人の声を聴き取りやすく

ここ数回、本コーナーで取り上げる話題は音に関することです。私の関心がそちらへ向いているからです。

きっかけは、ZOOM“M3 MicTrak”というM/S方式のマイクがついたオーディオレコーダーを導入したばかりだからです。

昨年4月には、同じZOOMから出ているフィールドレコーダーの“F2”を購入しました。

どちらにも同じ録音機能が搭載されています。それは32bit floatというもので、これが実に画期的に私には思われます。

F2を使っている時から、庭で聴こえる野鳥や虫の声、雷鳴の音などを録音していました。しかし、F2はラベリアマイク(ピンマイク)が付属し、基本的には、マイクを胸元に付け、話す声を収録するのに最も適(かな)っています。

それを使って自然の音を収録することもでき、M3 MIcTrakを使い出すまでは、それで満足していました。

しかし、M3 MicTrakを使って幅の広いステレオで収録した音を聴くと、F2で自然音を収録する気にはならなくなりました。

それぞれの機器にはそれに合った使い方があり、F2は声の収録に最も適していることを再認識しました。

そこで、F2を使い、自分の声を収録してみました。マイクは、上から三番目のボタンがあるあたりに取り付けています。

とりあえずということで、今読んでいる山口瞳19261995)のコラム集『男性自身』にあった一部分を音訳してみました。

山口瞳「男性自身(95)青空の下(部分)」

決して大きな声で音訳しているわけではありません。自分の耳にやっと届くぐらいの声の大きさです。そのように小さな声でも、それなりの音の大きさにできるのが、私には32bit floatの最大の魅力です。

【32bit Float】オーディオインターフェース UAC-232【ZOOM】

32bit floatで録音する場合は、通常の録音と違い、録音時に録音レベルを調節する必要がありません。それだから、この技術で録音するレコーダーには、録音レベルが調節できないようになっています。

ですから、録音を終えた音声ファイルは、audio editorで音の大きさを自分の望む大きさに戻すことが前提となります。

私がその編集に使うのは、iZotope”RX 10 Standard”です。前回の更新で、これを使って、以前録ったウグイスの声が入った音声ファイルを、RX 10 Standardにプリセットされている音量調整機能で調整し直したものを紹介しました。

F2を使って録った自分の声も、RX 10 StandardのLoudness Controlで音の大きさを整えています。

全部で23あるプリセットから、今回は、”Audiobook Delivery”を使っています。そのプリセットは、次のような設定になっています。

  • True peak [dB]: -3.0
  • Integrated [LKFS]: -20.0
  • Tolerance [LU]: 2.0

この設定でレンダリングすると、人の声が聴きやすい大きさになると思います。プリセット名が”Audiobook Delivery”で、オーディオブック用の音声ファイルに適しているといえましょう。

32bit floatで録音した音声ファイルは、自分で音声レベルを調整するのが前提であることを書きました。それだから、自由にレベルが変えられますが、誰に聴いてもらっても聴きやすいレベルはあるはずで、それを客観的に適用してくれるプリセットがあると安心です。

こんな風に、今回はM3 MicTrakがありながら、敢えて、F2を使って自分の声の収録をしてみました。

それぞれの機器は、用途にあった使い方をしたときに最も有効に働きます。それを再認識する機会となりました。

気になる投稿はありますか?

  • やっぱりいい音だったイヤホンやっぱりいい音だったイヤホン 前回の本コーナーでは、別の目的でたまたま購入したイヤホンを実際に使てみたら、何の期待もしなかったイヤホンから、想像を超える良い音が聴こえてきて驚いたことを書きました。 https://indy-muti.com/49680/ その続編になります。 前回書いた中で、そのイヤホンの音が良く聴こえるのは、もしかしたら、私が使うタブレットPCのサウンド設計がそ […]
  • DaVinciのFusion使っていますか?DaVinciのFusion使っていますか? 昨年末、ふと思いついて、一年半ほど休止状態にあったネットの動画サイトYouTubeの自分のチャンネルに、また、動画を上げることを始めました。 これを始めたことで、動画編集ソフトを使う機会が増えました。 私が使うソフトはBlackMagic DesiginのDaVinci Resolve […]
  • 最新音声編集プラグインの凄さに驚き最新音声編集プラグインの凄さに驚き 昨日の本コーナーの最後に、iZotopeから登場したばかりの、実に画期的な音声編集プラグインについて書きました。”VEA”です。 iZotope VEA https://youtu.be/yFAbtc23-gQ VEA […]
  • 文字起こしはDaVinciに一日の長文字起こしはDaVinciに一日の長 昨年末から年始にかけ、あることを集中的にしています。 一昨年(2022年)7月末に、ある理由によって、ネットの動画共有サイトYouTubeの自分のチャンネルからすべて引き上げた自分の動画を再び上げることです。 該当の動画を自分のPCからただ単に上げるのではなく、音声を中心によりよい状態に修正したのち上げています。 そしてもうひとつ、引き上げるまで自分の動画 […]
  • DaVinci Resolve Studioの自動文字起こしはかなり優秀DaVinci Resolve Studioの自動文字起こしはかなり優秀 前回の本コーナーは、ネットの動画共有サイトYouTube用動画に字幕をつけることについて書きました。 それを二度試し、自分なりのやり方を見つけました。 私が動画編集に使うソフトは、BlackMagic DesignのDaVinci Resolve […]