ビュー・スイカが私のキャッシュレス化の強い味方

先月、セブン&アイ・ホールディングスのグループ企業「セブン・ペイ」が始めたスマートフォン(スマホ)決済のサービスが、始まってすぐに不正アクセスが次々と明らかになり、会社側が慌てて利用を停止する騒動がありました。

会社側はこのサービスからの撤退を発表し、今年9月いっぱいで廃止する事態となりました。

私はこの騒動を詳しく見ていたわけではありませんが、スマホを支払いに利用する利便性を今一つ実感できていません。それは多分に、私がスマホを利用していないからでしょう。

セブン・ペイの騒動はあったにせよ、消費行動が現金での支払いからキャッシュレスへ移行する流れは止まらないでしょう。今週はじめ、朝日新聞の声欄でもこの事象に対する声がいくか紹介されました。

私はネットで買い物をすることが多く、支払いにはデビットカードを使います。これは銀行が発行するカードで、ネットの買い物で売買が成立すると、カードに紐づけされた銀行口座から代金がすぐに引き落とされる支払いサービスです。

私はリアルの買い物でこのカードを利用したことはあまりありませんが、それが利用できる店舗であれば、ネットでの買い物と同じように、このカードを使うことでキャッシュレスを実現できます。

ですから、私にはスマホの出番がありません。

朝日の声欄に便りを寄せたひとりの男性は、ICカードのSuicaを使っていたものの、カードにお金をチャージする手間を面倒に感じたと書いています。

私はこれまでSuicaを利用していませんでした。電車を利用するたびに切符を買えば事足りると考えていたからです。

それが、高校野球の地方大会観戦のとき、最寄り駅からバスを利用することになり、ほとんどの人がICカードを利用することを知りました。

私は小銭で運賃を払いましたが、面倒に感じるようになり、この経験が契機となって、ICカードの利用を始めることを決めました。今年の5月頃のことです。

はじめは駅で買えるもっとも一般的なSuicaにするつもりでした。しかし、朝日の声欄に意見を寄せた人と同じように、カードの残金を気にしてチャージしなければならないことが面倒に思えました。

そこで、もっと便利に使えるものはないかとJR東日本のサイトで調べ、カードにお金が自動でチャージされるカードがあることを知りました。クレジットカードにSuicaが搭載された「ビュー・スイカ」というカードです。

そのカードであれば、改札を通る時にカードの残金が自動でチェックされ、残金が1000円を下回ると自動で3000円がチャージされます(※初期設定)。

これなら面倒ないだろうと考え、私は申し込み、以来、電車やバスでこれを利用するようになりました。これまでのところ便利に感じています。

Suicaの機能が搭載されたクレジットカード View Suica

スマホのiPhoneの場合は、Suicaのアプリケーションを入れた上でビューカードを登録すると、オートチャージ機能が利用できるということです。また、Android系スマホも、来年中(だったかな?)には同じ機能に対応するという話です。私はスマホを使いませんので、ビュー・スイカを重宝に使います。

セブン・ペイの話に戻しますと、被害に遭った人は、パスワードの管理に問題があるように個人的には考えました。

ネットで個人を認識するサービスを利用するには、IDとパスワードが必要となります。アカウントの数が増えますと、そのたびにパスワードを作って憶えるのが煩わしくなり、中には同じパスワードを別のアカウントでも使いまわす人もいるでしょう。

他人のパスワードを盗んで利用しようという人間は、パスワード管理に手を抜いている人を標的にします。

手口としては、たとえばYahoo!のパスワードを盗みます。ある人がYahoo!のために作ったパスワードをセブン・ペイでも利用すれば、犯人にセブン・ペイでの悪用を許してしまうことにつながります。

今回の騒動を伝える新聞記事に、セブン・ペイの会員でない人も被害に遭ったとありました。おそらくは、ほかのアカウントのパスワードを盗まれ、勝手にセブン・ペイのアカウントを作られたうえで不正に利用されたのだと思います。

セブン・ペイ側が、二段階認証の義務付けを怠るなどの手抜きが騒動の根本的な原因です。その一方で、ネットを利用する人のセキュリティ管理が疎かであることも、騒動を大きくした要因であると私は考えました。

近い将来、文字列によるパスワードに代わる個人認証技術が採用されるようになるでしょう。それまでは、ネットを利用する各人がパスワードの管理に努めるなど、的確な対策をする必要があります。

私もアカウントは50ぐらい持っていると思いますが、IDとパスワードはすべて別のものにしています。もちろん憶えきれませんので、管理するソフトが手放せません。

手間をかけずに個人が正確に認識されるようになれば、悪人に不正に利用されることもなくなり、キャッスレス化はますます進むでしょう。

気になる投稿はありますか?

  • ラジオ放送の浦島太郎ラジオ放送の浦島太郎 関東以外に住んでいる人には馴染がないと思いますが、TBSラジオと文化放送、ニッポン放送が超短波放送(FM放送)で聴けることは知っていますか? 上に書いた3つは関東のラジオ放送局(日本のラジオ放送局)です。いずれも歴史が古く、中波放送(AM放送)の局です。これらを、今ではFM放送でも聴けることを、私は数日前に気がつきました。 総務省:ワイドFM? […]
  • 危機が迫っても逃げられない人がいることを想像できる優しさ危機が迫っても逃げられない人がいることを想像できる優しさ 台風や記録的な雨に見舞われ、身の危険を感じることが増えています。自分が住んでいるところから離れたところで起きた災害を見ていた自分に、いつその災難が降りかかるかわかったものではありません。 強い台風が近づくと、昨今のNHKは、公が国民の生命を守る役割を放棄し、「生き延びたかったら自分でなんとかしろ」とばかりに、NHKのアナウンサーは「命を守る行動を」と連呼するように変わ […]
  • 日本の教育制度を転換しよう日本の教育制度を転換しよう 私の結論から先に書きます。 入学試験 […]
  • Made in Japanの腕時計 裏を見れば…Made in Japanの腕時計 裏を見れば… 昨日の朝日新聞朝刊に興味深い記事が載りました。これは朝日の記者が独自に取材して記事にしたもので、他のメディアでは読むことができない記事です。 取材のきっかけは、ある人物からの内部告発だそうです。その人物は、大阪市にある時計販売会社で開発に関わっていたそうです。今はその社を去っているのでしょうが、元勤め先が行っていることを朝日の記者に告発したことになります。 告発 […]
  • 男女の性事情あれこれ男女の性事情あれこれ 今回は、いくつかの事例を見ながら、男女の性事情について自分なりの見方を書いてみます。 きっかけは、23日の産経新聞で見つけた記事です。同紙には「人生相談 あすへのヒント」というコーナーがあり、各界の著名人が、読者から寄せられた人生相談に答えます。 今回の相談者は、40代の女性で、相談に対応するのは漫画家の柴門ふみ氏です。 相談者の女性は主婦で、結婚して20 […]