2013/03/22 エディファイアのPCスピーカーに満足

関東から西は、太平洋側を中心に春がひとっ跳びにやって来ました。気温は人の心にも影響を与え、暖かくなると何とはなしに気持ちがウキウキしたりします。

私の場合は特別ウキウキしてもいないのですが、少しは気温の変化に影響されたのでしょうか。新しいPC用のスピーカーを購入し、数日前から使い始めました。

どの分野でも趣味の世界は奥が深く、中でもオーディオはお金のかかる趣味で、凝りだしますと、お金に羽が生えて飛んで行ってしまいます。

私は昔も今もオーディオ機器に接する生活をしています。が、私の場合は音質の良し悪しというものへのこだわりは、実に幸いなことに、ほとんどありませんで、「まあ、聴ければいいかぁ」とよくいえば大らかに考え、同じ機器を壊れるまで使ったりしてきました。

一方、こだわりの強い人は、たとえばスピーカーをつなぐケーブルも研究し、どうしたらより良い音になるか試行錯誤したりするようです。趣味の世界ですから、本人が納得するまでこだわるのは悪いことではありません。

そうしたこだわりを持たない私ですから、「PCのスピーカーの鳴りがもうひとつだな」と思って新しいものに換えた、わけではありません。様々な情報に接することのできるネットの「価格.com」へは連日通っていますが、「たまにはカメラ以外のコーナーも覗いてみよう」と、次に立ち寄ることの多いPCのコーナーをあてもなく覗いていました。

しばらくいろいろ見ているうち、PC用スピーカーに吸い寄せられ、「春になったことだし」と春のせいにして、新しいPCを購入したい気分満々になってしまいました。

PCスピーカーもピンからキリまでありますが、高いスピーカーを買うつもりははじめからありません。そこで、安く、なおかつ評判の良さそうなスピーカーの物色を始めました。その結果見つけたのが、今回購入し、数日前から鳴らし始めたスピーカーです。

そのスピーカーの製造と販売をしているのは「Edifier(エディファイア)」というメーカーですが、私はこれまでほとんど聞いたことのないメーカー名で、はじめはどう読むのかもわからなかったほどです。どうやら中国のメーカーらしく、あちらでは「漫歩者」と表記するのでしょうか。

同社の”R1000TCN”というモデルの評判が良いように感じ、ほとんど直感でこれに決め、早速購入して使い始めてしまったというわけです。

音の良し悪しにこだわりがない私の評価ですので、その程度に考えて欲しいのですが、「とても良いスピーカー」だと思います。不満はありません。造りも非常にしっかりしていて、この材料費だけで価格に見合ってしまい、「儲けをどうやって得ているのだろう?」とつい要らぬ心配までしてしまうほどです。

私が使うPC用スピーカー Edifier R1000TCN

主にPCを使って音楽を聴くために作られたスピーカーで、私は“iTunes”に登録してある手持ちのCDとアナログ・レコードをデジタル化した音楽や、ネット経由のラジオ放送を新しいスピーカーで楽しみ始めました。

ちなみに、このiTunesですが、先月の初めに、PCを動かすOS(基本ソフト)Windows 8 に変更しました。

このOSを使うことで、特別にほかのソフトを入れずに音楽が楽しめるようになっています。ですので、OSの再インストール後、しばらくはiTunesを入れずに過ごしました。しかし、それではどうしてもiTunesに登録してある音楽を手軽に聴けないように感じ、iTunesをインストールしました。

このソフトは手間がかかり、それぞれのアルバムの顔であるアルバムのジャケット写真を表示させ、それを見て希望のアルバムを選ぶように使っていますが、そのアートワークが表示されないアルバムが十数枚、あるいはもっとできてしまい、その手直しに数日間かかりました。

音の良し悪しは主観の問題で、自分でいい音だと思えばいい音に聴こえてしまいます。何度も書いていますように、私は音色に神経質なこだわりがありませんので、安価に手に入った新しいスピーカーから発せられる音色に満足しています。

昨日の夕方、本コーナーの画像の更新をしながら、このところ好んで聴くことの多いモダン・ジャズのドラマー、アート・ブレイキー19191990)のリーダー・アルバムを聴いたりしました。

Art Blakey & the Jazz Messengers – Moanin’

ほかに、昨日はアルファベットが近い女性ヴォーカリスト、アニー・ハズラム1947~)を聴いたりしています。彼女の伸びやかのある歌声に男性陣のバックコーラスが重なり、かなりいい気分で聴くことができました。

Renaissance – Prologue (BBC Sight & Sound 1977)

このように新しいスピーカーを使いだしたわけですが、これまで使っていたスピーカーも問題なく使えます。購入して10年以上経っていますが、当時の金額で、今回購入したスピーカーの数倍はしました。そこで、お払い箱にするのはもったいないということで、今後は、iPod専用のスピーカーとしてもうひと頑張りしてもらいましょう。

iPodとソニーのPC用スピーカー

気になる投稿はありますか?

  • 乱歩の耳に聴こえたゾーッの音の正体乱歩の耳に聴こえたゾーッの音の正体 江戸川乱歩(1894~1965)が残した膨大な随筆を素人朗読し、それをZOOMのフィールドレコーダーのF2とF2に付属するラベリアマイク(ピンマイク)で録音し、iZotopeのオーディオ編集ソフトのRX 9 […]
  • 自分の声を自分で聴くのは好きですか?自分の声を自分で聴くのは好きですか? あなたは自分の声が好きですか? 自分の声を自分で聴くには、声を録音しなければなりません。今は、スマートフォン(スマホ)で簡単に録音できるでしょうから、確かめるのは簡単です。 私が生まれて初めて自分の声を聴いたのは、ずいぶん昔です。その時代、まだカセットテープがなく、オープンリールに巻かれた録音テープを使う家庭用テープレコーダーを我が家で買いました。レコーダーには […]
  • 32bit float録音の唯一の弱点?32bit float録音の唯一の弱点? ネットの動画共有サイトのYouTubeに動画をあげる、いわゆるVlogerたちは、自分の姿をカメラで撮影し、自分の声をマイクで収録します。 自分が話す声をより明瞭に録音するため、彼らの多くは、撮影機材と共に、録音機器のマイクにも関心を持ちます。そんな彼らが、性能の良いマイクに出会うと「神マイク」などと称えたりします。 その動画を見たほかのVlogerたちが後追い […]
  • 自分のためのマイクテスト自分のためのマイクテスト 相変わらず、自分の声をいかに良く録音できるかの実験をしています。 昨日は、下に貼った写真のように、簡易録音システムを作り、試してみました。 録音にはZOOMのフィールドレコーダー、F2を使い、マイクは、カメラ用のマイクとして購入したVM-Q1を使ってみることにしました。 https://indy-muti.com/30266/ マイクをグリップの […]
  • 東京モノレール動画の音声部分を編集東京モノレール動画の音声部分を編集 音に関して関心が強まったことで、過去に本サイトにアップロードした動画の音声を見直しました。 今回の対象は、1988年3月にフジテレビで放送された「春の楽しい電車」から、東京モノレールの走行をミュージックビデオ風に紹介したものです。 本サイトで過去に紹介してあったその動画を、今年のはじめ、アナログビデオから作り直すことをしています。そのときは、色彩関係に関心が向か […]