カテゴリー
天気

2020年2月1日(土)

昨日、関東南部の当地は、北寄りの風が強まりました。その風の中、昼頃に自転車で走ったことを昨日の更新分で書きました。

その風は、昨夜の更新をした午後7時過ぎも、日中よりは弱まったものの、収まっていませんでした。

今日はその風が、当地も収まりました。天気図は冬型ですが、等圧線の間隔が開いてきた証拠です。

当地は明け方から日中にかけ、よく晴れました。風もなかったですから、日中は穏やかな天候に感じたはずです。

明日も冬型ですが、等圧線の間隔がさらに開きます。太平洋側を中心に晴れの天気が続きます。日本海側は雲が広がりやすく、朝は北陸から北の日本海側の一部で雪の予報です。

明日の朝、北海道では冷え込みます。旭川の予想気温は、最低気温が-17℃、最高気温は-4℃です。

関東は朝から日中にかけて晴れの予報です。明日は寒い北風に悩まされることはありません。

東京都心の予想気温は、最低気温、最高気温とも今日とほぼ同じで、最低気温が3℃で最高気温が13℃です。

カテゴリー
オールド「日々の独り言」

2012/07/24 自分で考えて自分の道を歩もう・吉田秀和さんの番組を見て

昨夜、NHK総合で放送になったばかりの「クローズアップ現代」の話をしておきます。

昨夜は、放送が始まってから録画の予約を入れていなかったことに気づき、始まってから録画のスイッチを入れました。昨日取り上げられたのは、今年の5月22日に98歳で亡くなられた音楽評論家の吉田秀和さんで、吉田さんが66年にも及ぶという評論生活で示された「周囲に流されない生き方」が描かれました。

吉田さんが注目を集めるきっかけとなったのは、グレン・グールドを真正面から評論したことだそうです。今でこそ日本人が最も愛するピアニストの一人になっているそうですが、彼が登場してきた当時は、彼独特の“解釈”や彼自身の特異なパーソナリティもあって、突飛な印象が強かったといいます。

カテゴリー
YouTube

Maria Bethânia – “Reconvexo” (Ao Vivo) – Amor Festa Devoção

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

チャーター機到着 トップ報道 新型肺炎が覆い隠す首相の大罪 自民議員やマスコミが政府対応をヨイショ(日刊ゲンダイ)

チャーター機到着 トップ報道 新型肺炎が覆い隠す首相の大罪 自民議員やマスコミが政府対応をヨイショ(日刊ゲンダイ)

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

春節から10日…日本襲う新型肺炎パンデミックXデーは2.4か(日刊ゲンダイ)

春節から10日…日本襲う新型肺炎パンデミックXデーは2.4か(日刊ゲンダイ)

カテゴリー
テレビ番組

2020年2月1日(土)

ドキュメントJ「64歳の生徒会長」-BS-TBS/10:00~11:00 いまでは不登校や引きこもり経験者が8割を占めるという夜間定時制高校。静岡県立清水東高校3年の三浦和美さんは64歳。高校中退後、40年ぶりに学校生活を送る中、10代の同級生の「元気のなさ」が目につき、生徒会長を買って出た。親子以上の年の差に加え、おっせかいな三浦さんに心開く生徒がいる一方、距離を置く生徒も現れ学校生活にさざ波が。半年間の定点取材から定時制高校のいまを考える。

夕焼け酒場「東京都小金井市『十魚や』」-BS-TBS/18:00~18:30 今宵は、東京都小金井市でまもなく創業2年を迎える「十魚や」。高校卒業後、地元和歌山で43歳まで公務員として働いたが、夢であった飲食業への想いが捨てられず退職。第二の人生として酒場の道を選んだご主人。人気の秘密は、お酒が好きなご主人が作るひと手間加えた“酒の肴”の数々。二人は手間をかけて昆布で〆た“昆布〆5種盛り”や“鮪テール煮”に舌鼓▼出演・きたろう、西島まどか

ETV特集「人知れず表現し続ける者たちIII」-NHKEテレ/23:00~翌00:00 “なんだかわからないけれど、なんだかすごい”。既存の美術や流行、教育などに左右されず、誰にも真似できない作品をつくり続けるアーティストたち。27歳の女が自分の姿をボールペン一本で描いた細密画や脳性まひの画家が不自由な手で何度も塗り重ねた油絵など、その作品世界に8Kの高精細で臨場感あふれる映像で迫る。独創的な作品からかいま見えるアーティストたちの人生。その創作の現場から「生きること」の意味を問いかける。

カーグラフィックTV「小型SUV・ロッキーとライズ」-BS朝日/23:30~翌00:00 ダイハツの核を成す次世代の基本骨格が、新型タントに採用されて高い評価を得ているが、番組ではいまだに取材できていない。その代わりに、軽ではない小さなSUVである“ロッキー”と、そのトヨタ版である“ライズ”が先になってしまった。小さいながら今後の売れスジになる可能性大の実用車だから、悔やむ必要もない。取材直前になって、今度はVWの小さな大モノともいわれるSUV“Tクロス”が半ば飛び入り的に加わった▼登場車種:ダイハツ ロッキー、トヨタ ライズ、フォルクスワーゲン T-Cross TSI 1st Plus▼出演・松任谷正隆、田辺憲一▼ナレーター・古谷徹