カテゴリー
天気

2020年2月11日(火)

「建国記念の日」の今日、関東南部の当地は終日よく晴れました。気温も、寒かった昨日までに比べれば高い気温です。なにより、晴れて陽射しがあり、目から入る印象が違いました。

ですので、外で過ごした人も、日向では過ごしやすく感じたでしょう。風が吹くこともありませんでしたから。

明日午前9時の予想天気図を見ますと、高気圧の中心が関東の南東海上にあります。このため、東日本と北日本は晴れるところが多くなります。

一方、西からは前線と低気圧が近づき、九州は朝から雨のところがあります。日中は中国や四国も雨になり、夜は近畿や東海、北陸で雨が降り出します。

低気圧や前線から離れた関東は、雨の心配はありません。日中は、曇るところもあるものの、おおむね晴れの予報です。

午後は南から暖かな空気が流れ込むことで気温が上がります。東京都心の予想気温は、最低気温が今日より1℃ほど高い2℃、最高気温は3℃ほど高い15℃です。

木曜日以降は関東も雨や曇りの日が続く予報です。ただ、木曜から金曜にかけてと、土曜から日曜にかけては、いずれも傘のマークがついているものの、日中は晴れ間があるだろうということです。

木曜から日曜にかけては関東で気温が高くなり、春本番の陽気が予想されています。ただ、そのままとんとん拍子で春になるわけではありません。来週はまた都心で10℃ぐらいの気温が予想されています。

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

やっぱり? 安倍地元高級旅館の新年会中止に“第2の桜”疑惑(日刊ゲンダイ)

やっぱり? 安倍地元高級旅館の新年会中止に“第2の桜”疑惑(日刊ゲンダイ)

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

もはや国民の信なし 肺炎対策よりも首相退陣が先だろう(日刊ゲンダイ)

もはや国民の信なし 肺炎対策よりも首相退陣が先だろう(日刊ゲンダイ)

カテゴリー
日々の独り言

断魚荘に十六島 清張の『数の風景』

松本清張の自宅の書庫は、夥しい蔵書で埋まっていたそうです。しかも、それらは常に新陳代謝を起こし、書き終えた作品のために使用した資料の本は処分される一方、次に書く作品のための資料が加わったと聞きます。

多方面に関心が向き、ひとたびある方面に関心が向かうと集中してその分野の本を資料として集め、確かめることをしていたのでしょう。

清張はサービス精神が旺盛だったのか、自分が得た知識を自分だけで楽しむことをせず、自作で読者に提供するのを好んだように感じます。

時にはそれが過剰となり、あらすじの展開に必要でないと思われるほど、さまざまな事柄を活字にします。

私は今回も、Amazonの電子書籍サービスのKindle Unlimitedを利用し、追加料金なしで清張の作品に接しました。

私が選んだのは、『数の風景』という長編です。

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

拉致被害者家族 安倍首相に「待つのではなく自ら機会を」要求(日刊ゲンダイ)

拉致被害者家族 安倍首相に「待つのではなく自ら機会を」要求(日刊ゲンダイ)

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

新型コロナで安倍首相の「感染症対策のため加計学園に獣医学部」の嘘が明らかに! 対策研究できず萩生田大臣が「講義で扱う」と言い訳(リテラ)

新型コロナで安倍首相の「感染症対策のため加計学園に獣医学部」の嘘が明らかに! 対策研究できず萩生田大臣が「講義で扱う」と言い訳(リテラ)

カテゴリー
★阿修羅♪ピックアップ

伊集院光がNHK『100分de名著』で「東京五輪、本当にいるのか」! 全体主義生む構造を指摘したハヴェルに触発されて(リテラ)

伊集院光がNHK『100分de名著』で「東京五輪、本当にいるのか」! 全体主義生む構造を指摘したハヴェルに触発されて(リテラ)

カテゴリー
テレビ番組

2020年2月11日(火)

シネマ『七人の侍』(1954年東宝)-NHKBSプレミアム/13:00~16:28 監督・黒澤明▼脚本・黒澤明、橋本忍、小国英雄▼音楽・早坂文雄▼撮影・中井朝一▼出演・志村喬、三船敏郎、木村功、稲葉義男、加東大介、千秋実、宮口精二、高堂国典、土屋嘉男、小杉義男、藤原釜足、左卜全、津島恵子、島崎雪子、榊田敬二、熊谷二良、渡辺篤、上山草人、千葉一郎、東野英治郎、山形勲、牧壮吉、清水元、杉寛、林幹、小川虎之助、千石規子、安芸津広、高木新平、大友伸、上田吉二郎、谷晃、中島春雄、高原駿雄、大久保正信、大村千吉、成田孝、西條悦郎、伊藤実、坂本晴哉、桜井巨郎、渋谷英男、鴨田清、広瀬正一、宇野晃司、橘正晃、坪野鎌之、中恭二、宮川珍男兒、砂川繁視、草間璋夫、天見竜太郎、三上淳、多々良純、堺左千夫、関猛、峰三平、松下正秀、池田兼雄、川越一平、鈴川二郎、夏木順平、神山恭一、鈴木治夫、天野五郎、吉頂寺晃、岩本弘司、山田彰、今井和雄、中西英介、伊原徳、大塚秀雄、大江秀、大西康雄、下田巡、河辺昌義、加藤茂雄、川又吉一、篠原正記、松本光男、海上日出男、本間文子、小野松枝、一万慈多鶴恵、大城政子、小沢経子、須川操、高原とり子、上遠野路子、中野俊子、東静子、森啓子、河辺美智子、戸川夕子、北野八代子、記平佳枝、ほか▼戦国時代、ある村では、毎年のように、盗賊となった野武士に襲われていた。農民たちは、村を守るために侍を雇って戦うことを決意する。農民たちの苦難を知った浪人・島田勘兵衛は、侍を集めて農民たちを鍛え、野武士に戦いを挑む。クライマックス、大雨での合戦シーンは圧巻。黒澤明監督の代表作であり、ダイナミックな演出が多くの映画作家に影響を与え、今も世界中で愛される日本映画の金字塔。ベネチア映画祭銀獅子賞受賞。

ガイアの夜明け「父と娘のチョコレート戦記」-テレビ東京/22:00~22:54 いま日本で空前の「チョコレートブーム」が起きている。カカオに含まれるポリフェノールなどの健康効果が見直されているためだ。高血圧や動脈硬化などの予防にも効果が期待され、高カカオのチョコレートは中高年の間でも人気が高まっている。このチョコレートで人生のどん底から再起をかけようとする親子がいた。自己破産に追い込まれ、会社も自宅も失った老舗菓子メーカーの創業家だ。父はベトナム、娘はメキシコへ飛び、独自開発のチョコレートで復活を誓う。一方、兵庫県で360年続く和菓子店の娘は、父しか作れない秘伝のあんこをチョコレートと融合させ、客足が減りつつある老舗に新たな息吹を吹き込もうとしていた。父と娘の溶けるほど熱い舞台裏に密着する▼案内人・松下奈緒▼ナレーター・眞島秀和