格といえましょう。その後に登場したテレビが国民の娯楽となり、映画は衰退しました。 今は、ネットの動画共有サイトYouTubeが隆盛となり、映像表現が身近になりました。それに相対して、映画やテレビに出演する人が憧れの対象となる比率は低下しています。 これから書くことは、まだ何とか映画が、現実世界を離れた夢の空 […]
  • 町山智浩氏の原爆実験場跡リポート番組町山智浩氏の原爆実験場跡リポート番組 私は昔から、見たいテレビ番組は録画して見る習慣です。この習慣が出来たのは、民生用ビデオデッキを使い始めた1980年代はじめです。 見たい番組の傾向も決まっています。たまに予定外の番組を見ることがあります。この土曜日(16日)、予定外の番組を録画し、昨日見ました。 その番組は、BS朝日で放送された「町山智浩のアメリカの今を知るTV In Association […]
  • 『エイジ・オブ・イノセンス』は星三つ『エイジ・オブ・イノセンス』は星三つ 『エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事』(1993)という米国映画があります。ご存知ですか?  私は米国の映画をよく見るほうだと思いますが、旧い作品が好きということもあり、本作を知りませんでした。 監督はマーティン・スコセッシ(1942~)ですね。スコセッシといえば、私が好きな『タクシードライバー』(1976)の監督です。名前からわかるように、イタリア移民の家 […]