つっけんどんな演技の魅力

毎週水曜日の夜にNHK BSプレミアムで放送されている英国のテレビドラマ『名探偵ポワロ』を私が見ることは本コーナーでたびたび書いています。

今週の放送も録画し、昨日見ました。放送されたのは『ホロー荘の殺人』1946)です。本シリーズは全部で70話あり、その53話目になり、シリーズも終盤に差し掛かって来ました。

本作は、話としてはそれほど面白いものではありません。

登場人物は、例によって、上流階級の人間です。

舞台は、ロンドンからそう遠くない、自然豊かな田舎にあるホロー荘という屋敷です。ポワロはその近くに自分の別荘を手に入れ、週末になると、ロンドンからそこへ行き、過ごすような設定になっています。

ポワロが別荘を訪れると、ホロー荘の主の妻から招待状が届いており、ポワロは約束を果たし、夕食を共にします。それがきっかけとなり、その家に集まる人々との交流が生まれます。

その家の離れにある、プールに面した東屋(あずまや)の前で男が拳銃で撃たれて死ぬ事件が起き、ポワロが解決するという筋立てです。

見ていて、私はひとりの女性に興味を持ちました。その女性は脇役です。本作について書かれたネットの事典ウィキペディアで確認しても、その女性は登場人物の中に含まれておらず、それだから、役名もわかりません。

録画した番組に字幕を表示させて再生すると、彼女の台詞の前に「コリー」とあり、彼女の役名が「コリー」であることがわかりました。

拳銃で殺される男はロンドンで医師をしています。この医師は自分の医院を持っており、そこで働く女性のコリーに興味を持ったのです。

コリーの職業は、ドラマを見る限りハッキリしませんが、医師の秘書のような立場になりましょうか。

ロンドンの自宅から、妻の運転する車で、医師がホロー荘を目指して出発します。それをコリーが見送る場面がはじめの方に少しだけあります。

そして、作品の中ほどでもう一度登場します。あとは登場しなかった(?)と思います。

二度目に登場する場面は、医師が殺されたあとで、医師が経営する医院を、ホロー荘がある区域の警察署で警部をするグレンジが、関係者の話を訊くために訪れます。そのグレンジ警部にポワロもお供をします。

短い場面ですが、グレンジ警部とポワロの問いかけに、コリーは終始冷たい表情で、つっけんどんに演じるのですが、それがとてもいい感じで、私は印象深く見ました。

「取り付く島もない」というのは、ああいう態度をいうのでしょう。コリーは訊かれたことに最小限の言葉で返し、あとはふたりを冷たい目で睨むだけです。

Agatha Christie’s Poirot S09E04 – The Hollow [FULL EPISODE]

同じような演技をできる女優が、今の日本にいるようには思えません。

この女優の演技の話とは別に、本作には私が知っている俳優が出ています。ところが、見ている時には気がつきませんでした。何となく、そうかなとは思って見て、見て終わったあとに確認して、やっぱりそうだったことがわかりました。

その俳優はエドワード・ハードウィック19322011)です。

Agatha Christie’s Poirot S09E04 – The Hollow [FULL EPISODE]

ハードウィックは、今、毎週土曜日の夕方に放送される『シャーロック・ホームズの冒険』で、ホームズの相棒の医師、ワトスンを演じています。

『シャーロック・ホームズの冒険』シリーズの第1部と第2部は、デビッド・バーク1934~)がワトスンを演じ、ハードウィックはバーグのあとを継いで、第3部から最後の第6部までのワトスン役をしています。

私はこれまで『シャーロック・ホームズの冒険』を、食わず嫌いで見たことがなく、今回の放送で初めて見ることを始めました。ですので、シリーズの最後の方でワトスンを演じるハードウィックのことはまだ知りません。

直近の放送はシリーズの第20話の『六つのナポレオン』1904)で、これが製作されたのは1986年です。

Jeremy Brett as Sherlock Holmes – The Six Napoleons [HD]

ポワロのドラマは2004年製作ですから、18年あとになります。それもあって、見ているときに彼がハードウィックであることに確信を持てなかった(?)のかもしれません。

映画やテレビドラマを見ていると、同じ俳優に出会うことがよく起こります。これも、映画やドラマを見る愉しみのひとつといえましょう。

気になる投稿はありますか?

  • VHS誕生秘話VHS誕生秘話 本コーナーで事あるごとに書くように、私は昔から映像に興味を持ちます。家庭用VTRがない時代は、個人が唯一扱えた8ミリ映画を趣味としました。 デジタルで動画を撮る今の時代からは想像できないかもしれません。8ミリフィルムはカートリッジに入っており、一本のフィルムの長さは50フィート(15メートル)で、撮影できる時間は、毎秒18コマで、3分20秒ほどでした。 フジカシ […]
  • 聴き取りにくい音声聴き取りにくい音声 本コーナーで前にも書きましたけれど、ネットの動画共有サイトYouTubeに動画をあげるときは、映像の美しさを追及する前に、聴き取りやすい音声にすることが大切です。 https://indy-muti.com/50875 今朝、次の動画を本サイトで紹介しましたが、本動画にもそれを感じました。 https://youtu.be/DXOzChFWlxs ? […]
  • 横尾忠則に学ぶ何でも受け入れる生き方横尾忠則に学ぶ何でも受け入れる生き方 昨日(2日)の午前7時から、NHK BSで「横尾忠則 87歳の現在地」が放送されました。これは、今年の3月にNHK BSプレミアム4Kで放送された番組です。 少し前にそれがNHK […]
  • もうひとつのNDフィルター効果もうひとつのNDフィルター効果 昨日(21日)の本コーナーで、可変NDフィルターを写真の撮影に使った話を書きました。 その中で、可変NDフィルターをつけて撮影した画像が「いい感じ」に見えると書きました。続けて、そのように感じる理由についてはまだわからないので、何か気がついたことがあったら書く、と書きました。 https://indy-muti.com/51737 まだ「途中経過」で、 […]
  • 可変NDフィルターを普段使いできるかも可変NDフィルターを普段使いできるかも 本コーナーで先週、写真を撮る際、思いつきでNDフィルターをつけてみたら、いい感じに撮れたことを書きました。 https://indy-muti.com/51625 私がメインで使うカメラは、ソニーのミラーレス一眼カメラのα7 IIです。上の投稿時は、マウントアダプタを介して、ヤシカ・コンタックス用カーツ・ツァイス プラナー50ミリ […]